凡人-呑喰散歩き

Mile Post Cafe@茅場町 金融街のはずれに佇む「川を見下ろすインド料理とクラフトビール」のお店でクリスマスっ!

チーズナンが神々しい

Mile Post Cafe@茅場町 金融街のはずれに佇む「川を見下ろすインド料理とクラフトビール」のお店でクリスマスっ!





Mile Post Cafe@茅場町
Mile Post Cafe@茅場町
台湾旅行記を書く前に昨年末のバックオーダーを先に。
これはクリスマスごろのことだね。
ここ6年ほど年末年始を海外で過ごすことが恒例になってて、この時期にのこのこ出歩いて風邪をもらったりしないように我が嫁さんが神経を尖らすようになっちゃってねw
だからってんで、12月は外出が少なめなの。
あ、もちろん仕事が繁忙期だってのもあるんだけどさ。
たまに出かけるって時も、できうる限り昼間にしようって。
夜の外出になると、帰りの駅のホームなんかによくある吐瀉物なんかから不本意にもノロウイルスもらったりしたらどーすんの?、と。
大いに過敏になるわけですよ。

隅田川と永代橋を臨む
隅田川と永代橋を臨む
ま、そんな感じで、どーしても出かけなきゃならない野暮用を済ませた後、どっかで呑んで帰るのは恒例。
どこにしようかは先に決め打ちで決めてましてね。
上野から日比谷線に乗って茅場町に降り立ちまして、永代橋方面へ歩くこと10分弱かな。
隅田川のよろしい景色を愛でながらクラフトビールとインド料理が楽しめるMilePostCafeにやってきましたぞ。
東京でインド料理とクラフトビールっていうお店っていうと神田のヒマラヤテーブル赤坂のスパイスダイナーあたりだろうけど、ここは未訪問ということで行ってみようぜってね。

10タップあります
10タップあります
店内はカウンター4席にテーブルが24隻とそこそこ余裕あり。
さらにこちらのお店のシンボルというか、テラス席がバルコニーにあって、そこからの眺めはさぞやよかろうね。
でもこの日は冬の寒い日だったからパスしたの。
あとで調べたらテラス席にあるストーブはかなり暖かいらしく、蚊の心配のいらないこの時期にはなかなかよろしいかもしれん。
ま、夏場は呑んでる端からビールがヌルくなりそうで敬遠するけどさ。

べアードブリューイングの「ばかやろー!エール」でスタート
べアードブリューイングの「ばかやろー!エール」でスタート
まず手始めはベアードのばかやろー!エールで始めます。
これね。
結構モルティでホッピーでALC度数も9%とストロングな1杯。
最初の1杯にするには結構強力!!
こいつを呑みながらメニューを眺め、オーダーを決めていきます。

チーズナンと「オイスターとカリフラワーのフリットMPCスタイル」
「チーズナン」と「オイスターとカリフラワーのフリットMPCスタイル」
まずはこの2品。

オイスターとカリフラワーのフリットMPCスタイル
オイスターとカリフラワーのフリットMPCスタイル
牡蠣のフリットってうまいよねえ。
あ、思い出したんだけど、Highlander Inn@中野坂上のオイスター&チップスのオイスターも素晴らしかったなー。
最近ご無沙汰だわ。
またいきたいね。

チーズナン様、リフトアップ
チーズナン様、リフトアップ
で、このチーズナン様の神々しいまでの佇まい。
すばらしい。
素晴らしいけどめちゃくちゃ腹にたまるよねw
だから早い段階でオーダーして食べましょう!!

オイスター様、クローズアップ
オイスター様、クローズアップ
このオイスターフリットもよろしいんだけど、カリフラワーがよかったなぁー。
かかってるソースはもちろんカレー味。
さすがのインド料理。

サマークリスマスIPA(Y.MARKET BREWING)
サマークリスマスIPA(Y.MARKET BREWING)
続いては季節もののこやつを。
嫁さんいわくこれが一番美味かったという。

クリスマス・タンドリーチキン
クリスマス・タンドリーチキン
そして季節ものが立て続けに。
タンドリーチキンもクリスマス仕様。
クリスマスにチキンを食べる習慣って、そもそも在日米国人が日本でクリスマスを迎えるにあたって「本国同様に七面鳥を工面したいのに手に入らん」ってなって、仕方なくチキンで代用してたんね。
そこに1970年代にカーネル・サンダースが日本に上陸。
「え?日本ではクリスマスにターキーを食べないのかい?じゃあ、KFCでクリスマスを祝おう!」ってことでテレビCMで「クリスマスはケンタッキー!!」やったらまんまと定着したって嘘みたいなホントの話。
だからメリケンは「WHYジャッパニーズピーポーはクリスマスにKFCに行列したり予約までするんだい??」と疑問に思うんだそうな。

シュリンプとカラマリのガーリック鉄板焼き〜インド風アヒージョ〜
シュリンプとカラマリのガーリック鉄板焼き〜インド風アヒージョ〜
閑話休題。
こういうのも実にビール似合うね。

トナカイブラウンコーヒー(南信州ビール)
トナカイブラウンコーヒー(南信州ビール)
これも季節もの。
南信州のビールで林檎モノ以外を呑んだのはもしかしたら初めてかもしれん?!

塩ハチミツを添えたガーリックポテトナン
塩ハチミツを添えたガーリックポテトナン
で、最後に〆のナンを追加する。
メニューの字面で決めたけど、普通のガーリックナンにするんだった・・・。
悪くないよ、これ。
なんなら美味いんだけど、ポテトがちょっと重いのと食感的にね・・・。

バターチキンカリー
バターチキンカリー
翻ってこのバターチキン。
これは実に秀逸。
これとマトンと茄子のカレーとで迷ったけど、ここはこれでよかったね。
次回があるなら、ぜひマトンを!
そんなこんなで食後は歩いて東京駅へ。
リカーハセガワで酒を色々買って帰宅。
ごちそうさんでした!

メニューの一部
Mile Post Cafe@茅場町
03-5542-7072 (お問い合わせ専用番号)
050-5590-3189 (予約専用番号)
東京都中央区新川1-20-6
営業時間 月~土 11:30〜23:00(オールタイム2時間制でラストオーダー 22:00)
定休日 日曜日
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

関連記事
スポンサーサイト

ハリマケバブビリヤニ@上野 破壊的ボリュームのインド料理に大満足

ハリマケバブビリヤニ@上野
ハリマケバブビリヤニ@上野
毎月、月初の週末恒例の上野詣で。
不忍池の端、寛永寺弁天堂でお札の交換をした後食事をするのが習わしになっている我が家。
上野界隈は膨大な数の飲食店があるワケだけど、リピートするようなお店は案外少ない。
いや、そもそもリピートするようなお店ってのはそんなに言うほどないんだよね。

食に関心が高い人ほどそうだろうと思うけど、ほとんどのお店は「1回でいいや」ってなるし、「もう一回行こうかな」って店は少なくてね。
そんな中に「すぐにでも再訪問したい」なんて店はひと握りどころかひとつまみ。
その後、長きにわたって繰り返し通える店ってなると・・・・。

脱線しちゃたけど、この日は胃袋がインドを欲していたのね。
たまにもの凄くインド料理を欲する衝動にかられることがあるんだけど、そんな折に以前から行きたいお店リストに止まってたこのお店へということになったとさ。






キリン一番搾り生ビール
キリン一番搾り生ビール
寛永寺からは上野駅の浅草口の方面に歩き、首都高の下をくぐって上野警察署の前を過ぎたらすぐ。
お店に入ると店内一番奥の席に案内された。
着席、開口一番「生ビールください!」。

こちらの生ビールはキリン一番搾り。
かんぱーい!








ラッサム
ラッサムスープ
南インドの味噌汁とも言われるラッサム。
タマリンドとトマトの酸味に、スパイスの辛味が胃袋を刺激して食欲増進効果もあり。
ラッサムをメインにして飯にかけてもいいんだけど、ここは少量を突出し的に。

早々に飲みきると「おかわりいかが?」って。
もちろん断る理由もなく二回もおかわり。
のちの悪夢の序章である。






セットのサラダ
セットのサラダ
嫁さんはビリヤニのセット。
ボクはカレー3品にナンとタンドーリチキンのセットになったサルマセットをチョイス。
共にサラダが付いてますよ。






タンドーリチキンはモモ1本!
タンドーリチキンはモモ1本!
え?
モモ1本?!
普通、タンドーリチキンって手羽元1個とかじゃないの?
一品料理ならともかく、セットメニューのサイドディッシュ的なものにはこんな量は出てこないよね?
わお!太っ腹!!
辛ウマである。







タンドーリチキンに好みで合わせるソース
タンドーリチキンに好みで合わせるソース
この緑のソースのことはあまり印象にない・・・w
つかね。
タンドーリチキンに限らず、こういう手づかみで食べる料理の時はフィンガーボールとは言わないまでも厚手のおしぼりが欲しいよね。
袋に入ったウエットティッシュのようなおしぼりだと1枚じゃとても足りない・・・。
それに複数枚使うとテーブルの上が散らかった感じになって見苦しいしさ。
ま、ちょっとした希望だけどね。







嫁さんはラムビリヤニを
嫁さんはラムビリヤニを
まずは嫁さんのメインはこれ。
ラムビリヤニ。
ホールスパイスと骨つきラム肉がゴロゴロ入ったビリヤニはスパイシーで長粒種のライスの本格的な逸品。
・・・なんだけど、なにこの量?
これね、画像では分かりにくいかもだけど、軽く2人前以上あるよw。
なんなら一升あるんじゃねーのぐらいな勢い。

恐るべし、ハリマケバブビリヤニ。
これにサービスでキーマカレーまで持ってきやがったしね。
なに?そのサービス精神は。

そして何が本格的って、ホールのナツメグを何なのかわからず「ガリっ」とかじって頭の上に「???」とはてなマーク浮かせまくったりもしたw








ビリヤニの付け合わせ「ライタ」
ビリヤニの付け合わせ「ライタ」
ビリヤニに合わせる付け合わせのライタはヨーグルトと野菜の和え物。
ビリヤニばっかり食べ進めると単調な味に飽きが来そうなんだけど、そこにこのライタは一服の清涼剤になるね。
これがないと完食は難しいかもしれない(ま、あっても完食できんかったけど)。







サルマセットの全貌
サルマセットの全貌
続いてあたくしのオーダー、サルマセット。
どーん!
普通の量ですよ、こっちは。
でもね、嫁さんのヘルプ(食べるのを手伝うことね)をしなきゃならないという重大なミッションを抱えてるボクにはちょっとした誤算も含まれてるワケね。
それは何かと尋ねたら(ベンベン)・・・







チーズナン!
チーズナン!
サルマセットの1440円にプラス250円をわざわざ支払って、ことさら腹に負担のかかるチーズナンにしたのだぁぁぁぁぁぁ・・・
あーバカバカ、ボクのバカ!!
・・・や、チーズナン大好きなんだよ。
あれば注文して毎回胃にもたれて後悔するんだよw。
それでも学ばず毎度お願いするワケよ。

でも・・あー美味い!





薫るチキンカレー (レモンバター風味)
薫るチキンカレー (レモンバター風味)
さてカレー。
カレーは全部で6種類から3つを選ぶスタイルね。
どのカレーも美味しかったよ。
・・・確か。






こだわり野菜のクリーミーカレー
こだわり野菜のクリーミーカレー
だってさー、下調べの段階で結構ボリュームあるよってのは知ってたんだけど、これほどまでとは思ってなくてさ。
だもんで、終盤(ってもメインが出てきた時点で「お腹の終盤感」満載)はなんかもう腹に詰め込む儀式状態。
チキンカレーはあんまり辛くなかったねーくらいの感想しかないというねw

敗因はズバリ、チーズナンのその重さであることは明白。
でもね、ビリヤニが見た目1升ありそうなボリュームだって知ってたらプレーンナンにしてましたよ。






日替わり豆カレー
日替わり豆カレー
チーズナンってさ、プレーンチーズピザ換算2枚分〜3枚分以上のチーズだよね?
間違いなく。
ビリヤニとチーズナン。
そんな相乗効果というかカロリー地獄の烈火に焼かれるようにボクら夫婦の満腹メーターはレッドゾーンに。

でもなぜかお店はボクらの腹具合などお構いなしで地獄の淵へと追いやる。
そう満腹地獄の・・・







サービスのパパド
サービスのパパド
「サービスのパパドでーす」
「おお・・・!」

・・・これは喜びの「おお!」ではないことは諸君の推察通りだ。
望外なサービスにため息交じりの様々な感情の入り乱れた「得体の知れない何か」が声となっただけなのよ。
つってもパパドは軽いからね。
サクサクパリパリ食べられちゃう。

チーズナンは嫁さん1切れ、ボク3切れをやっつけ完食したが、問題はビリヤニ。
頑張って可食部(肉の骨やホールスパイスの類以外ね)はなんとかやっつけたいと果敢に戦いを挑むも撃沈・・・。

諦めて一息ついてると「カレーのおかわりいかがですか?」と。
死者にムチ打つようなサービスに「残しちゃってごめんなさい」と敗戦の弁を述べましたとさ。

メニューにはなかったサービスのデザートまでいただき、どこまでサービスすれば気がすむんだこのお店は、と。






デザートの後は温かいチャイ
デザートの後は温かいチャイ
チャイはあったかいほうがおいしい。
というわけでマサラチャイをいただいて、おしまい。
腹がはち切れんばかりに食べて食べて食べまくったランチでありました。
これはリベンジだな。

冒頭に書いた「リピートする店」になれるかどうかはわからないけど、リベンジはしたい。
ごちそうさまでした!!



にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

関連記事

2014夏休みランカウイ旅行記<15> 滞在最後のディナーはThe Gulai Houseでインド・マレー料理

☆☆☆2014夏休みランカウイ旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆



名残惜しくもあるけれど、いよいよ滞在最後のディナーとなりました。
最後のディナーに選んだのはThe Gulai House(ザ・グライ ハウス)
アンダマンとダタイの間にあるインド・マレー料理のレストランね。



こんな葉っぱのウェルカムメッセージがテーブルに置いてあった。
ボクらの名前の部分はボカシて消させていただきましたけどね。




まずはこんな風に手洗いからスタートするのです。
へえ。
これは初めての体験でした。



キッチンの前には鮮魚がずらり。


海老・蟹・貝類が陳列されてて鮮度も東南アジアにしては良いですね。
所によってはひどい鮮度の魚介があるからね。



魚はマナガツオやスズキなど。

こちらも問題ない鮮度。

美味そう。

でもここからは選ばないw。



だって高いんだもんw!



アミューズはひとくちコロッケ的なもの



飲み物はウイスキーハイボール
ここではずーっとこれで通したね。




マレー料理の前菜盛り合わせ(チャンプルーチャンプルー)
サテーとかオタオタとかマレー料理のプラッター。
こういうのは率直に楽しい。



クレイポットで供されたのは・・・



SUP EKOR(Malaysian Oxtail Soup)
スープ・エコールというオックステールのスープなんだけど、これが実に滋味深い。
ちょっと暴飲が過ぎて疲れ気味の胃袋にしみわたる美味。



中華風の野菜の炒め物
見ての通り結構なボリュームだけど、なんとも体に良さそうな一皿。
野菜料理もうまいなー。



メインはビーフレンダンと・・・



籠いっぱいのパパド!



そして大好物のロティチャナイ



デザートのバニラアイスクリームは氷の器に入って供される。



部屋に戻ると、おやすみスイーツが。
翌日は帰国ですか・・・。
名残惜しいね。


☆☆☆2014夏休みランカウイ旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆

関連記事

アーグラー@上野アメ横で老舗のカレー


毎月恒例の上野弁天様詣での後。

今月はアメ横の老舗インド料理店アーグラー@上野アメ横にお邪魔。
ゴールデンウィークの最中ということもあって、上野公園もアメ横も結構な混雑。
お店選びにも疲れ果てた時こちらへふらりと。
まずはゴールデンイーグルで乾杯。
嫁さんはキングフィッシャー



ランチのセット
ランチのセットは3種類あってボクは真ん中のBセット1880円。
好きなカレーとその辛さを選んで食後の飲み物もチョイス。



サグ・パニール
選んだカレーはサグパニール。
ほうれん草とカッテージチーズのカレー。
辛さは普通にしたけど、ほとんど辛くないから次回があるならもうちょっと辛くしよう。




ハーフナンとハーフサフランライスにタンドール・プローンとマライティッカ
Bセットはナンとサフランライスが両方楽しめる。
タンドールプローンはちょっとぼそぼそ・・・マライティッカよりも嫁さんのケバブの方が美味かった・・。
なんか敗北感。



サラダとマンゴ・ライタ
ふむ。
なんか普通だな。
際立った個性とか、コレが美味い!ってのは特になかった。
どうもボクはインド料理の運が悪い・・・。


最後にラッシーをいただいてお店を後にした。
カレーやナンは及第点の美味さだったけど、う〜んな感じ。
正直なところ、席が凄く狭いせいか居心地も良くなくてね。
ちょっと残念だった

旅行・お出かけ 食べ歩き
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
店名 アーグラー

TEL 03-3832-8844
住所 東京都台東区上野6-10-22

営業時間
火~土
ランチ   11:30~16:00
ディナー 16:00~22:30(L.O.21:45)

日・祝
ランチ   11:30~16:00
ディナー 16:00~21:15(L.O.20:30)

定休日 月曜休み(月祝日営業)

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。