凡人-呑喰散歩き

オーキッドリアでマッドクラブと「仕方なく」ロブスターを喰らうぜ! 2016夏休みランカウイ旅行記<10>

オーキッドリアでロブスターを喰らうぜ!

オーキッドリアでマッドクラブとロブスターを喰らうぜ!


前々回のランカウイ旅行の時に食べ損ねたマンティスプローン・・・つまり大蝦蛄を喰らうことを今回の大命題にしてたのね。
で、その念願を叶えるべく滞在二日目の夜はランチを摂らず、腹をしっかり空かせてやってまいりましたよ、オーキッドリア・シーフードレストラン!!

関連記事(前々回のランカウイ旅行記)
2013夏休みランカウイ旅行記<5> オーキッドリアでシーフード
凡人-呑喰散歩き




そんなオーキッドリアでした
ホテルから徒歩2分
おそらく、ランカウイで人気No. 1のシーフードレストランで、ほぼ全てのガイドブックにも載ってるはず。
しかも、今回滞在したホテルから歩いてすぐという立地だしね。
前回のランカウイ旅行で滞在した島の北側のリゾート、ダタイやタンジュン・ルーなんかだと、ここまで来るのにタクシーで30分とかかかっちゃうからさ。

関連記事
The Dataiに滞在した2014年8月ランカウイ旅行記
凡人-呑喰散歩き




魚はこんな風にディスプレイされてる
魚はこんな風にディスプレイされてる
店頭にはいくつかの水槽と魚類やエビカニが陳列されてて、お客が選んだりもできるし、もちろんお店にお任せもできる。



エビもデカし!
エビもデカし!
氷の上にエビやらタコやら魚やらがたくさんいるのだが、活けの魚介類は水槽の中にいる。
さー、ここは念願のマンティスプローンちゃん(大蝦蛄)を食うぜっ!って気合い入れてたんだけどさ・・・。
「ノー・マンティスプローン・トゥナイト、ソーリー」だってさ。
え・・・・マジか・・・・_| ̄|○ ガックリ



ロブスターも自分で選んで計量してもらいますよ
ロブスターも自分で選んで計量してもらいますよ
仕方ねえからロブスターにした。
こんな高級素材「仕方ねえ」ってのはアレだけど、この時の気分はほんと「仕方ねえ」だったの。

で、店員のおっさんに店頭の水槽まで連れて行かれて、選んだロブスターを計りではかってもらう。
店員のおっさん「ロブスターは100gあたりRM45(RM1=¥26)だ。365gだからRM164.2(¥4270)な。」と・・・。
え?
思ってたよりちと高かったけど、まあいいや。
旅先だし。


タイガービール、かんぱーい
タイガー生ビール、かんぱーい
タイガービールの生はRM5。
日本円で125円!
安っす!
このページの下の方にここのレストランメニューの写真を並べてあるから見てもらえるばわかると思うんだけど、ソフトドリンクというか、フレッシュジュースの方が高いもんねw


店内満席、店頭には待ちの行列も
店内満席、店頭には待ちの行列も
オーキッドリアは20時を過ぎても洋の東西を問わず、かなりの待ち人数で凄い活気と熱気!
大繁盛!
実にこのいかにも東南アジアの混沌とした雰囲気だね。
東南アジアのレストランにはおしなべて言えると思うんだけど、基本的に空調なしで半ばオープンエア。
ここんちの場合は足元に蚊取り線香が焚かれてたから蚊に食われることもなかったし、よかったわ。


2杯目のビールを飲み終えたが、ひと皿も来ないw
2杯目のビールを飲み終えたが、ひと皿も来ないw
ま、こんなに混んでんだから仕方ねえわなって納得できるタイプ。
それに、ボクは結構レストランで料理が来るのを待たされてもそんなに苦にならない。
むしろ頼んだ皿が全部いっぺんに来るのが苦手。
そうじゃない人が多いのはわかるんだけどさ。

3杯目のタイガー生を追加します!


ベビーカイランのガーリック炒め
ベビーカイランのガーリック炒め
まずはこのベビーカイランのガーリック炒めがやってきた。
よしよし。
これが先に来るのは大歓迎!
そして、2013年の夏休みにここに来た時もこの料理頼んでて、しかも気に入ってた。
ところで、ベビーカイランってなんぞ?
キャベツやブロッコリーに近い野菜で日本では「スティックセニョール」って呼ばれて一般にも流通してるってね。


ここでマッドクラブの黒胡椒炒め!
ここでマッドクラブの黒胡椒炒め!
甲殻類まつり第一弾はこのマッドクラブ。
「泥蟹」ことマッドクラブ、日本ではノコギリガザミと呼ばれてますよ。
ここではマングローブ蟹なのかな?
でっかいはさみの部分が特に美味で、味付けが濃いめだから白ご飯を追加オーダー!
もちろんこの前に生ビールももう1杯追加ね。


そしてロブスターの鉄板焼きが
そして真打、ロブスターの鉄板焼きがっ!
出た!
仕方なく頼んだロブスターちゃんが結構この神々しいビジュアルでやって来たよ。
これも尾の身の部分が結構濃いめの味付けでビールを誘うんだよねぇ。
美味いよ、そりゃ。
でもやっぱり悔しいな・・・マンティス・・・。
あの大蝦蛄、隣のシーフードレストランの水槽には居たんだよなぁ・・・w。


テーブルの下に普通に猫w
テーブルの下に普通に猫w
そしてこちらのお店も御多分に洩れず猫様が普通に店内を闊歩。
足元になんかいるなぁと思ったらふてぶてしい態度で見上げてやがったw

そんなこんなのオーキッドリアでした。
満足度は70%だな。
仕方ねえよ、無かったんだし。
仕方ねえよ、高くついたけど。
ごちそうさんでした。
次回こそはマンティスをぉぉぉぉ!!!!!


あ、お店の情報の下にオーキッドリアのメニュー写真を掲載してます。
来店計画されてる方は参考にしてね!!

ホテルに戻って部屋呑みはパスティスを!
ホテルに戻って部屋呑みはパスティスを

Orkid Ria Seafood Restaurant
+60 4-955 4128
Lot 1225, Pantai Cenang, Mukim Kedawang, 07100 Langkawi, Kedah, マレーシア
営業時間: 12時00分~15時00分
      18時00分~23時00分







全ページを網羅できてないと思うけど、画像をクリックして拡大したりすれば見えると思うよ!

飲み物の品書き
飲み物の品書き


前菜の品書き
前菜の品書き


スープとか
スープとか

エビカニの品書き
エビカニの品書き

貝類の品書き
貝類の品書き

貝類その2
貝類その2

イカ、蝦蛄など
イカ、蝦蛄など

肉類も一応あるよ
肉類も一応あるよ

ロブスター1
ロブスター1

ロブスター2
ロブスター2

以上です。
ありがとうございました(謎

関連記事
スポンサーサイト

鴻園@蕨錦町でかなり久々のご近所中華呑み

鴻園@蕨錦町
なんか無性に街場の中華料理で呑みたいっていう衝動に駆られたある日。
嫁さんに「あー中華呑みしてぇ・・・」とアピールし、職場でも同僚に「中華で呑みたいねぇ・・・」と話す数日を過ごしていると、嫁さんが「久々に鴻園に行ってみようか?」と。
ほう。
で、鴻園@蕨錦町へやってきた!
前回鴻園に行ったのって2010年の9月だから実に6年ぶり!!

仕事から帰って速攻でシャワーを浴びて出かけます。
っても徒歩7~8分だからね。
こんばんわ~



スードラ中瓶でかんぱーい!
スードラ中瓶でかんぱーい!
瓶ビールはスーパードライ。
とりもあえず。
何はともあれ、かんぱーい!

鴻園さんの最寄駅はJR埼京線の戸田駅で、駅から北大通りを国道17号方面に歩いて10分ほどでしょうかね。
率直にものすごい立地は悪いのですが、ボクらがこの地に引越してくる前からずっと評判店なの。



台湾腸詰といんげんのニンニク炒め
台湾腸詰といんげんのニンニク炒め
ビールのアテにまずやってきたのはこの台湾腸詰。
台湾のソーセージは「香腸」なんて文字をよく見かけるよね。
今年の正月に台北に行ったとき食べそびれてしまった一品でもあるんだよねぇ・・・。
あの独特の甘みが病みつきになるんだよ。
台湾の屋台だと炭火のグリルで炙ってるのをよく見かけるね。
傍にあるシャキシャキのインゲンをニンニクと一緒にサッと炒めたシンプルなインゲンの炒めもまた素晴らしい。




絶品だった餃子
絶品だった餃子
餃子はオーダー後に包み始めるというスタイルで、出てくるのに少し時間がかかる。
つまり冷凍しといたやつを焼くんではなく、包む皮を伸ばすところからやるのだ。
皮が厚めで手作り感満載の焼き餃子をこんな場末でいただけるんだから凄い。

この餃子、見ての通り1つずつが大きい。
昇竜@上野アメ横の餃子を凌駕するほど大きいぞ!
その上皮も厚めでもっちりしてるから、餃子には白飯というのが常套句の嫁さんも飯を欲さなかったねw。



断面はこんな感じ
断面はこんな感じ
そんなデカさとボリュームだからひと口ではいただけませんな。
熱々のコイツを辣油酢醤油にチョイとつけて頬張ってビールを流し込むと幸せになれます。
よく言われるように、餃子って皮が炭水化物で野菜と肉の餡が入ってて「完全食」なんだよね。
だから、これに飯を合わせるのは本筋ではないと思うのだけど、世の中には「餃子ライス」なんてメニューが堂々と存在してるんだよね・・。
ボクには理解できんけどw




自家製スモークチーズはブルーチーズ入り(サービス!)
自家製スモークチーズはブルーチーズ入り(サービス!)
「よかったらこれ味見してみて」
って、出してくれたこのスモークチーズはなんとサービス。
そういえば、前回もなんかサービスしてくれたっけ?
口開け直後の空いてる時間帯だったからかね?とも思ったけど、これに気を良くしてビールをもう1本追加。

はっ!
そういう作戦?
・・・・なワケなーかw


マコモダケの炒め
マコモダケの炒め
毎度案外予想に反して野菜をいっぱい食べられる中華料理。
このマコモダケの炒めも、マコモダケはもちろんアスパラガスがたっぷりでよろしいね。
あっさりとした塩味。




超シンプルな素そば
超シンプルな素そば
いろいろ食べて、ビールは2人で3本飲んでだ。
最後に〆の炭水化物ローディング。

前回の6年前に訪れた時と同様にこのシンプル極まりない素そばで締める。
極めてあっさりとしたスープに刻みネギがトッピングされた中華そば。
見た目ですんなり味の想像がつくでしょ?




リフトアップ!
リフトアップ!
ご覧の通り結構麺の量が多いの。
嫁さんと1人前ずつオーダーしたけど、2人で1杯で良いかもね。
例によってボクが1、7人前ぐらいいただきましたw



月餅もサービス
月餅もサービス
最後に出てきたデザートの蓮実入り月餅とジャスミンティー。
これもサービスだったけね。
かなり久々だたけど、良いお店であると再確認。
今後中華呑みがしたくなったら真っ先に候補に上がるでしょ。
ごちそうさまでした!





鴻園
〒335-0005 埼玉県蕨市錦町1丁目15−24
048-442-0305
昼の部   11:30~14:00
夜の部   17:00~21:00
ランチ営業、日曜営業







にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

関連記事

新世界菜館@神田神保町 靖国神社参拝後

靖国2
義父母と一緒に初冬の靖国神社を参拝
英霊に祈りを捧げこの日の本の護国と平和を願い、参拝後は遊就館を見学した。
遊就館の展示は膨大で、それはもう貴重な品々と資料だらけ。
とても自分たちの予定していた1時間ほどでは見て回りきることはできず、次回に持ち越しとした展示も多かった。

その後は靖国通りを神田方面へ歩き、予約したのお店へ。


新世界箸
新世界菜館@神保町
靖國参拝後に中華料理ってのがなんともノンポリな感じがするかもしれないが、韓国料理じゃないだけマシと思ってくれw。

神田界隈って中国料理とインド料理のお店が多いよねえ。
ま、以前からこちらのお店には行きたいと思ってて、このタイミングで義父母と一緒にやってきたわけです。
僕らがオーダーしたのはお昼のコース2500円なり。
なかなか素晴らしいコストパフォーマンスのランチでしたよ!


ヱビス
まずはエビスビールでかんぱーい!
義父母はお酒をあまり召し上がらないので僕ら夫婦だけいただきました。



前菜
前菜3種
くらげ、小柱&いくら、筍
肉厚でかなり歯ごたえのある美味しいクラゲと、青柳の柱にいくらを合わせた一品と、筍の中華風(いわばメンマ的な)という3種の盛り合わせ。
ほうほう。
ビールに美味しい前菜ですねえ。
ま、前菜が終わる前にビールが終わってしまうってのが世の常でして。
中国料理のお店に来てるんだから・・・


紹興酒
そりゃやっぱり紹興酒をいただきますわなw。
お昼だけど食事に合わせてちゃんとお酒を選べる大人でありたいと常々思っておりますです、はいw。


小海老、イカと秋キノコの柚子胡椒炒め
小海老、イカと秋キノコの柚子胡椒炒め
続いては大皿が運ばれてきて、それを人数分に取り分けてもらう中華らしいスタイル。
小海老といってもそれなりに大振りで食べ応えのある海老だったね。
柚子胡椒炒めとはいってもガツンと柚子胡椒ってわけではなく、ほんのり香る程度だった。



DSC04914.jpg
もち豚とぼたんこしょうの青椒肉絲
「ぼたんこしょう」ってのは信州の伝統野菜で見た目も味わいもピーマンですね。



DSC04917.jpg
こんな感じで取り分けてもらい、いただきます。
ピーマンよりももうちょっと辛味があるんだそうだけど、この時は普通にピーマンと認識して食べてたからか辛味はそんなに感じなかったね。
普通に美味しい青椒肉絲でした!



DSC04919.jpg
この日のピカイチだったこの一皿は大黒神島産牡蠣と豆腐の醤油煮
ほんと文字通りピカイチの美味さだったんだけど、僕のとった写真はいまひとつ伝わりづらそうな感じなのでw、嫁さんの撮った写真を追加↓↓↓

大黒神島産牡蠣と豆腐の醤油煮
こんな感じ。
今写真で見てもよだれが溢れてくるね。
うまかった!




DSC04923.jpg
本日の揚げ点心「中華ピロシキ」
アッツアツのモッチモチなのよこれ!

DSC04927.jpg
割ってみると中身はこんな感じ。
ピンボケで申し訳ないがw、実によくできた揚げ点心。

DSC04928.jpg
そして、僕がここに来たらぜひ食べたいと思っていた新世界菜館名物の中華風カレーライス!
コース外の注文だけど、単品でさらにハーフでも注文できるってことでお願いした。


中華カレー
実にフォトジェニックで味もファンタスティック!
カタクリでつけたであろうとろみと、甘さすら感じる「ルー」中華風というよりも家庭的なカレーを想起。
紅生姜ってのもまたいい味出してるね!


DSC04938.jpg
新世界風特性麺は「高菜そば」
なんだか地味なビジュアルで麺類に見えないなってことで・・・
高菜そば
リフトアップ!
細切りの筍が結構ボリューミーで高菜の香りと白髪ネギの鮮烈さがいいコンビネーション。
地味な見た目と裏腹にw、美味しくいただきました。



DSC04940.jpg
デザートは杏仁豆腐と小さなイチゴのケーキ

お茶をいただいておしまいです。
神田界隈はまだまだ宿題店がいっぱいあるなー。
あのお店とか・・・あのお店とか・・・
あ、あとあのお店もだわ・・・

なんてね。
ごちそうさまでした。

関連記事

満楼日園@東京プリンスホテルで1月の薩摩笑酎華楽(さつましょうちゅうからく)


ブログの更新をずーっとさぼってる間も毎月お邪魔してた満楼日園@東京プリンスホテルで薩摩笑酎華楽
今月のテーマは「春節を焼酎で祝う」ということ。
ちょうどチャイニーズニューイヤーだったからね。



始まりは例によって利き酒でSTART。
毎月のことですっかり「流れ」慣れちゃった。
全然当たらないけどw。

で、食前酒は芋焼酎のハイボール



この日供された薩摩焼酎たち
小正酒造の小鶴くろ、赤猿
西酒蔵の薩摩宝山、紫薩摩宝山
奄美大島開運酒造のれんと、紅さんご、
さらに開運伝説(alc30%)と初留取り「FAU」(alc44%)、すっきりパッション(パッションフルーツのリキュール)まで!

ボクはこの焼酎の会に参加するようになって奄美の黒糖焼酎が大好きになった。
本当に美味い。
特に樽熟成された紅さんごの味わいはある種の恍惚感すら感じる、まさにニッポンのラムだ。





中華オードヴル
いつものように前菜盛り合わせ。
・ウドとクラゲの甘酢和え
・ホタルイカの紹興酒付け
・菜の花のマスタード和え
・才巻海老とさつま芋の衣揚げ




蟹の玉子入りフカヒレのスープ
蟹肉や太いフカヒレがいっぱい入っててゴージャスなスープ。
非常に濃厚な旨味でありながら、くどさや重さがない。
とっても美味かった。




牛ヒレ肉のエスニック醤油炒め
ズッキーニやエリンギと一緒に醤油ダレで炒められた牛ヒレ肉。
欲を言えばもうちょっと浅い火入れの方がいいな。。。
せっかくのヒレがぱさついちゃって勿体なかった。




スープ餃子
コレが素晴らしかった!
水餃子の分厚い皮の美味さと絶品のスープ。
一口めで「!」となったあと、会話がなくなって一気に食べ切った。
もう3杯食べたかったw




海の幸のキャロットソース炒め
コレも美味しかったなぁ。
キャロットソースってのは中華でも珍しいのかな?初めていただいた。
人参っぽさはそんなに主張しないけど、由来する甘さはしっかり感じるっていうね。



蛤入り白湯そば
大きな蛤がどーんと入ってるんだけど、スープに沈んでて画像に収まってないのが残念。
初めてこのレストランに来たときにいただいた白湯スープのそばが忘れられない美味さだったんだけど、また再会できて嬉しかったね。





黒胡麻餡入り白玉団子の温かいデザート
デザートは温かくて甘いシロップに浮かんだ白クラゲと苺。
その傍らに黒胡麻餡たっぷりの団子。

この焼酎の会の良さは焼酎をフリーフローでいただけるのはもちろんだけど、コース料理の量が適量でね。
中華でありながら油がギトギトした料理が少ないのも嬉しいし、素材もいい。
この1月の会で11回目。
次で一周年だって。
これまで11回のうち9回参加した我が家はすっかりお馴染みさんになっちゃった。
次回もよろしくです。


関連記事

2013夏休みランカウイ旅行記<5> オーキッドリアでシーフード

☆☆☆2013年夏休みランカウイ旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆おそらく、ランカウイで一番有名なシーフードレストランであるこちらオーキッドリア 真浪花园海鲜は僕らの宿Casa del Marと同じパンタイチェナンにある。

というか、歩いてほんの数分。
なんなら3軒先ってところにあるのね。
ホテルのプールサイドバーでしばし寛いで、とっぷり日が暮れた頃に出かけていった。



なんと言ってもこの店の売りといえば店名の通り新鮮なシーフード。
そしてこの大きな大きな車海老なのですよ、ええ。
100gで18RM=¥576というプライスタグ。



grouperってのはハタのことで、snapperはタイの仲間で、Sea Bassはスズキよね。
ほかにもマトウダイなんかもあり。



そしてこの今回食べられなくて大いに後悔している巨大なMantis Prawn。
つまり大蝦蛄ですよ。
シャコ!!
見るからに大味な感じもしますが、こんなの日本じゃお目にかかれないからね。
次回ぜひ!
この蝦蛄の水槽の隣にはこれまた巨大なロブスター。



お店は結構な広さ。
ご覧の通りのオオバコだけど、これがほぼ常に満席に近い!
時間帯によっては並ぶことになるんだけど、ボクらは早めの時間帯だったから待つことなく席に案内されまして。




ウォーターメロンジュース
今回のこの旅で嫁さんがテーマにしていたスイカジュース。
ここでもメニューに見つけると早速オーダー。




Tigerの生
そりゃ、まずは生ビール。
というか、ここの食事に合わせるのはビールで貫くのが吉かと。
結局5杯のTigerを飲み干したのだ。




春巻
ね。
ビールでしょ?

春巻はとてもスタンダードなそれなんだけど、つけるタレはスイートチリソース。
これもなかなかいいねぇ。



かに肉入りのフカヒレスープ
これは実にうまかった!!
そしてオーダーした料理は矢継ぎ早にバンバン出てくるから忙しい!

できれば一皿ずつゆっくり出してほしいんだけど、忙しいこのお店はそうもいかんだろうね。
だから、冷める前にってがんがん喰うw。




ベビーカイランのガーリック炒め
これもまたすばらしい!
いろいろ脂っこいメニューばっかり頼んだせいか、これが一服の清涼剤的な箸休め的な。
アクセントにも最高によかった。
気に入った!




シーフードチャーハン
昼もシーフードチャーハン喰ったのにまたこれかってw。
案の定これがちょっと余計だった感じ。
いや、美味しいのよ。ホント。
ボクらのお腹のキャパの問題ね。



メインはバタープラウン!!
これが実に妙なる味でまさに逸品だった!!
大車海老は真ん中にナイフを入れて割られ、その周りにカダイフのような衣をまとわせてたっぷりのバターで揚げ焼きにされてて、実に香ばしくも旨味の濃厚な一皿に!
いやー美味かったよ、これは。。。




そんなこんなで、お腹大満足のシーフードレストラン、オーキッドリアでありました。
ランカウイにはまた近々必ず訪れると思うので、次回もまたここには来るでしょう!!
美味かった!
ごちそうさま!!



帰り道にもねこ様
まったくもってふてぶてしいw
のんびりしたねこ様が多いね、ランカウイには。


☆☆☆2013年夏休みランカウイ旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆


お酒・お茶
食べ歩き


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。