凡人-呑喰散歩き

サンワンレジデンス(San Want Residences Taipei 神旺商務酒店)今回の台北滞在でお世話になったこのホテルは、そりゃもう率直に常宿にしたくなったってお話 年末年始・台北旅行記2016-17<4>

th_DSC03320_20170129160921402.jpg

サンワンレジデンス(San Want Residences Taipei 神旺商務酒店)今回の台北滞在でお世話になったこのホテルは、そりゃもう率直に常宿にしたくなったってお話





エントランスの看板
エントランスの看板
さて。
今回の年末年始・台北旅は、6泊7日の全てを台北市内で過ごしたのね。
で、1都市に1週間滞在するとなると、観光以外にもホテルにステイする時間が非常に重要になってくるわけ。
そうなるとプランニングの段階で色々ホテルを吟味するのが楽しいわけですよ。

そんな感じで夏ごろだったかな?
嫁さんとあーじゃねー、こーじゃねーやっている中でふと思い出したのが以前BS日テレで放映されてた「ホテルの窓から」という番組で紹介されてたこのサンワンレジデンスなのよ。
早速検索してみると、ふむふむ。
なかなか良さそうだ!

ってことで、agodaで予約。
基本、ホテルが「ベストレートギャランティー」をしていたとしてagodaで予約するのは、やっぱり決済の自由度(多少割高にはなるかもしれないが、出発の1週間前まで決済されない)が高いのと、案外ポイントが貯まることかね。


今回はツインが取れず、ダブルルーム
パークビューダブル (Park View Double)
で、サンワンレジデンス。
ボクらにアサインされた部屋は13階建ての12階。
その角部屋。
ほんとはツインベッドの部屋を所望してたんだけど、ツインの部屋は既に埋まってまして。
このダブルルームの他はお財布に優しさのないスイートだけという無慈悲な予約状況。
仕方ない。
ダブルで渋々手を打つ。

パークビュー
パークビューの眺め
窓からの眺めはなかなか。
公園が見える側の部屋からは台北101は見えない。
シティビューの部屋からはあの花火が「遠目に」見えるなんて情報があったんだけど、さてどうなんでしょ?

ウェルカムフルーツは何度か補充されます
ウェルカムフルーツは食べれば補充される感じだった
部屋には常にフルーツがあったね。
多分食べれば補充されてたと思うんだけど、ボクはあまり食べた覚えがないんだよね。
大晦日に食べたのは覚えてる。

ウェルカムフルーツはお願いするとカットしてもらえますよ
お願いするとカットしてもらえますよ
電話で「フルーツのカットお願いします」って普通に日本語で言えば取りに来てくれる。
んで、しばらくするとカットして持って来てくれる。
ここで重要なポイント。
電話でもフロントでも何でもかんでもとにかく全部日本語でOK !!
これはすごい。
しかもほぼ全員と言って良いスタッフのみなさんが日本語話せるみたい。
出かけるとき、帰って来たときはドアマンに「行ってらっしゃいませ」「お帰りなさいませ」と声をかけられるの。
ここ、台北よね?

デスクまわり
デスクまわり
デスク周りは毎度のことながらボクのためのスペース。
ここにMBAを置いて、iPhoneとレンタルしたWiFiルータとモバイルバッテリー、カメラのバッテリーなんかの充電ステーションを構築。
他に日本から持参した甲類焼酎と割材をセットしたりした、ボク専用空間ね。

NHKがしっかり見られます!
NHKがしっかり見られます!
テレビにNHKがちゃんと移ることは非常に重要。
朝ドラ(総集編とかも)と紅白を年末年始に海外で見るのは大きな楽しみの一つであります!

ミニバーその1
ミニバーその1
ミニバーはありますが、基本スカスカ。
買って来たものを入れるスペースと考えましょう。

ミニバーその2
ミニバーその2
ま、こんな感じ。
ここのは呑まんよ。

ミニバーの値段は・・・
お値段は当然お高い
だって、このお値段ですってよ、奥さん。
ほぼ傘いらずな距離にコンビニがあるのに、ここでこのプライスで呑むのはなしですわ。

バスルームはこのホテルの売りの一つでしょうな
バスルームはこのホテルの売りの一つでしょうな
バスルームはこんなてい。
これは女性が嬉しいんではないでしょうか。
大きなバスタブがあるのはポイント高いですもんね。
なんなら、木桶まであるのです!

湯船に湯を張ります
湯船に湯を張ります
ま、ボクは結構な風呂好きでして。
なんならボクの方が風呂を楽しみましたよ。

湯はり時間は15分ほどかな
湯はり時間は15分ほどかな
お湯を張るのはかなり早い。
つまり湯量が多いんだよ。

シャワーブース
シャワーブース
だからシャワーの水圧もVery Good!!

レインシャワーはあまり好きじゃない・・・
レインシャワーはあまり好きじゃない・・・
このレインシャワーって手持ちの方から切り替えたその刹那に出てくるのは冷たい水でしょ?
十中八九。
それが嫌なんだよねぇ。

シンク周り
シンク周り
シンク周りも清潔で良いですね。
アメニティはロクシタンで、バスソルトも装備
アメニティはロクシタンで、バスソルトも装備
アメニティその2
アメニティその2


トイレは最新鋭のtotoウォシュレット!
トイレは最新鋭のtotoウォシュレット!
これもポイント高いですよね〜。

そんなサンワンレジデンス・タイペイ。
7日間お世話になります。
こちらのホテルのポイントは
・行き届いたホスピタリティ
・日本語で全部OK
・MRTの中山駅と松江南京駅の2駅の中間にあり、どこに行くにも非常に便利
・周辺には各種飲食店、コンビニ、マッサージ店、デパート、屋台、スーパー・・・枚挙に遑がない

あ、ホスピタリティって点で一つエピソードを紹介しておきますか。
到着した夜のこと。
腹が減ってて、ホテル裏のセブンイレブンで肉鬆飯糰(デンブのおにぎり)、握便當-黑胡椒烤雞腿排(黒こしょう風味の鶏もも肉の具が入った「おにぎらず」)と、茶葉蛋2個にBarBeer1本とアップルサイダー(蘋果西打)を買ったの。
で、1000元札を出したのにもかかわらず、お釣りが300元ちょっとしかないのを翌朝になって気付き、朝食前にフロントに方にお願いしてお店に電話で問い合わせてもらったのね。
すると「1000元のお釣りの500元札がレジにないからバックヤードに行って取ってくるからちょっと待ってて!」とボクに言ったのに、ボクはそのまま出てってしまったという・・・。
だって中国語わからんし・・・
そしたら「500元はちゃんとあるから取りに来て」ということで、スタッフのお姉さんと一緒に「東京は今、寒いですか?」なんて話をしながらセブンイレブンまで行って返金を受けたって話。

こんなに親切にしてくれるなんて!
サンワンレジデンスのスタッフの皆さんにものすごく感謝だ。
かなり練度の高いスタッフの皆さん。
素晴らしい。
この時点で「次回の台北もここにしよう!」って決めちゃったよ!!

San Want Residences Taipei 神旺商務酒店
+886 2 2511 5185
No. 128, Section 1, Nanjing E Rd, Zhongshan District, Taipei City, 台湾 104
http://www.swresidences.com/index_trans.htm






Instagram

関連記事
スポンサーサイト

台北、桃園空港に到着!おんぼろバスで台北市街へ行く前に空港で激安なのに安定感抜群だったWiFiのレンタルをします! 年末年始・台北旅行記2016-17<3>

Hello Taiwan!

台北、桃園空港に到着!おんぼろバスで台北市街へ行く前に空港で激安なのに安定感抜群だったWiFiのレンタルをします!!





歓迎してもらってます
"Hello Again Taiwan!"
というわけで、一年ぶりの台湾は台北桃園空港に到着。
成田発のフライトは日本航空様のおかげもあり、機内は食事もエンタテインメントも非常に快適でありまして。
4時間超の時間もあっという間でありました。

入境審査(パスポートコントロール)への案内
入境審査(パスポートコントロール)への案内
うろ覚えだけど定刻よりもちょっと早着だったっけね?
イミグレーションも一昨年の到着時(あの時は桃園空港の第1ターミナル)に比して・・・というか、比較にならないほど早くてちょっと驚き。
行列もほとんどない。
こんなにも違うの第1と第2って?!
というか、桃園空港の第1ターミナルはLCCが多くて、レガシーは第2ターミナルって住み分けでいいのかしら?

バッゲージピックアップ!
バッゲージピックアップ!
ま、バッグがターンテーブルに出てくるのはそれなりの時間がかかりましたがね。
それは仕方ない。
エコノミークラスですから。
中型機材の787がほぼ満席のフライトですから。

発着表示板
発着案内表示板
この案内表示板って旅情だよね。
国外でも国内でもこれ眺めてるだけで結構楽しかったりするもん。

先に地下のフードコートへ
先に地下のフードコートへ
さて、今回チャレンジしたのは現地でのWiFiルータのレンタル。
日本で借りて行くと有名な「イモトのWiFi」でお馴染みグローバルデータなら台湾で4G LTE・ギガプランを選択すると1日あたり1330円で、7日間の滞在だから9310円
かたやiVideo台湾だと4G LTE中華電信 使い放題プランで1日あたり389円、7日滞在2723円
さらにボクらはホテルの予約をAgodaでしたから初日のレンタル料が無料ってことで2334円。
なんとイモトのWiFiに比して6976円もお得!!

Webで予約するぶんには日本語で予約できるし、この価格だったらノーチョイスでしょ?!
ってことで、iVideoさんでWiFiのレンタルを申し込んだ。
WiFiルータの受け取り場所も日本に宅配してもらったり(もちろん割高よ)できるんだけど、ここはやはり桃園空港での受け取りにしてみる。
申し込みの時に1タミか2タミか到着ターミナルを間違えず選択しましょう。
ボクらは2タミ地下のフードコート内にあるセブンイレブンで受け取りを選択。

フードコートはこんなん
フードコートはこんなん
フードコートの左側にあるのが・・・

セブンイレブンで
セブンイレブン!
プリントアウトした予約票というか、バウチャーのようなものを持ってセブンイレブンのレジにまずは向かいましょう!!

おでんや!
おでんや!
その前にエントランス近くにあるおでんをw
いや、買わんし喰わんけどさw
そんなことしてないでレジに向かい、バウチャーを提示しまう!
「おばちゃん、おねがーい!」

おばちゃんが探してくれてます
おばちゃんがWi-Fi探してくれてます

iVideoのレンタルWi-Fiをチェックアウト
iVideoのレンタルWi-Fiをチェックアウト
こんな袋に入ったWiFiルーターを渡されます。
おお。あっという間。
したら、袋の中からルータを取り出してサクッとセッティングを済ませます。
嫁さんのもね。
当然サクッと繋がって、速度も満足で幸先のいい台北滞在スタートやね。
・・・っても、この時の時計は既に夜の10時過ぎで1日目の2時間弱ぐらいに1日分の料金が発生してると思うとちょっと憤りも感じないではないが、まあAgoda特典で初日レンタル料無料だからね。
ま、いっか。
と。

このバスに乗るのです
この赤線のバスに乗るのです
さて。
そんなインターネット環境を整備しまして。
台北市街へ向かうのですが。
移動手段は色々吟味したんだけど、結局バスってことに。
前回は台湾政府観光局のキャンペーンで台北市街までバス無料クーポンを使ったんだけど、今回は普通にチケットを購入。
大有バスの23時発のやつの券を買いまして。

こういう風にレーンになってるの
こういう風にレーンになってるの
外に出ると、ちょっと風が強くて肌寒かったっけね。
当時の気温は17℃ほどだったと記憶。
ま、冬の東京に比べれば全然あったかいけどさ。

バスのチケットと預けた荷物のタグ
バスのチケットと預けた荷物のタグはこんな感じ
バスの運ちゃんに荷物を預けてトランクに入れてもらうと、バゲージタグの版権をもらえるのは万国共通やね。
これはどこに行っても変わらないんじゃないだろうか?

ボロい・・・大有バス
え?ボロい・・・大有バス
前回の国光客運のバスがハイデッカーで広々シートで感激したのに比べて今回のこのバスはボロい・・・
路線バスに毛が生えかかってもいないようなシートはがっかり感満載・・・
ま、いいや。
台北市街までの1時間強だし、我慢我慢。


中山の南京東路と中山北路の交差点でバスを降りる
バスを降りましたよ
中山の南京東路と中山北路の交差点でバスを降りると、こんな景色。
時刻は既に日付が変わって12時半すぎ。
ふむふむ。
この後の滞在では何度もなんどもみることになる景色でありますが、台北2回目の僕らにはまだ新鮮であります!!


お世話になるホテルはサンワンレジデンス(神旺商務酒店)
こちらにお世話になります
お世話になるホテルはサンワンレジデンス(神旺商務酒店)
お部屋の中とかに関しては次のエントリで詳細に紹介します!!
そんなことより、近距離路線でミールにボリュームがなかったせいか腹が減っていたのでホテルの裏(徒歩1分もかからない)のセブンイレブンで食料と酒を買い出し。

茶葉蛋!
茶葉蛋!
コンビニに入るなり一年ぶりのあの匂い!
そりゃ台湾に来たらこの茶葉蛋を食わんとね!!
ってことでこいつを二つと、おにぎり2個とビールを購入。
これが翌朝、結構ボク的に大ごとになったんだけど、それも次のエントリで!

キリンの台湾現地工場で醸造されてるBarBeer
キリンの台湾現地工場で醸造されてるBarBeer
兎にも角にも、部屋でビール呑んで台北ハローアゲインしました!
さらに氷持って来てもらって、わざわざ家から持って来た甲類焼酎をちょろっと呑んで寝ることに。
さー翌朝からフル稼働していきますぞ!





Instagram

関連記事

日本の翼・JALで行く台北 エコでこれかっ?!日系航空会社の実力はそれはもう凄まじかった!!年末年始・台北旅行記2016-17<2>

2タミ名物巨大発着案内表示盤

日本の翼・JALで行く台北 エコでこれかっ?!日系航空会社の実力はそれはもう凄まじかった!!年末年始・台北旅行記2016-17<2>






2タミ2番バス停
2タミ2番バス停
成田国際空港第2ターミナルのに到着したのは15:55。
東京駅の八重洲バスターミナルを出発したのが15時ジャストだったから、55分で到着。
スカイライナーが上野から41分で2470円。
1470円も安くて、15分程度しか遅くないじゃん!
しかも、地下2階のホームから地上3階の出発ロビーまで上がってくる手間を考えたらほとんど時間的に変わらんのでは?

QLライナーカウンター
QLライナーカウンター
毎度おなじみのQLライナーでスーツケースをピックアップ。
バスが到着する2番バス停からQLライナーのカウンターはすぐ。
ここで送ったスーツケースの中から手元のバッグに出すものと、家から持ってきた「スーツケースに入れる荷物」を入れ替えます。
特に重要なのは南の国に行く時で、家から着てきた冬の装い(特にヒートテックなどの下着とコート)を脱いでスーツケースに入れ、ちょっぴり夏仕様の格好になること。

チェックインカウンターの行列
チェックインカウンターの行列
そんな作業が完了したらバゲージドロップをします。
ボクらはWebチェックインを済ませてあるので、スーツケースを預けるだけなんだけど、年末の繁忙期ゆえそれだけでも多少は行列しますな。

今回はJALエコノミークラス
今回はJALエコノミークラス
バッグを預けるだけの人はこのカウンターの列、QUICっていうカウンターの列に並ぶのね。
てか、当たり前だけどさ、さすがは日本航空の一大ハブだけあってJALのカウンターだけでもすごい数よね。

イミグレ抜けて例によってサテライトへ長い道のり歩きます
イミグレ抜けて例によってサテライトへ長い道のり歩きます
繁忙期なのに・・・出国ラッシュのはずの時間帯なのに・・・
イミグレはスカスカでありました。
外国のイミグレのカウンターが行列に比してオープンしてる数が少なすぎるんだよ!

一番下のやつ
一番下のやつ
乗るのは一番下のやつ。

B787-8ね
B787-8ね
94番ゲートに着くと外にはこれから搭乗する787−8が。

JL809便
JL809便
免税店で嫁さんが何ぞか物色してたりトイレに行ったりなんだりしてたけど、16:41には搭乗ゲートに着いちゃった。
ボクらはワンワールドの上級会員でもないし、今回はエコノミークラスだからラウンジの恩恵もなく。
だからほんとはギリギリ到着にしたかったんだけど、搭乗開始まで1時間近くある・・・

搭乗前最後の一杯をプシュッと
搭乗前最後の一杯をプシュッと
じゃー、やるこたひとつ。
ヱビスビールかんぱーい🍻
・・・なんてやってたら17:45ごろ搭乗案内。
席は27DとEがアサインされてました。
通路が2本ある787は2席−4席−2席のレイアウト。
その真ん中の列ね。

着席しました。狭いです。
着席しました。狭いです。
ん〜。狭い。
確かに狭いけど、足ぐらいは組める。
とはいえ、台北まで4時間15分ほどだからね。
ま、この辺までがエコノミークラスでのフライトは限界かもしれん。

それじゃ、出発しまーす!
搭乗前に「このフライトは気流が悪いところを通過するため、シートベルトサインが消えない可能性があるから、先にトイレに行っとけ!」的なアナウンスがあって、嫁さんはいつも以上に怯え始めたんだけど、さすがは日本航空のフライトアテンダントのおねいさん、搭乗するなり嫁さんは「どれくらい揺れますか?」的なことを尋ねると「離陸後多少の揺れがある程度ですよ」と完璧なお答えをいただけた。
素晴らしい。
さらに「クッションを抱えてると落ち着きますよ」的な言葉を添えてブランケットと共に持ってきてくれた。
ここで「日本航空すげええっ!!!!」となったわけですよ。

SCOOPを見ましたよ
SCOOPを見ましたよ
さて、日系航空会社にしてナニがアレってIn-Fligh-tEntertainmentが素晴らしいのがふたつ目!
だって、なんぼ大画面のIFEが搭載されてても最新の邦画とかドラマ、お笑いは見られんもんね!!
実は12月の機内映画には「シン・ゴジラ」と「君の名は。」があるはずだったんだけど、1月のプログラムに切り替わっちゃててね・・。

IFEはフライトインフォも同時に表示できる
IFEはフライトインフォも同時に表示できる
SCOOP、面白い。
二階堂ふみ、可愛い❤️
でもって、酷い酷い手ブレ・・・。
映画を見ながらでも画面の中に小さくフライトインフォも表示できるのね。
外国のキャリアに乗るとフライトインフォしか表示させないもんね。

お楽しみのミールです
お楽しみのミールです
お楽しみの機内食は「成田発/羽田発/関西発の中国・香港・台湾線で北海道をテーマにしたメニュー」ってことで。
どうしよう
往路の機内で撮った写真、どれも酷い手ブレで使える写真1枚もないわwww
ミールもほんとロクな写真がない。
でもサラダもメインもやっぱり日本人のハートを掴むだけのもんを出してくるのね。
さすがJAL。

北海道フェアかなんかで鮭のちゃんちゃん焼き
北海道フェアかなんかで鮭のちゃんちゃん焼き
そんな中マトモげな写真を。
味噌味の鮭と野菜を焼いたやつよね。
ここで飲み物はプレミアムモルツを呑んだけど、その写真がまた手ブレブレブレ・・・・
ただね、ボクが「ビールください」って言ったら、
「キリン、サッポロ、サントリー、エビスがございますが」って帰ってくるのは日系航空会社ならではでしょ?!
有無を言わさずカールスバーグが出てくるマレーシア航空え・・・

赤ワインはチリ産のメルロー
赤ワインはチリ産のメルロー
ワインもこの体たらくな写真しかない・・・
なら載せなきゃいい?
そうなんだけどさ。

六花亭のホワイトチョコ
六花亭のホワイトチョコ
デザートはこのホワイトチョコ。
おいし。

ウイスキーはロックで
ウイスキーはロックで
で、食後は映画の後半とウイスキー。
オンザロックでって言ったら一杯目はダブル・・・いや、トリプルw
プラカップなみなみに入ってて嬉しいじゃねーかジャパンエアラインズ!
映画Scoopは福山雅治のエロトークが過剰でちと不愉快な場面も多かったけど、概ね満足だった。

嫁さんはお笑いを見てリアルに吹いたりしてるんですが
COWCOW見てスゲー笑顔wwww

あと、なにがアレってね、エコノミークラスのパーソナルIFEなんかだと眼鏡しないと見えづらいってね(老眼・・・

21:02台北桃園空港にランディング。
搭乗前に脅かされた割には終始快適なフライトでありました!
「君の名は。」見る気まんまんだったのにぃーーーー。

到着はほぼオンタイムでしたね。
なんにせよ、日本人にとって日本航空のサービスってのはそりゃマッチするに決まってるんだよ。
当たり前だけど、我が家では「海外旅行をするときは渡航先のキャリアを使う」っていう変な不文律があったのね。
これは悔い改めるべきポイントです。
ボクが前回日本航空で海外に行ったのって思い出すと20年以上前。
今回はほぼ初体験みたいなモンだったんだよね。

次回以降の海外旅行には日系航空会社をファーストチョイスにしても良いかなって思っておりますまる。

イミグレへ
到着!!イミグレへ!!




Instagram

関連記事

MH88便で成田へ!深夜便のマレーシア航空ビジネスクラスと機内食をご紹介!! 2016夏休みランカウイ旅行記<15>

MH88成田行き

MH88便で成田へ!深夜便のマレーシア航空ビジネスクラスの機内食をご紹介!!







帰りは窓際ではなく通路に挟まれた真ん中の席に
帰りは窓際ではなく通路に挟まれた真ん中の席に
往路に搭乗した窓側2席よりも通路に挟まれた席の方がスペースも広くて快適。
あ、往路の方でも搭乗記を書いてるので、下の記事も参考にしてみてくだされ。

関連記事
MH89便でクアラルンプールへ!A330の新ビジネスクラスと機内食を全紹介!! 2016夏休みランカウイ旅行記<4>
凡人-呑喰散歩き



KL発の便にはウェルカムドリンクにグアバジュースが搭載される
KL発の便にはウェルカムドリンクにグアバジュースが搭載される


th_DSC00929 (1)
IFEのコントローラーと読書灯


座席の傍らには小物入れがあって便利
座席の傍らには小物入れがあって便利
あ、ビジネスクラスのアメニティのこと書いてなかったっけ。
アメニティは、ポルシェデザインのポーチの中にアイマスクとか歯ブラシとか靴下とかブラシとか・・・
ま、一般的なアメニティ・キットですね。
全然使わないけどw
往復で4個も溜まっちゃうし。
ただ、家で小物入れとして案外重宝してるけどね。

小物入れの扉は鏡になっており
小物入れの扉は鏡になっており
IFEも全然見なかったから往復ともにヘッドフォンをビニールから出さなかったな。

リクライニングのコントロール
リクライニングのコントロール
程なくして全ての乗客が席ついてたものの、一向にプッシュバックが始まる気配がなく、機長からアナウンスが。
「南シナ海海上の天候が不安定なため出発を見合わせております」と。
ええ?
ボク、成田到着後会社直行なんですけど?

そんなこんなで待つことしばし。
ドアクローズが30分ほどおくれて離陸の許可が出た。
プッシュバック開始は23:56と予定よりも30分のディレイ。
タキシングから12:10、KLIAの32Lからテイクオフ。


さ、飛んでしばらくしてドリンクのサービス
さ、飛んでしばらくしてドリンクのサービス
ポーン♪が鳴ってドリンクサービスが始まる。
ドリンクサービスも受けず、寝ることに専念する人もちらほらいる中、ここでも酒に意地汚いボクはしっかりシャンパーニュをいただく。
往路の時と違ってビシ冷えで美味い!!


カットフルーツはドラゴンフルーツ、ハニーデュー、りんご、パイナップル
カットフルーツ
ドラゴンフルーツ、ハニーデュー、メロン、パイナップル。
さっぱりするね。

軽食はサテーだ!
軽食はサテーだ!
あんまりお腹空いてなかったけど、普通に鶏・牛ミックスでもらっちゃう。
でもってシャンパーニュもお代わり。

サテー2
軽食の終了時刻は0:53(日本時間の午前1時53分)。
結局シャンパーニュを3杯いただいて座席をフラットに。
おやすみなさーい。zzz
やはり、多少気流が悪いみたいでガタガタと揺れた気がするけど、フラットにすると眠りが深くなるからなのかあまり揺れが気にならないみたい。




起きたのはこの辺
起きたのはこの辺
東京時間の5時56分に機内の明かりがついて朝食タイム。
4時間ほどかな、案外寝られたかなって思うけどやっぱ眠いわね。
場所的には沖縄上空あたり。
朝食のサーブが始まるが、食ったらまた寝るかもね。

朝食が配膳されますよ
朝食がサーブされますよ
フレッシュフルーツとヨーグルトがでてきまして。

パンは中華饅頭(チャイニーズ・マントウ)を選んだけど・・・
パンは中華饅頭(チャイニーズ・マントウ)を選んだけど・・・
パンは数種の中から選ぶスタイルだったんだけど、饅頭ってのは珍しいいわってことでコイツを。
まぁ、ふた口くらいしか食わんかったw

Garoupa Fish CurryKandar
Garoupa Fish CurryKandar
メインは搭乗24時間前までににWebでチョイスするマレーシア航空ご自慢の「Chef on call」でグルーパー(ハタ)のカレーを。
ん〜・・・起き抜けにはちと重かったw
ここは無難にオムレツやナシレマにしとくべきだったと後悔・・・

Garoupa Fish CurryKandar2
6時20分、朝食終了。
IFEのGPSマップには到着予定時刻は8時5分と表示されてる。
やっぱり予定より30分ディレイか・・・。
まあいいや。

降機!
降機!


サテライトからメインターミナルに通じるあの長い通路
サテライトからメインターミナルに通じるあの長い通路


JET KEI!
JET KEI!
錦織が銅!ナダル下し日本勢96年ぶり表彰台/詳細
ちょうどこの日はリオオリンピックのテニス3位決定戦が行われて、錦織圭選手がスペインのナダル選手を下して銅メダルを獲得した日。
その日にこの飛行機が目に入ったのはなんだか嬉しかったね。


成田到着
到着ロビー
羽田・成田の到着ロビーは嫌いだ。
だっていつも到着ロビーは一抹の寂しさを孕んでいるのよね。
日常よこんにちは、会いたくなかったよw

例によって空港宅配のQLライナーにスーツケースを預けて、京成のモーニングライナーにらいどん。
車両はスカイライナーと同じなんだけど、スカイアクセス線ではなく京成本線経由だから時間かかる。
でも乗車券1240円+ライナー券410円とスカイライナーに比して830円ほどお安いのよ奥さん。

そんな感じで日暮里経由で会社に向かい、日常に復帰しましたとさ。
長い旅行記にお付き合いいただきありがとうございました!






Instagram

関連記事

MASゴールデンラウンジ@KLIA(クアラルンプール国際空港)をご紹介! 2016夏休みランカウイ旅行記<14>

MASゴールデンラウンジ・サテライト@KLIA

MASゴールデンラウンジ@KLIA(クアラルンプール国際空港)をご紹介!






th_DSC01337.jpg
ボクらが乗って来たマレーシア航空のB737-800
ランカウイからクアラルンプールまでのフライトはわずかに1時間弱。
大して高度も上がらず、ディレイした時間通り定刻から30分遅れでクアラルンプール国際空港(KLIA)に到着。
ドメスティックフライトはメインビルディングに到着する。


エアロトレインでサテライトへ
エアロトレインでサテライトへ
メインターミナルで飛行機を降りたフロアにある乗り継ぎ客用のイミグレーションで出国の手続きを済ませる。
そして、エアロトレインに乗っかって長距離戦の発着するサテライトターミナルへ移動。
・・・画像がピンボケなのはご愛嬌w


中2階からメインターミナルへ向かうエアロトレインの駅を眺める
中2階からメインターミナルへ向かうエアロトレインの駅を眺める
サテライトターミナルに着いたらアクリルでできたチューブ状のエレベータに乗って中2階へ。
上からエアロトレインの発着所を見下ろす。


ラウンジはこっち!
ラウンジはこっち!
っていう案内に従って・・・
ここには表示にあるようなNoodlesレストランや各航空会社のラウンジが軒を連ねてる。
チャイナエアライン、エミレーツ、キャセイパシフィック、シンガポール、タイ航空・・・プラザプレミアムも。
十字形をしたサテライトターミナルビルの西側の奥にひときわ大きなスペースを占めるのが、そう・・・

th_DSC01363.jpg
MASゴールデンラウンジ@KLIAサテライト
さすがはマレーシア航空の旗艦ラウンジ。
とにかくその専有面積の広さが圧倒的!


ラウンジの入り口には新ビジネスクラスシートのモックが
ラウンジの入り口には新ビジネスクラスシートのモック
これは往路にボクらが乗ってきた窓側の席の配列だね。
この2席の方にボクら夫婦は乗ってきたんだけど、この席でも全然不満なかったのよ、ほんとに。

A330新ビジネスクラスのモックその2
でもこの1人用席見ちゃうとね・・・・w
2人分のスペースに1人用のスペースがあるこのシートはまさに「王様シート」だね!!

さて、レセプションでボーディングパスを提示して中に入りますよ。
お邪魔しま〜す!


早速ビール・・・なんだけど
早速ビール・・・なんだけど
まず、何度も書いてるけどマレーシアはイスラム教の国で飲酒習慣のある人が少ないせいか酒に対して寛容ではない。
だから、日本をはじめとした空港のラウンジのように自由に酒を取ってくるのではなく、バーカウンターまで行っていちいち頼まなきゃならない。
しかも、カールスバーグの缶ビールをグラスに注いだだけ。
それだけならまだしも、缶ビールの内容量に対してグラスが大きすぎて満たされ感が低い
絵的にもしょぼいw


かんぱーい!
かんぱーい!
ま、それでもいいやw
バーカウンターに近い場所の窓際の席を占拠し、飛行機眺めながら乾杯します!

ここがラクサバー
ダイニングコーナー


楽しみにしてたラクサ・バー(Laksa Bar)
超楽しみにしてたラクサ・バー(Laksa Bar)
出発前からKLIAのラウンジにはラクサバーがあって、「カレー・ラクサ」「ジョホール・ラクサ」「ペナン アッサム・ラクサ」「 サラワク・ラクサ」の4種類の伝統的なラクサが食べられると聞いてたんだけど、どうやらそれは日替わりなのかな?
この日はカレーラクサだけだった。


カレーラクサとビール!
カレーラクサとビール!
鶏肉、エビ、豆腐、もやし、ミントの葉にたまご麺のラクサはエビベースのココナツカレー味。
これがなかなかどうして、美味いじゃありませんか!
量は通常のお店で食べる半分くらいの量しかないと思われるけど、その分色々食べられて好都合。

さすがマレーシア航空の本丸KLIAのラウンジ、広い!!
さすがマレーシア航空の本丸KLIAのラウンジ、広い!!


この広さ(夜になっちゃてるけど)
この奥行きはすごいよね(夜になっちゃてるけど

サロンケバヤのお姉さんがオーダーも取ってくれるけど、基本セルフサービス
サロンケバヤのお姉さんがオーダーも取ってくれるけど、基本セルフサービス
そういえば、サロンケバヤ
シンガポール航空(SQ)のそれが有名だけど、もともとマレーシア航空(MH)と同じ会社だったんだよね。
でも、お国が分かれてSQとMHに違い違いが出たのは宗教が背景。

SQのサロンケバヤは体にタイトフィットして体のラインが際立ち、首から胸元までも大きめにカットされたセクシーサロンケバヤ。
MHのそれはSQに比してちょっとゆったりルーズフィット。
それはマレーシアの国教がイスラム教で女性が肌を露出したり体の凹凸を強調することが憚られるからなんだそうで。
でも、エアアジアのCAの赤いスーツはタイトフィットで膝上丈のスリット入りスカートでセクシーだよね?
あれはいいのか。そうか。

そういや以前、スカイマークのミニスカワンピース制服がけしからんと批判してた奴らもいたっけな。
まぁいいやw


サンドウィッチとビール
サンドウィッチとビール
トランジットの時間が6時間以上あるから食って呑んでインターネットで暇は十分凌げる。
ラウンジのWi-Fiはなかなか快適で、動画再生にも十分耐えうるスピードだった。


サンドウィッチ類
サンドウィッチ類
じゃあ、お楽しみのフードを見ていきましょうか。

サンドウィッチ類2
サンドウィッチ類2
サンドウィッチの隣にはスイーツもあったけど、写真撮り忘れ。


サラダコーナー
サラダコーナー
サラダコーナーにはチーズとスモークサーモンもある。

カットフルーツ1
カットフルーツ1
黄色と赤のスイカ。

カットフルーツ2
カットフルーツ2
ハニーデューメロンと黄色スイカ・・・・
・・・ってスイカばっかりやないかい!

ホットミールコーナーには
ホットミールコーナーには

こんな品揃えだったけど食べなかったわ
こんな品揃えだったけど食べなかったわ
白ご飯にマレー風のトマト炊き込みご飯。
チキンコルマってのはクリーミーでマイルドなインドカレーだそうで、英国で人気なんだってさ。
Subzi Jalfreziってのもやっぱりインド料理のようで、季節野菜のスパイス・ハーブ煮って感じかな?


ホットミールの品揃え2
ホットミールの品揃え2
こっちは西洋料理やね。
ペンネ・アーリオオーリオにフライパンで焼いた焼き魚、蒸した芋に人参と豆か・・・。
食指が動かんかったねw


ソフトドリンク類
ソフトドリンク類
こいつらは冷蔵庫から勝手に取って持ってくスタイル。
ヨーグルトとかジュースとかもそんな感じ。
願わくば酒もこうして欲しいところ。

ジントニックを
ジントニックを
もうね、何度も何度もバーカウンターに行くの恥ずかしいんだよw
いや、でも行くんだけどさwww


この辺でシャワーを浴びたりもする
この辺でシャワーを浴びたりもする
ちょっと気分をリフレッシュするためにシャワーを浴びよう。
ラウンジの一番奥にカウンターがあって、そこでタオルとアメニティを渡してもらう。

シャワーのアメニティはしょぼいw
シャワーのアメニティはしょぼいw
噂では水しか出ないなんていう情報もあったんだけど、しっかり熱いシャワーが出ましたよ!
いやー、さっぱりさっぱり。
ここのラウンジのシャワーは悪評が多いんだけど、ボクは特に不満なく使えましたね、ええ。


シャワー浴びてさっぱりしたから呑み直しのジントニック
シャワー浴びてさっぱりしたから呑み直しのジントニック
すっかり暗くなっちゃいましたねぇ。
この辺で9時半ごろ。
またちょっと小腹が空いてサンドウィッチとシュレッドチキンのサラダ的なものをつまみに。
この頃にはカウンターにお酒もらいに行くの躊躇われる感じになってきたんだけど、職員のお兄さんが空いたグラス見て「何か飲みますか?」みたいに聞いてくれたから、お願いしたw。


ジョニーウォーカーの水割りと野菜入りのワンタンメンfromラクサバー
ジョニーウォーカーの水割りと野菜入りのワンタンメンfromラクサ・バー
別に「またお前か」みたいな顔はされないからw、バーカウンターに大手を振っていこう。
「ウイスキーアンドウォーターくれ!」って言って貰ってきた。

その足でラクサ・バーに寄って「ワンタンヌードル」をオーダー。
この時は結構ラクサ・バー混んでてて、ウイスキーの水割りすすりながら待ってたら職員のお兄さんが
「席まで持ってきてあげるよ」
ってんで、席に戻るとしばらくしたら持ってきてくれた。
でも箸じゃなくって、フォーク&スプーンだったけど。


リフトアップ@KLIA
リフトアップ@KLIA
とってもあっさり味のラーメンでしたね。
これは大半を嫁さんが食べましたよ。

搭乗機が見えるね
搭乗機が見えるね
搭乗時間まであと1時間ほど。
ボクが乗る飛行機も確認できた。

最後にアイスクリームも食べて
最後にアイスクリームも食べて

ラウンジを後に
ラウンジを後に
出発時間まであと1時間。
成田へ向かう飛行機はC6ゲートにいることを確認して、お土産でも物色しようかなとも思ったんだけどね。
だらだらとポケモンGOをやりながらサテライトターミナルをうろうろしてたら時間になっちゃった。

搭乗口へ
搭乗口はC6
フライト情報
マレーシア航空 MH88
クアラルンプール(KUL)23:35 → 成田(NRT)07:15(+1)
飛行時間:6時間40分
機材:A330−300

じゃ、優先搭乗のお声がかかったので一足お先に機内へ。
次回に続く。
あ、いよいよ次回はこの旅行記の最終回だ!






Instagram

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。