凡人-呑喰散歩き

2014初夏グアム旅行記<7> さ、帰国 。。。

☆☆☆2014初夏グアム旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆

楽しい時間にも必ず終わりがやって来る。
旅でいうなら帰路に就くこと。
午後3時55分と比較的遅い時間のフライトだから、午前中はプールで最後の悪あがきじゃないけど、のんびり過ごした。




結局4日間の滞在で一滴も降ることなく快晴で暑い日々だった。
部屋のバルコニーから見たこの景色も見納めと思うとやっぱり寂しいね。




チェックアウトしようと部屋を出ると壁にはこいつが。
別れを惜しんでくれてるんだろか?
じゃーな、ゲッコー




空港まではホテルの送迎付きだから楽チン。
余計な手間はなんにもなかった今回の旅だったね。

空港での腹ごしらえはスパムおむすびとミラーの生



さ、間もなく搭乗。
DL618
B757-200
Guam - Tokyo(Narita)
15:55dep - 18:45arr




今回、ものは試しでデルタのエコノミーコンフォートにしてみた。
エコノミー+2000円で通常より広いシートピッチと優先搭乗にスピリッツを含むアルコール飲料も。
ま、こんな短距離路線じゃビールしか吞まないからスピリッツはアレだけど、優先搭乗はなかなか素晴らしい。




レッグルームもこの通り。
足伸ばして楽チンなのもそうだけど、何より3-3配列のナローボディー機ではトイレに行くのに気を使う所.
だけど、コレならそれがないだけでも2000円の価値ありだわ。
ま、最前列を押さえることが大前提だけど、それ以外のエコノミーコンフォートでも後ろより若干広いみたい。





プッシュバックからタキシング。
コレくらいの規模の空港だと動き出してから飛ぶまでが早くていいよね。




テイクオフ!
バイバイGuam!!




終始安定したフライトだった。ミールサービスと共にビールをいただく。
行きはスーパードライだったけど、帰りはプレモル




ミールの外観はこんな感じ。




チョイスはなく否応なしにコレが出てくる。
テリヤキチキンかなんかだったような気がするけど、失念。
ま、その程度だったんだろねw。




コールスローは結構美味かった。



千葉県上空に入ったようです。




成田到着は20分程早着。
サクサクと降機してイミグレもあっさり通って、バッゲージもプライオリティかと思う程すぐ出て来て・・・。
おいおい!順調過ぎて怖いわ!!



で、気がつけば18:58発のスカイライナーに乗れてしまうという!!
あまりにも順調すぎるんだけど、乗り継ぎもばっちりで自宅には20時半に着くというね。



そんな6月のグアム旅。
6月の北マリアナ。
雨期に入る前の時期はお勧めです。
金曜日1日休みが取れるなら、国内旅行と同じ感覚で行けるし、なんなら沖縄辺りに行くよりラグジュアリーなプランニングが出来るかも。
さ、新しい旅行記の前に終わることが出来て良かったよかった。
☆☆☆2014初夏グアム旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆

スポンサーサイト

2014初夏グアム旅行記<6> The Point @Sheraton Lagoona Resort しっぽり夕食吞み


☆☆☆2014初夏グアム旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆


最終日の夜はシェラトンホテルのメインバーラウンジであるThe Point@Sheraton Lagoona Resortで吞むことに。
正直、ココのホテルの予約を嫁さんが進めている時、トリップアドバイザーの酷評っぷりを見るにつけ、こりゃヤバいぞ!絶対ヤバいぞ、と。
あんだけボロクソに書かれてるのを見ると覚悟を決めなきゃいけないくらいの精神状態になっちゃうんだけど、いざ現地入りしたら全然及第点。
そりゃ、食べ物に関しては落第だけど、それはこの島全体に言えることだし、滞在中に嫌な思いしたのはルームサービスを頼んだらあまりにも遅くて、催促したら1時間近くたってるのに15分しかたってないと云う返答をされた時ぐらいか。
あ、あと、プールサイドで「あにょはせよ〜」ってウエイターにいわれた時(怒



バドワイザー
5スターホテルのバーでもビールはボトルだけでてくるのがアメリンな証拠か。
ホントはグラスが欲しかった。
ま、今回の旅で久々にバドとかクアーズとかコロナを吞んだ。
ま、この先しばらくは吞まないだろうけどw。




シンガポールスタイルのシーフードヌードル
大きな海老がたっぷりのアジアンな焼きそば。こういうのは外れなく美味しいね




シーバス・リーガル
シングルを水割りでお願いしたけど、結構濃いめで嬉しい誤算。結局2杯おかわり。






前菜の盛り合わせ
ちょっと洒落たピンチョスの盛り合わせ。
腹を満たすのではくあくまでお酒のお供。
吞んで、軽く食べて後は売店で何か買って部屋でねって。




そんなグアム滞在も今夜限り。
寝て起きたら朝ご飯食べてパッキングして空港へ。
名残惜しい。
けど、コレくらい軽いフットワークで海外行くのって、それはそれでスマートな感じしませんか?
3日休めりゃ海外へって。


エレベーターに乗ろうとすると壁にゲッコーが。
今回の旅で何度か会ったね。
ゲッコーと云えばIshii Breweryの「ミナゴフ」を吞めなかったのが心残りであります。翌日は帰国です。
つづく。。。

☆☆☆2014初夏グアム旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆

2014初夏グアム旅行記<5> グアム唯一の醸造パブ


マリンアクティビティを存分に楽しんだ後は、お楽しみのThe Mermaid Tavern and Grilleへやって来た。
グアム島で唯一の醸造所併設のビアバーで、その名の通り人魚がシンボルなのね。
ココの醸造所は看板にある通り「Great Deep Brewing 」っていう名称でいいのかな。 




店内はこんな雰囲気。
カウンターはL字型で結構長くてスツールはなかなか幅広。
ボクらはテーブル席陣取った




ボクらの陣取ったそのテーブル席の後ろにまさに醸造施設がある。
店内がブリュワリー。
本当にマイクロブリュワリーって言葉が当てはまるね。




Men'hita India Pale Ale
まずはやっぱりMen'hita IPAでSTART。
アマリロとカスケードっていういかにもなホップの香りのアメリカンIPAだね。
暑い中だから美味いねぇ。
あ、勿論店内は涼しいよ。




Buffalo Wings
ココもやはり定番で攻めよう。
バッファローウィングをピリ辛のHot Sauceでいただく。
勿論、傍らにはブルーチーズのドレッシング。
付け合わせはニンジンにキュウリ、セロリのスティック。





手羽元も良いんだけど、手羽中がいいよねぇ。
そうは言っても手羽先も捨てがたいよねぇ。。
つか、手羽って美味いよね。。。


Dos Amantes Irish Red Ale
続いてアイリッシュレッドエールを。
コレもまた厚みのある味わいで、ホップがフルーティー。
なかなか好みの味だった。



Shredded Chicken Sandwich topped with Stout & Sriracha BBQ Sauce Served with Fries
コレがこの日のランチスペシャルなんだけど、衝撃的なまでに強烈だった!!
$10,50というプライスタグは決して安くない。
だって腰抜かすほど不味いんだもんwww
シュレッドされた鶏肉とパンは驚く程バッサバサで、ひとくち口に入れると口の中の水分を全部吸い取っちゃうから咀嚼も嚥下も出来ないw。
得体の知れないスタウト&シラチャーソースはまあ悪くなかった記憶があるけど、なんにせよこのパンの方が凄かった。。。
食べきるのに苦慮するのは久々だったわ。
フライズはいわゆるポテトウェッジズで、コレにケチャップを付けて食べるのは美味かった。



Vanilla Stout最後にこのヴァニラスタウトをいただいておしまい。
なかなかコーヒー的な香ばしさの中に、ほんのり香るヴァニラの甘い香りが調和したいいスタウトだったね

もうちょっと吞めたけど、この辺で〆てホテルに戻るために歩き出す。



ヨハネパウロ2世像
前のローマ法王であるヨハネパウロ2世がグアムを訪れた記念に建てられた銅像。
ヨハネパウロって英語だとジョンポールだよね。
ジョンとポール。
♪She Loves You yeah yeah yeahってね。



Dulce Nombre de Maria Cathedral Basilica聖母マリア大聖堂
白亜の聖堂はスペイン統治時代からカトリックの多いグアムの信仰のシンボルか。
青空と白い建物のコントラストが凄くきれい。




チャモロビレッジ
ココまで歩いて来て路線バスに乗ろうと思ってたけど、路線バスが45分先・・・。
で、仕方ないさっきのお店に戻ってタクシーを呼んでもらう。
炎天下を歩いて折角のビールの酔いはすっかり抜けてたというね。
ふう。




ホテルに戻ってバルコニーからサンセット撮影タイム。幸運にも西側の部屋だったから沈みゆく太陽を眺めて暫しうっとりですよ。






暮れゆく夕べの空を眺めながら晩ご飯どうするかを思案する。
あんまりお腹へってないし、もうホテル内バーラウンジでいいか、と。
ロビー横のバーラウンジに行くことにしましたよ。
つづく。

2014初夏グアム旅行記<4> 水中バイクBOBとシュノーケリングを


☆☆☆2014初夏グアム旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆

3泊4日のグアム旅3日目。
たった4日(しかも深夜到着)の短いヴァケーションではありますが内容濃いめでいきますよ。
やっぱり6月のグアムの一番のメリットは人が少なくてアクティビティが余裕で予約でき、インストラクターも当然手厚く対応してくれるところ。だから今回はパラダイスアクアさん水中バイクBOBなるアクティビティに挑戦してみた!

朝は6時半から早めに朝食をとって、8時45分のピックアップに備える。
前日同様食事の質には閉口気味・・・。




ホテルのロビーに送迎の人が来て、車に乗込む。
もう1組、日本人のカップルを他のホテルでピックアップして走ること40分くらいかな。
結構な凹凸のダートを通って着いたのはアプラ湾のビーチ。



コレが水中バイク。
シーウォーカーのバイク版って感じね。
眼鏡の人もコンタクトレンズの人も安心だし、出るスピードも徒歩程度。
インストラクターのダイバーさんが先導してくれるからハンデキャップの人も出来るんだとか。
10分程の講習というか説明を受けて、早速海の中へ。




水深5m程度まで行ける。
大物はいないけど、小魚はかなりの魚影で文字通りうじゃうじゃいる。
やっぱりスズメダイ系が多いけど、まず迎えてくれたのはオヤビッチャ。
そう、やっぱりオヤビッチャ


嫁さんが撮った写真。
なんともユーモラスなお顔になってしまったこのお魚、前からだと種類の判別が難しいね。



水中バイクBOBに乗ってる様子はこんな感じ。
インストラクターのダイバーさんから恐らく缶詰のソーセージをひと切れ手渡され、餌付けをして楽しんでいたら嫁さんの乗ったバイクとくっつけられてカメラを取り上げられこんな写真を撮られた。
勿論数枚の写真を撮ってくれててちゃんと顔が映ってるんだけど、コレはお魚さんたちがいい感じで顔を隠してくれたのでwココで採用w。



クジャクスズメダイミヤコキンセンスズメダイ(?)スノーケリングをしながら撮った写真を。
水中用のコンデジは10m程度の水深までしか耐えられないので、ダイビングには向かないからスノーケリング専用だね。
ハウジングを買おうかどうかは・・・だけども。




セナスジベラトゲチョウチョウウオ南国っぽい魚が一杯いるのが素晴らしいね。
水温も高くて30℃近くあるよ。


ムラサメモンガラムラサメモンガラは繁殖期に自分の縄張りに入ってくるものを攻撃する習性があって、その攻撃手段は噛み付き!
繁殖期が夏だからその時期は要注意。
珊瑚礁のスアレスだw




トゲチョウチョウウオチョウチョウウオははカップルで行動することが多いんだって。
熱帯魚として人気があって飼育してる人も多いんだとか。




スダレチョウチョウウオ
模様の違いで結構な種類があるチョウチョウウオ。


スダレチョウチョウウオクラカオスズメダイ
やっぱ、基本浅瀬だとスズメダイ系が多いんだよねぇ。
このクラオカスズメダイはオヤビッチャそっくりだけど、黒い縞の数


これはヨツメトラギスかなん〜なんだろ?
トラギスかハゼの仲間って感じだけどね。
いっぱい写真撮ったけど、同じような魚ばっかりだったw。
でもすげー楽しかった。
真水シャワー(っても陽ざしでタンクが温まってるから温水だよ)を浴びてさっぱりしたら、おしまい。

午前中だけのツアーだったから12時過ぎにはホテルに戻って午後の予定をこなす。さー、ビールのみに行くぜ!!

☆☆☆2014初夏グアム旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆

2014初夏グアム旅行記<3>シーカヤックに挑戦!

☆☆☆2014初夏グアム旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆

ひょっこりひょうたん島?そう、アルパット島は1960年代にNHKで放送されたミュージカル人形劇のモデルになったそうで。
その島は無人島なんだけど、ホテルの脇からカヤックで10分程の距離。
それも相当のんびり行って10分。
近い近い。



シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾートの外観。
テニスコートの脇を通ってISA Aqua Sportというマリンアクティビティのショップへ直接行く。
ホテルのコンシェルジュに聞くと、予約の必要はないから直接行け、と。
そしたら・・・

「30分待ちだ」

え??マジかよ。
この炎天下30分待ちって!仕方ねぇって、日陰で待ってるとものの5分程で「用意ができたよ〜」ってw。
いい加減なんだか、なんなんだか。
ま、結果オーライ。




このアルパット島を目指すわけだけど。
嫁さんはカヤック初めてってことで、タンデム(二人乗り)で行けと。




ボクが後ろに乗ってオールを漕いで、嫁さんは前に乗ってらくちんという不条理。
だからこの辺の写真は嫁さんが撮ったもの。




アルパット島上陸!!




どや!




海の透明度はこんなもん。判りづらいけど、コレでひざまでくらいの水深。




んじゃ、海の中を見てみよう!
これはクロスズメダイかな?



これはシマハギと奥の方にムラサメモンガラがいるね。




1時間程度を目安に帰ってこいってことだったんだけど、あっという間の1時間。
さ、帰りましょう。
ホテルの方へ向かってカヤックを漕ぎ出します。




いい天気だなぁ!
スカイダイビングをする飛行機かしら?




帰ってきてお兄さんにお礼を言って部屋に戻りますよ。




部屋に戻ったらやろうと思ってたジャグジーでスパークリングワイン
「ナポレオン」と云う名のカリフォルニア・シャンパーニュ・・・。
ほう。最近はカリフォルニア州にシャンパーニュ地方が出来たのか、あるいはシャンパーニュにカリフォルニアっていうメゾンが出来たのかw。
ま、アメリカにAOCはないからね。




で、そいつをグラスに注いでバルコニーのジャグジーへ!!・・・って、暑くて無理。
これは無理だって。
気温34℃で屋根なしの直射日光w。
や、時間も4時半だし、そんなら涼しい所へ。




ってなわけでクラブラウンジへ。
なぜ時間が4時半だからかと云うと、4時からクラブラウンジがカクテルタイムになるからでーす!
早速バドワイザーをぷしゅっ。




ハードリカーやワインもフリーフローだから、



ジントニック(濃いめ)など作って吞んだり、



お料理も簡単なものだけど、野菜スティック的なものや、



チーズ類



なんか唐揚げ的なものもあったから



こんな盛り合わせでバドライトぷしゅっ。
そんなグアム満喫中の2日目夕方。


☆☆☆2014初夏グアム旅行記の記事一覧はこちら☆☆☆

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。