凡人-呑喰散歩き

永楽苑@江戸町 2年ぶりの訪問


程なく到着長崎ステーション。お隣のホームに止まってたのはつばめ型787系かもめ。
いや、しかしJR九州の車両はどいつもこいつも心の底の鉄分を呼び起こさせるわねw。

さて、それはさておき。
長崎到着後の予定にはかなり重要な案件が一つあった。
それはあるお店で皿うどんを喰らうこと。
それは、一昨年秋に長崎を訪れた時に「ちゃんぽん行脚」と銘打って4店ぽっちだけど食べ歩いて一番美味しかったあの店で・・・



永楽苑@江戸町
一昨年のレポートを読み返してもボクのお気に入りっぷりを見て取れる。
この日も実はそんなに時間があったわけではないし、長崎駅を降りたら雨は降りだすしで決して良いコンディションではなかった。
11時30分の開店を雨宿りしながら待つ。


鰻の寝床のように奥に細長い店内は、店に入るとカウンターと調理場があり、その奥に座敷がある。
座敷に通されメニューを吟味する。
でも、心はとっくに決まっている。
あの野菜と海鮮の出汁の旨みがたっぷり滲み出たユルめの滋味深いあんかけが素晴らしかったんだよ。
だからこれ!


皿うどん(太麺)!!
なんと破格の600円!!



あー・・・堪らん。
あふれるヨダレを喉を鳴らして飲み込むのを禁じ得ない。
何度となく思い出しては「あー、また食べたいなー」と夢想したことか。



こちらは嫁さんのオーダー。

チキンライス(スープ付き)
なにこの昭和なルックスw
アジア飯の好きな僕らにとってはチキンライスってのはカオマンガイや海南鶏飯のようなアレを思い浮かべがちだけど、ちょっと振り返ってみるとチキンライスってのは「オムライスの玉子がない奴」ってのが当たり前だったんだけどね。
だから、このチキンライス。
なんだかすごく懐かしくてうれしくなるようなケチャップ味。
赤い福神漬けが添えらてるのもまた何ともクラシックというかね。


そんな永楽苑さんでありました。
率直に言って接客とかはつっけんどんで素っ気無くって、不愉快に感じてしまうかもしれない。
でもそれを補って余りある美味さ。
そう。
本当に美味しいお店なんだよ。


また行きたいな〜。
ごちそうさまでした。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。