凡人-呑喰散歩き

永楽苑@江戸町 2年ぶりの訪問


程なく到着長崎ステーション。お隣のホームに止まってたのはつばめ型787系かもめ。
いや、しかしJR九州の車両はどいつもこいつも心の底の鉄分を呼び起こさせるわねw。

さて、それはさておき。
長崎到着後の予定にはかなり重要な案件が一つあった。
それはあるお店で皿うどんを喰らうこと。
それは、一昨年秋に長崎を訪れた時に「ちゃんぽん行脚」と銘打って4店ぽっちだけど食べ歩いて一番美味しかったあの店で・・・



永楽苑@江戸町
一昨年のレポートを読み返してもボクのお気に入りっぷりを見て取れる。
この日も実はそんなに時間があったわけではないし、長崎駅を降りたら雨は降りだすしで決して良いコンディションではなかった。
11時30分の開店を雨宿りしながら待つ。


鰻の寝床のように奥に細長い店内は、店に入るとカウンターと調理場があり、その奥に座敷がある。
座敷に通されメニューを吟味する。
でも、心はとっくに決まっている。
あの野菜と海鮮の出汁の旨みがたっぷり滲み出たユルめの滋味深いあんかけが素晴らしかったんだよ。
だからこれ!


皿うどん(太麺)!!
なんと破格の600円!!



あー・・・堪らん。
あふれるヨダレを喉を鳴らして飲み込むのを禁じ得ない。
何度となく思い出しては「あー、また食べたいなー」と夢想したことか。



こちらは嫁さんのオーダー。

チキンライス(スープ付き)
なにこの昭和なルックスw
アジア飯の好きな僕らにとってはチキンライスってのはカオマンガイや海南鶏飯のようなアレを思い浮かべがちだけど、ちょっと振り返ってみるとチキンライスってのは「オムライスの玉子がない奴」ってのが当たり前だったんだけどね。
だから、このチキンライス。
なんだかすごく懐かしくてうれしくなるようなケチャップ味。
赤い福神漬けが添えらてるのもまた何ともクラシックというかね。


そんな永楽苑さんでありました。
率直に言って接客とかはつっけんどんで素っ気無くって、不愉快に感じてしまうかもしれない。
でもそれを補って余りある美味さ。
そう。
本当に美味しいお店なんだよ。


また行きたいな〜。
ごちそうさまでした。

関連記事
スポンサーサイト



元祖長浜屋@長浜 こっちは「ながはまや」ね


博多滞在3日目の朝もやっぱり朝ラーということで。もうね、ホテルの朝食なんてつける気になれないでしょ。
あのビュッフェ形式の朝食って、必要以上に食べちゃうからランチを楽しめなくなっちゃう傾向にあるんだよね。
だから、リゾートホテルはともかくとして、地方の観光拠点としてのビジホなんかでは朝食はつけないほうが幸せになれるね。


ということでこの日も宿から歩いて10分程度の長浜ラーメンへ。
前日のお店と名前が似てるけど、こっちは元祖長浜屋(がんそながはまや)さんね。

昨日のお店は元祖ラーメン長浜家で、こっちは元祖長浜屋
この2軒のお店の間では訴訟もあったそうで、お互い元祖を主張し合っているそうですが、観光客であるボクの知ったこっちゃないよね。
美味しけりゃいいよそんなもん。




店内は朝7時ごろという時間帯にもかかわらずほぼ満席。
地元の労働者の皆さんに混じって、もちろん観光客と思しき人も散見される。
席につくときに注文(というか好み)を伝えるのだけど、この日も例によって「普通で」と弱気な感じ。


着席から待つこと3分程度で着丼(ラーメンDBでよく見るこの表現w、一回書いてみたかったw)。
やはりいかにも長浜ラーメンという安定感あふれるビジュアル。


リフトアップ!
この極細麺と青ネギに塩ダレの豚骨スープ。
いい香りだ。
ひと啜りふた啜りと箸を進める。
ふむふむ。
前日の店よりもこちらの方が好みだ。


が、この日はその後の予定も立て込んでいるため替玉等はせず、スープを飲み干してお店を出たのですよ。




宿をチェックアウトしてJR博多駅へ。
ボクらの乗る特急かもめの列車がプラットホームに滑り込んできた。






この列車が折り返し長崎行きとなる。


清掃が終わるまでの間に車内で飲むビールを買いに行く。




プレミアムモルツかんぱーい!!
乗り物の中で飲むビールは普段の3割り増しで美味い(毎度お馴染みアレですがw)




西公園のラ・ブリオッシュで買ったエビカツバーガーをアテにする。
そんなこんなで2時間、長崎に到着するのである。
つづく〜。

該当の記事は見つかりませんでした。