凡人-呑喰散歩き

隆兵そば@桂でミシュラン星付きそば 京都2016冬(いろんな意味で)食倒れ旅<7>

隆兵そば@桂
京都旅3日目の朝食はコンビニおにぎりかなんかでさらっと済まし、ホテルをチェックアウト。
この日は嵐山へ移動するんだけど、その道すがらにある蕎麦の有名店に寄ろうと思ってね。
2週間前くらいに予約をしといたのは隆兵そば@桂

河原町からチョコレート色の阪急電車に乗っかって桂駅で嵐山線に乗り換えるんだけど、乗り換えないで途中下車。
スーツケースを駅のコインロッカーに預けて目的地まで15分ほど。
テクテクと歩いていくのだ。
桂駅から桂離宮方面へ向けて桂川に掛かるの桂橋のあたりまで歩く。(あー桂だらけじゃねーか!)
するってーと有名な和菓子の中村軒さんがあって、その脇の細い私道に入って行くとお店がある。

かなり奥まってるけど、案外迷うことなくたどり着けたね。






お昼のミニセットはそば懐石
お昼のミニセットはそば懐石
ミシュラン京都で星を獲得してるこちらのお店。
お品書きにアラカルトはないからご注意よ。
セットメニューはお蕎麦を選ぶプリフィックス。

ここは嫁さんが毎度変わらず鴨汁蕎麦。
ボクは冬限定という椎茸蕎麦を。

嫁さんはいつもボクに「食に関して新しいものに挑戦しない、冒険しない」というのだが、こと蕎麦に関しては嫁さんの方がず~っと保守的だ。
他のもん食べてるの見たことない。






ハートランドかんぱーい
ハートランドかんぱーい
開店の11時に入店したんだけど、午前中とはいえ蕎麦屋で呑まないというチョイスはボクにはないね。
早速お願いしましたるはハートランド。
かんぱーい!

お蕎麦屋さん定番の揚げたお蕎麦が付いてきて、これをポリポリしながらグラスを傾ける。
いいねー。
幸せだねぇ。





まず竹籠が出てくる
まず竹籠が出てくる
ビールを飲んでるとほどなくやってくるのはこの竹籠。
蓋を開けますと・・・







先付け盛り合わせ 焙煎粗びきそば そば茶角 お造り 胡麻豆腐 鯉の握り寿司と琵琶鱒の刺身
先付け盛り合わせ
じゃーん!
どーです?この洒々落々とした佇まい!!
まずは目に美味しい。






粗挽きそば
焙煎粗びきそば
「のびやすいので最初に召し上がってください」とのこと。
こいつは塩をパラリと振っていただく。
こちらのお塩はパウダー状でお蕎麦に振るとそのパウダーは「すっ・・・」と溶けちゃう。

十割で粗挽きのお蕎麦なのになぜこうも滑らかなのだろう。
野暮ったさが微塵もない。
口に含んで鼻に息を抜くとお蕎麦の香りが「むふ~」ってなりますよ、ええ。
つゆにつけないことでお蕎麦本来の味わいと香りをってね。
ややもするとスノビッシュになりがちな食べ方だけど「こうやって食べてね」ってお店に言われると素直にやれてよろしいね。







胡麻豆腐と醪味噌 そば茶角
胡麻豆腐とそば茶角
これもまた素晴らしい。
胡麻豆腐の上に乗ってるのはもろみ味噌だったっけね?。
そば茶角はお蕎麦のスナックね。
香ばしいよ。








菜花の田楽
菜花の田楽
春の息吹だな。
菜花。
そこに田楽味噌をかけてある。





鯉の握りと琵琶鱒の刺身
鯉の握りと琵琶鱒の刺身
お造りもすごかった!
なんと鯉の刺身の握り寿司!!!
隆平そばさんの鯉は、お店ご自慢の井戸から汲み上げた水のいけすをつくり、その井戸水で泳がせてから提供しているという鯉なのだ!
だから川魚特有の泥臭いような匂いは皆無。
そして琵琶湖の鱒、ビワマスのお刺身。
ビワマスは初体験だったけど、おいしくいただいた。

一般的に鯉なんかさ、臭い取りのために洗いにして酢味噌なんかつけて食うから魚の味より酢味噌の味なんだよねえ。
それにやっぱりなんか癖が強くて、おいしくない。
火を通した鯉こくやうま煮なんかも骨が多くて食いづらい。

だから此方の鯉はサプライズだった。





澤屋まつもと守破離(京都 純米極微発泡)と蕎麦味噌
澤屋まつもと守破離と蕎麦味噌
そうなってくるとお酒をお願いしないわけにはいかない。
京都の純米極微発泡酒。
「守破離」は微発泡のお酒が「シュワリ」となることとダブルミーニングなのかね?

そしてお酒には蕎麦味噌も付いてくる。
これが嬉しいね。
先付けの盛り合わせをつまみながら酒を呑み、蕎麦味噌も舐めつつ酒を呑む。
酒器もよろしい趣。






そばは冬季限定のしいたけ蕎麦を
そばは冬季限定のしいたけ汁蕎麦を
お~きたきた。
メインのお蕎麦が。
ボクのお蕎麦は10月から3月までの冬季限定椎茸蕎麦。







麗しのお蕎麦
麗しのお蕎麦
艶かしいまでの麗しさ。
無理やり不満を言うなら「量がすくねーYO!」ぐらいだろうかw







肉厚!しいたけ!
肉厚!しいたけ!
此方の椎茸は八色天恵菇(やいろてんけいこ)という新潟は南魚沼産の逸品。
お店のブログによると・・・

~引用ここから~
大人の手のひらほどもある、大きな大きなしいたけで、ひとつが250gぐらいのそれはそれは肉厚なものです。質感も、ぎゅっとつまってしっかりしており、あわびのような歯ごたえがあります。そして、よくあるしいたけ独特の強い香りは意外と薄く、大きいのにほんのり淡く上品な香りです。
~引用ここまで~

そりゃあんた。
まずいわけがなかろうもん!





お酒は紀土(和歌山 純米大吟醸)を追加
お酒は紀土を追加
和歌山の紀土(キッドと読みますよ)の純大。
焼締のシブい酒器とあでやかな香りの大吟醸酒。







鰻の飯蒸しはもち米を使った小さなうな丼
鰻の飯蒸し
蕎麦湯をすすっているとやってくる。
飯蒸しってのはもち米を使った小さなうな丼。
傍らには香の物。





鰻の飯蒸し
山椒をパラリとね
なぜここで鰻の飯蒸しかというと、隆平そばのご主人はお店のお隣にある和菓子店「中村軒」がご実家だそうで。
だから、幼い頃からもち米を蒸し上げる匂いの中で育ってきたんですって。
そのもち米の美味しさを知り尽くしたご主人が「美味しい飯蒸しを提供したい」という思いで出してくれてるんだね。
お蕎麦のボリュームが少なめだからこのひと皿は嬉しいし、もちろん美味でした。




デザート盛り合わせは蕎麦ブランマンジェ、チョコ掛けそば、蜜柑
デザート盛り合わせは蕎麦ブランマンジェ、チョコ掛けそば、蜜柑
お蕎麦屋さんらいくお蕎麦のデザートでおしまい。

いやー、大変感銘を受けました。
実に楽しく美味しくお蕎麦をいただけました。
次に行く時は夏限定の酢橘そばをいただきたいもんです!
最高に美味かった!

この後は桂駅から嵐山に向かいます。
<つづく>


にほんブログ村 旅行ブログへ

Instagram

関連記事
スポンサーサイト

桝富@三条白川橋でビールという名の甘露をいただきカヌレ@河原町二条で洒落ブレイク 2015夏休み京都旅行記<13>

升富@東山
京都旅行記4日目の午後。
平安神宮をでて歩き出したのだが、この日はお昼ご飯の場所をどうするか決めていなかった。
周辺は湯豆腐が名物なんだろうが、何しろ「暑さ」が大問題で、食欲はあるけどとてもじゃないが湯豆腐は嫌だ。
そこで嫁さんが「うどんにしよう!」と。
近くに有名店があると。
その有名店は「山元麺蔵」というお店。
「山本麺蔵 行列」で画像検索するとわかると思うが、このお店お昼のピークを外れてもキョーレツなギョーレツ!!
この酷暑の中行列は無理ですボクの場合は。

そこで、どうする、どうする?っていいながら東山駅方面へ歩くこと10分ほど。
良さげなたたずまいのお蕎麦やさんを発見。
もう決定。
ここでいいよ、って。

それが桝富@三条白川橋





キリンラガー瓶
キリンラガー瓶
もうすっかり喉が乾ききっててその限界の向こう側さえ垣間見る状態だっただけに、開口一番「瓶ビールください!!」って。
何は無くともその黄金色の液体を喉に流し込む。
そりゃもう甘露ですよ。
ビールという名の甘露。

さて、ちょっと落ち着いたところで品書きを見る。
嫁さんはいつも定番、鴨汁をお願いするという。
こちらのお店は鴨が名物なんだそう・・・だが、鴨は売り切れ。。。
じゃー、ってんで。



とろろ付きざる
とろろ付きざる
ボクはこれ。
とろろ付きのざるそば。
つけ汁ととろろは別に供されてるから、とろろをつけ汁に加えながら食べたり、とろろはそのまま食べたり。





とろろ
とろろ
とろろは生芋おろしただけじゃなくて、薄味がつけてある。
だからこのまま食べても美味しい。
酒の肴にもなる。
いいね。




梅おろし蕎麦 撮影は©嫁さん
梅おろし蕎麦 撮影は©嫁さん
鴨に振られた嫁さんは梅おろし蕎麦というなんともさっぱり系な一枚。
添えられてるのは大葉の天ぷらと練り梅かな。


や~しかし。
夏の京都はやっぱりものすごい暑いね。
ってわけでこの日の観光はここで終了して、一旦宿に戻って夕食まで休もうやってなった。





〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓♪〓






カヌレ@河原町二条
市営地下鉄東西線の東山駅から地下鉄に乗って烏丸御池まで戻る途中の京都市役所前で途中下車。
嫁さんがどうしても行きたいと言っていたカヌレ@河原町二条に寄り道しようって。

我が家はこのフランスはボルドーのお菓子「カヌレ」が大好き。
そのお菓子の名を冠したお店はカフェというより店名のサブタイトル?にある「Cakes&Beer」に注目。
そう。
カヌレ他ケーキと一緒にお酒を呑めるお店なの。
それもかなり素敵なお店!



こんな素敵な窓際の席
京都市役所裏の雑居ビルの5階。
案内された席は河原町通りと二条通りを見下ろす窓際。
テーブルのガラス天板には空が映り込んで、雰囲気も実によろしいですな!




カヌレとバス・ペールエール
カヌレとバス・ペールエール
ボクはこのお店のシグニチャーというべきカヌレにバスを選んでみた。
カヌレにはゆるく立てた生クリームが添えられてて、好みでつけながらいただく。




嫁さんはカヌレとエスプレッソ 撮影は©嫁さん
嫁さんはカヌレとエスプレッソ 撮影は©嫁さん
カヌレは割るとこんな感じ。
外はしっかりバリっと焼き上げられてるが、中はしっとり・モチっとした食感。
正統派のまっとうなカヌレ・ボルドーで大満足だった。



カヌレ
実によろしいお店でした。
お酒の種類も豊富だし、夜は24:00までオープンしてるようなので、ディナーの後に行くのも良いだろね。
というか、次回京都に行く時はその使い方してみよう!
もちろん、カヌレは持ち帰りもできる。

繰り返しになるけど、実に素敵なお店でした。
サティスファクションであります!



にほんブログ村 旅行ブログへ

関連記事

TOWA~麦酒と日本酒と蕎麦@上野で昼ビール

TOWA店頭
毎月月初の週末は原則的に上野の寛永寺弁天堂にお札交換に行って、お昼を食べるのが恒例なんだけどね。
上野界隈って案外クラフトビールが飲めるところが少ない印象だったんだけど、今年3月末にWorld Endの姉妹店としてオープンした蕎麦とビールっていうボクの好みのど真ん中を打ち抜くようなTOWA~麦酒と日本酒と蕎麦@上野ができたってのに未訪だったワケよ。
で、このタイミングでやっと行けましたですよ。



リアル合わせて15タップ
タップ数はリアルと合わせて15タップとまずまず
上野駅の不忍口を出て横断歩道を渡ったまさに目の前にっていう好立地!
お昼は11:30からオープンということでほぼ口開けと同時に入店。
でもあれよあれよと満席になっちゃった!
すごい!

でも、週末だし上野駅前だし家族づれがほとんどで、酒飲んでる人のが少数派っていうね。
みんな普通にお蕎麦を食べてる・・・。
ま、肩身がせまいってことはないけど、並んでるお客さんもいて長っちりするのはアレかも。



アウトサイダー・バンイップ・オーストラリアンIPA
アウトサイダー・バンイップ・オーストラリアンIPA
100%オーストラリア産のホップを使ったというIPA。
IPA大好きなボクはまずこいつをチョイスしてスタート。




枝豆
枝豆
この枝豆が実にうまかったw。
驚くほど美味かった。
いや、マジで。




南信州アップルホップ・シナノゴールド
南信州アップルホップ・シナノゴールド
南信州のリンゴビールはたまに飲みたくなるんだよねぇ。
リンゴ品種ごとに7種類もあるってんだから1度ずらっと並べて飲み比べてみたいもんだね。




キノエネ アップル 純米吟醸
キノエネ アップル 純米吟醸
Twitterで見て気になってた日本酒をHosizakiのケースの中に発見!
早速オーダー。
この前に南信州のリンゴビール飲んじゃってるからイマイチ「リンゴ感」を感じることができず・・・。
でも、普通に美味しい純吟でしたよ。




ざるそばととろろ丼セット
ざるそばととろろ丼セット
お昼ですからね。
ちゃんとお蕎麦も食べましたよ。



そば
お蕎麦
看板ですからね、お蕎麦。
さすがに結構なお味です。
訪問前はちょっと懐疑的だったんだけど、真面目に美味しいお蕎麦だった。



とろろ丼
とろろ丼
このとろろ丼もまた実によろしい。


というTOWA初訪でありました。
今度行くときはお昼のピーク時間は避けようかな。

でも良いお店です。
おすすめ!

にほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

関連記事

一東庵@東十条で昼蕎麦一枚


昼蕎麦、昼酒大好きな我が家でありますが、課題店だったこちら一東庵@東十条に行ってまいりましたです。
埼京線の十条駅から篠原演芸場の前を通ってのんびり歩くこと20分弱かな。
土曜のお昼。
いいお天気で気持ちよかった。





店内はとっても落ち着いた雰囲気。





志賀高原ビールのミヤマブロンド
ほう。生ビールももちろんあるけど、ボトルはこんなのも。
嫁さんは八海山ビールのヴァイツェンをいただく。
お通しは北寄貝のサラダ。





豆腐の味噌漬け
蕎麦前のアテはこの豆腐の味噌漬けと・・・





鴨ロース炙り
く〜〜〜っ。
蕎麦屋の鴨焼きは美味いんだよねぇ。
嫁さんがいつも鴨せいろを頼むから遠慮してたんだけど、ココでは頼まずにいられなかった。
付け合わせの野菜もとってもうまい。





東洋美人の純吟
こうなりゃ酒にスイッチ。
酒も地酒が十数種類あって魅力的。





玉子焼き
この玉子焼きもボク好みの甘くなくてお出汁がじゅわ〜と染み出るタイプ。
甘いの好きな人も多いけど、ボクは断然甘くない方が好きだ。





さ、そろそろお蕎麦いきますか。




限定十食の産地せいろ
ボクのお蕎麦は「産地せいろ」。
この日の産地は栃木益子。
もちろん香りもよいが、なんと云ってもその喉ごしが素晴らしい。
お蕎麦を堪能したあとに供される蕎麦湯。
コレがまた凄い!!
ボク史上最高濃度のドロッドロ蕎麦湯で、実にこのエクセレントですよ!!
お蕎麦のあと残った蕎麦つゆを伸ばして飲んだ後も、ストレートでそのまま吞んでも凄く美味い。




いやーホント楽しめました。
まだまだ未開拓のお蕎麦屋さんがウェイティングリストに目白押し。
昼蕎麦行脚を続けよう。
そうしよう。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
一東庵
TEL  03-6903-3833
住所 東京都北区東十条2-16-10
営業時間 昼営業 月~土 11:30~14:30(L.O.14:00)  
祝日は12:00~15:30(L.O.15:00)
夜営業 
木・金・土曜日のみ 18:00~21:00(L.O.20:00) 
※月・火・水曜日は夜の営業はなし
ランチ営業定休日 毎日曜日・第二月曜日

関連記事

そば処浅野屋@池袋でひれ酒を


昨年来、我が家のメインテーマの中核となっているお蕎麦屋さん。
その序章として今回訪れたのはそば処浅野屋@池袋
池袋駅東口。
携帯ショップやドラッグストアにドンキホーテなど猥雑な雑踏のなかにある雑居ビルの地下。
そんなお店がここ。


プレミアムモルツの中瓶
まずは瓶ビールで喉を湿らせて。
お通しは松前漬け。
僕の器には嫁さんよりも数の子多めでラッキーw。




カブのサラダ
蕪はただ切っただけ。
それだけ。
そしてその傍らにカブに合わせたソース。
シンプルの極み。




さて、今回のメインとなる・・・



ひれ酒です!
だってさ。
この時期必ず呑みたくなるよね。
ひれ酒。
大人になるまで知らなかったこの楽しみ。
この数年は凄く楽しめてます。





お蕎麦屋さんの定番
なんつってもこの出汁巻きですよ。
特に僕の好みはこのお出汁がじゅわーっとあふれてる系のやつ。
大根おろしと一緒にいただくと嫌なことも忘れて笑顔になっちゃう。
いいねぇ。
ここで、ひれ酒の差し替えもおねがいします。




のりがけせいろ
〆はのりかけせいろ。
非常に古風な。。。
ノスタルジックな佇まいの所謂「ざるそば」。
ぼくはそのままよりもこの海苔がかかってるヤツの方が好みなんだよねぇ。

最初は薬味なしで。
途中から一口分ずつワサビ、七味・・・。
残ったツユに薬味の葱を入れて蕎麦湯でいただくって流れが僕の定番。
大抵、毎回そう。



そんな初訪問の浅野屋さんでした。
初訪問にも関わらず、お年賀の七味唐辛子をお土産にいただいたのがとっても嬉しかったね。
池袋のあの立地だったら近々に再訪は約束されてます。
また伺いますね!

ごちそうさまでした!!




旅行・お出かけ
食べ歩き


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

浅野屋 池袋駅前本店
〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-22-2 FLCビルB1
http://www.soba-asanoya.com/


TEL 03-5944-8641
年中無休
OPEN 11:30~22:30(ラストオーダー)

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。