凡人-呑喰散歩き

季節料理とおでん黒百合@金沢で午前中から一杯やって帰ります!

☆☆☆2014春の金沢旅 記事一覧はこちら☆☆☆

滞在したホテルを11時にチェックアウトして、小松空港へ向かうバスの時間まで結構あるから、ちょっと一杯やって朝食兼昼食にしようと季節料理とおでん黒百合@金沢へとやってきたワケですよ、ええ。
本来金沢駅の中にあるお店なんだけど、ご多分に漏れず北陸新幹線開通に向けた駅舎建設で金沢都ホテル地下街で仮店舗営業してた。
この金沢都ホテルの地下街がまたちょっと寂れ感もあったけど、ニュー新橋ビル的な雰囲気でね。
吞ん兵衛横町っぽい感じ。
朝9時半から営業っていうアナーキーな感じも好みだわぁ。




キリンラガー
まずは瓶ビール




品書き
おでんの品書き




まずはおでん第一弾
玉子、シュウマイ、焼き豆腐、鰯つみれ、ゴボ天。実はシュウマイがヒット!
おでんにシュウマイっていいんだね。
ウチでもまねしてみよう。
当然、定番の玉子も好物のゴボ天もおいいしい!




鰯つみれ
つみれは実に素朴な味わい。



どじょうの蒲焼き
これこれ。
乙だねぇ。
山椒をぱぱっとふってね。




ハイボールにスイッチ
キリン富士山麓のハイボール。




お新香盛り合わせ
この辺でさっぱりとね。




おでん第2弾!
赤巻、こんにゃく、がんも、じゃがいも、大根。なんだか腹にたまるもんばっかだね。
でも、おでんのジャガイモ美味いよね!!




がんもは包丁で半分に切っててくれた。
熱々がんも。
うまいねぇ。
味しみ大根。
うまいねぇ。




茶飯
茶飯の大盛りを嫁さんとシェアしていただきました。
そんな感じでお店をあとにしまして。。。




金沢駅からバスに乗って。。。




小松空港から一路羽田へ。
帰りのフライトも787-8だったよ。




羽田に着くとレインボー照明のサービスもあったりで、往路とは違って快適なフライトでした!!
次回の金沢旅は北陸新幹線が開通した頃かね?
楽しみだ。



☆☆☆2014春の金沢旅 記事一覧はこちら☆☆☆
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
黒百合 (くろゆり)
TEL・076-260-3722
住所 石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街 あじわい館
営業時間 09:30~21:30 (L.O.)
定休日 無休

スポンサーサイト

香林坊ジビルバ@金沢 北陸の地ビールバー

☆☆☆2014春の金沢旅 記事一覧はこちら☆☆☆

金沢でもやっぱりビールが吞みたい我が家。
クラフトビアが吞めるお店としては香林坊ジビルバ@金沢がベストチョイスでしょ。
下調べはしたけど、予約などすることもなく、突入してみた。



地方ではまだまだ認知度が低いのか、お店の前には「クラフトビールとは何ぞや」的なことを黒板に書いてあったりします。
まぁ、東京でだってクラフトビールなんて知らない人の方が多数だろうしね。
ビールってのはキリンとアサヒとサッポロにサントリーで、ちょっといいビールはヱビスでしょ、
みたいな。
ちょっとすすんでドイツビールやベルギービールってところ。
そんな認識がほとんどだろうね。
でも、この香林坊ジビルバさんのFBを見てると8タップはなかなかバランスのいい品揃え(この日はたまたま箕面祭りだったけどね)だし、何よりフードが素晴らしい!12種類のピッツァは特筆もの。
地元の人はもっと行くべきお店だね!!




日本海倶楽部アメリカンペールエール
まずは地元石川県のビールでしょってことで日本海倶楽部のアメリカンペールエールでSTART。



ポテトサラダ
スモークのかかった沢庵の入ったポテトサラダはなるほどビールの素晴らしく良く合う。




箕面ゆずホ和イト
吞もうと思ったW-IPAがちょうど打ち抜かれ、じゃぁってんでゆずホ和イト。
この時期はビアバー行く度に吞んでる気がするけど、やっぱり美味い!!




お肉のパテ
かなり荒く挽かれた豚さんのパテ。
カンパーニュと違ってレバーを使っていないタイプのパテだから、レバーが苦手な人にもいいだろうね。
傍らのドライトマトのオイル漬けもまた素晴らしかった。



東北魂アップルジンジャーIPA・九条葱と柚子胡椒のピッツァ
そしてピッツァを。
九条葱と柚子胡椒っていうジャパンな組み合わせだけど、コレまた良いコンビネーション。
そこに東北魂のアップルジンジャー。
このお店のあとのもう一軒くらい行く予定だからココで切り上げることにしたけど、腰を据えてもうちょっと食べてもいいね。
なにしろピッツァとソーセージに後ろ髪引かれつつお店をあとにしたのです。


そんな香林坊ジビルバ。
いいお店でした。
機会があればまた訪ねてみたいね。
ごちそうさまでした。

☆☆☆2014春の金沢旅 記事一覧はこちら☆☆☆


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
香林坊ジビルバ
TEL 076-231-1239
住所 石川県金沢市片町2-7-3
営業時間 [月~金] 18:00~24:00 [土・日・祝] 15:00~24:00
定休日 月曜日

加賀麩 茶寮・不室屋@金沢 月替わりの麩久箱膳を

☆☆☆2014春の金沢旅 記事一覧はこちら☆☆☆

加賀麩 茶寮・不室屋@金沢
加賀麩ってのを初めていただきました。
そもそもお麩のお料理ですべてのお皿を尽くすってのはなかなかないわけで、どんなもんかと興味津々。
お店の佇まいもまた趣があって、いかにも金沢っていうそんな画づらだね。




お店の2階
お座敷へ通していただくとコレまたなんとも趣のあるお部屋。
弥生ということでひな人形も飾られているね。




プレミアムモルツ
お昼とはいえ旅先。
やはりビールをいただきます。
陽気も良くておいしい!



蓋裏膳
麩久箱という箱に入ったこのお膳は、蓋の裏も膳にしてつかう。
折り紙のひな人形もあしらわれててなんとも可愛らしい。
・生麩の昆布〆 湯葉 小鯛笹漬 菜の花 花びら百合根 濃口あん わさび
・丁字麩 ゆば くらげ 胡麻酢和え




麩久箱>こちらが箱の中。
・つくね麩入り茶碗蒸し 生姜あん 桜麩・みねおか豆腐 割醤油
・お手鞠麩玉子焼き 生麩岩石揚げ たらの芽天 鮭漬焼き 蝶々大根 海老手鞠寿司 空豆蜜煮 

花麩一つ一つが丁寧に作られてるのがとてもよくわかる。
それぞれが各々別々に煮炊きされて、最終的にひと皿に盛り込まれる。
その手間を思うと頭が下がる。




治部煮
加賀名物の治部煮。
そして、治部煮といえばすだれ麩。
・すだれ麩 巻湯葉 小芋 市姫麩 冬菇椎茸 竹の子 鶏肉 手鞠麩 スナック豌豆 山葵




飯ご飯はお代わりできますよ!
お味噌汁は加賀味噌仕立てで湯葉と細工麩の具。
香の物は沢庵、野沢菜、柴漬け。
奥の湯のみのような小鉢には時雨麩というお麩の佃煮の様なものが入ってて、ふりかけ的にいただくのだ。




白玉生麩あんみつと生麩饅頭
食後のお菓子はオプションだけど、ココは是非いただいておきたい。
茶寮だけあって、お菓子もとてもおいしい。
そんな麩久箱膳でありました。
一階の売店では様々なお麩が売られてて、嫁さんはお土産を買ったりしていたね。
非常に趣のある、楽しいお昼だった。
ごちそうさまでした。

☆☆☆2014春の金沢旅 記事一覧はこちら☆☆☆


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
加賀麩 不室屋 (かがふ ふむろや)
TEL 076-224-2886
住所 石川県金沢市尾張町2-3-1
営業時間 11:30 ~ 18:00
お食事 11:30 ~ 14:00(L.O.)
定休日 火曜日

乙女寿司@金沢 金沢といえば鮨でしょ!

☆☆☆2014春の金沢旅 記事一覧はこちら☆☆☆

金沢のイメージにはやっぱり魚が美味いところっていうのがある。
魚の美味い居酒屋っていうももちろんそれはそれで素晴らしい。
それはよくわかる。
でもね、所謂「鮨屋の魚」ってのは別格だよね。
そこでリサーチしてひと月前に予約した乙女寿司@金沢




まずはお酒をいただきます。
ビールでもいいんだけど、美味い魚には間違いなく酒がいい。
銘柄などを指定するんではなくお店の一番スタンダードなお酒をお願いする。
オーダーの時は「お燗ください」でいいのだ。




地物の牡丹海老
お料理はおまかせでお願いする。
つけ台の上にガリとワサビが用意され、まずはコレから始まる。
北海道ではなく地物の牡丹海老。



細魚
春の魚、細魚。




梅貝
コレは「いかにも金沢」の梅貝。
今回の金沢訪問では何度もいただいた。
塩と酢橘で。
その歯ごたえと磯の香り。
妙味。




めじ鮪
皮目を炙っためじ鮪。
ボクはイマイチこのめじ鮪って奴を良しとしないんだけど、コレは美味かった。
この辺が鮨屋たる所以だろうね。




のどぐろの炙り
下衆な言い方をすれば「やばい」。
この言葉は好きじゃないけど、口をついてしまった。
のどぐろって、こんなに美味いのか。
ちょっとした感動どころではない感動がそこにはあったね。




牡丹海老の頭
最初に出て来た牡丹海老の頭は香ばしく焼かれて出て来た。
欲をかいて目のところまでかじってしまってジャリジャリしてしまったのは愛嬌。
コレも塩と酢橘でいただいた。




焼き河豚白子
え?嘘でしょ?!
鮨屋で河豚の白子??
しかも凄いクオリティの白子!
脱帽だ。




蛍烏賊の煮切り漬け
春の富山湾名物として有名な蛍烏賊だけど、もちろん能登半島でも揚がる。
そして生きたまま煮切りの中に放り込まれて漬かったこの逸品。
酒がすすむ。
でも、おつまみはココまで。
さ、握ってもらいます。




あおり烏賊
細かく格子状に包丁の入ったアオリイカのねっとりとした食感。
爽やかな酢橘と塩で。
この柑橘と塩の組み合わせで烏賊を食べさせるお店はよくあるけど、ココはそのビジュアルも素晴らしくてね。





産地などの説明はなかったけど、印象的だった鯵。
流行りののブランド鯵ではないだろうけど、この鯵は真っ当に美味いのですよ。
「鯵は味なり」っていうくらいだからね。



ズワイ蟹
きっと東京の鮨屋では邪道扱いされるだろう蟹の握りだけど、地物は別。
蟹の脚に蟹味噌をあしらってて、そのコンビネーションは実に妙なる味。
能登のズワイは加能ガニってブランドなのね。
間人とか松葉とか越前とか色んなブランドがあるけど、どれも美味いよね。
また京都の京丹波に蟹食べにだけ行く旅もいいなー。



鮪中とろ
鮪のとろもさすがに美味い。
東京銀座の(値段が)一流店の鮪はそりゃ凄いんだろうけど、そこまでは求めない。
このレベルで満足できないようになっちゃったら破産するw。



ガス海老
こんなプレゼンがありまして。
ネタケースの上に鎮座するガス海老さん。
日本海側でしか水揚げがなく、見てくれが不細工でアシも速いことから関東では無名だけど、地元では珍重されてるんですって。




そのガス海老
確かに甘エビ(あまり好きじゃない)よりも格段に香りもいいし、歯ごたえも楽しい。
コレは食べられてホントに良かったな。




雲丹
濃厚味わいの雲丹が出てくると、お終いが近いんだろうと感じてしまう。
しかしこの雲丹もまた率直にうまい。
咀嚼しながら鼻に抜けていくその香りがまた甘美。




お椀は蟹真丈のお味噌汁
あー、いよいよお終いがやってくる(泣
三つ葉と柚子皮の香りのコンビネーションと蟹真丈がフワッフワで嬉しいね。




能登産穴子
穴子の握りは甘味の軽いツメでいただく。
能登産の穴子は小さめが好まれる江戸前と違って大きなサイズが好まれるそうだ。
この穴子もほろっほろで、溶けるような味わい。
美味いね。




うなきゅうの手巻
最後にいただいたのは鰻と胡瓜の手巻。穴子のあと鰻ってのはまた面白いねぇ。
鰻と胡瓜の相性はうざくなんかで実証済みというか、当然の組み合わせなんだけど、鮨としていただくのは初めて。
こういう初体験の多い金沢鮨でありました。
という乙女寿司さん。
素晴らしかった。
こりゃリピート確定だね。
吞んで、つまんで、握ってもらって二人で諭吉2枚半程度とCPの満足度も高かった。
また絶対行きます!ごちそうさまでした!!


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
乙女寿司 (おとめずし)
TEL 076-231-7447
住所 石川県金沢市木倉町4-10
営業時間 12:00~14:00、17:00~22:00(夜と土曜の昼は予約が望ましい)

金沢まいもん寿司@金沢 回転寿しでもバカにできない


金沢に来たらやっぱり寿司でしょってことで、まずは小手調べの回転寿し。
金沢まいもん寿司 金沢駅西本店@金沢へお昼ご飯しにやって来た。

回転寿しに来たのはかなり久しぶり。
もう5年ぶりくらい。
ボクらが回転寿しに行かなくなったのは当然美味しくないから。
それはやっぱりあの全皿100円の店が原因。
ボクはロボットが握った寿司なんて喰いたくない。
当然ネタも不味いし、みんなが触るタッチパネルを食べながら触るの嫌だ。
でも、ココはちゃんと職人が握ってくれる。
それに、地物のちゃんとしたネタを使っている。
じゃ、久々に行ってみようか、と。



ヱビスビール
まずはヱビスビールで乾杯。
昼ビール最高!



おお!回ってる回ってるw


まいもんプレミアムランチ
お昼20食限定という「まいもんプレミアムランチ」をオーダー。
回ってる寿司やお好み注文はしないことにした。



まいもんプレミアムランチ到着!!
きた!コレがまいもんプレミアムランチの全貌だっ!




牡丹海老
サーモンとろ
中とろ
生イカ
ぶりとろ
肝付かわはぎ



あじ
うなぎ
かに身
梅貝
うに
いくら



浅じめ〆鯖
お好みで追加した〆鯖。
おすすめされて食べてみたけど、それほどでもなかったかなw



アラ汁
海老の頭が豪華な感じのアラ汁なんだけど、コレがかなりの具沢山で贅沢な一品だった。
もちろん出汁味も濃厚で、なんならコレがココで一番美味かったかもしれん。
そんな金沢まいもん寿司 金沢駅西本店@金沢でありました。
本当はエキナカのまいもん寿司に行く予定だったんだけど、北陸新幹線の駅舎建築中ということでクローズしてたんだよね。
仕方なくタクシーで回転寿しっていうちょっと贅沢な感じになっちゃった。
ごちそうさんでした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
金沢まいもん寿司 金沢駅西本店 (かなざわまいもんずし)
TEL・076-234-1144
住所 石川県金沢市駅西新町3-20-7
営業時間 平日11:00〜21:30
土日祝 11:00〜22:00
定休日 無休

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。