凡人-呑喰散歩き

食事処やはぎ@大沢温泉自炊部 これが「THE 鄙(ひな)びた温泉場」だっ!

エントランス
岩手旅の最後の夜は大沢温泉自炊部に宿泊。
花巻駅から花巻温泉郷の各温泉への乗り合い送迎バスに乗って20分ほどで到着。



番傘
1日目の夜は盛岡のビジネスホテル。
2日目の夜は雫石の山奥、銀河高原ビールと温泉の宿。
そして3日目はこの「The 鄙(ひな)びた温泉場」である大沢温泉の自炊部をチョイスしたのは「こういうところ」に泊まってみたかったからw。

いわゆる昔ながらの湯治場的な感じで、食材等が売ってる売店があって、そこで購入したものを各々で調理して食べることもできる。
もちろん、食事処もあってそこでいただくこともできる。
時期が時期だけに外に出て行くことはないんだけど、周辺には熱海や伊香保にありそうなスナックとかスマートボールとかストリップ劇場なんかはなさそうだったな。



客室はコタツとストーブ
客室はコタツとストーブ
客室は廊下と部屋がふすま一枚だけで遮られてて、中からも外からも音はまる聞こえ。
そしてこの頃ボクのiPhoneはテザリングのしすぎて通信量超過で速度規制をかけられてたんだよね。
128Kbpsとかで嫌んなるほど遅くてねw。



窓から見た外
窓から見た外はこんな感じで・・・



窓から見た外2
反対側はこんな感じ。
左側に見える橋の下には混浴露天風呂がある。
ボクは入らなかったけど、きっと男ばっかりなんだろうw(女性専用タイムがあるんだけどコレ、外から丸見えなんだよねw)

大沢温泉は5つのお風呂があって、ボクはそのうち3つに入った。
お湯はとても良いね。




黒ラベル
湯上りは食事処やはぎで。
まずは温泉でのぼせて乾いた喉を潤すサッポロ黒ラベルを。
この食事処で食べてもいいし、部屋に出前をすることもできる(一品につき+50円)。





焼きそば
焼きそば
鉄板に乗って熱々ジュージュー状態でサーブされる。
オーダーの時に女性の店員さんが言ってたけど、確かにボリュームが結構ある。
この焼きそばも見た目以上にボリューミーである。




唐揚げ
唐揚げ
うちの嫁さんは品書きに「唐揚げ」とあると頼まずにいられない重度の唐揚げ中毒患者で、この日も発作が出た。
そして、上の焼きそばがそれなりにボリュームがあったところに持ってきてこの唐揚げも3人前はあろうかって量でさ。
腹にはなんなら昼のわんこそばがズッシリとその余韻を残しているという状況下。
本当はこれに「ひっつみ汁定食も頼もうか?」などと話していたのだけど愚か者ですな。
そんなに食えるわけないw。
さらに生ビールとお銚子をお願いしてこいつら肴に飲んだら結構満腹でやんの。




雪っこ
雪っこ 活性原酒
大沢温泉自炊部にある売店で買っておいた岩手県産・酔仙酒造の白い活性原酒雪っこ。
食後に部屋で呑もうと思いを窓の外に置いて冷やしておいた。
これ飲んでこの日はおやすみなさ〜い。





にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト

やぶ屋@花巻でわんこそば〜林風舎でカフェ休憩

朝食
ホテル森の風 沢内銀河高原で一夜を過ごし、翌朝は5時に起きて豪雪の露天風呂を独り占めすべく大浴場へ。
掛け湯をして露天風呂へ行くその5〜10歩がムチャクチャ寒いw。
ゆっくりと30分以上湯に浸かってコーヒー牛乳を飲んでマッサージチェアで極楽タイム。

しばらくして朝食タイム。
朝食バイキングの売りは炭火で炙られたベーコンと和洋とりどりのおかず。
が、この日のお昼はわんこそばと決めていたので軽めにw。

チェックアウト後はバスで盛岡へ。



快速はまゆり キハ110系
快速はまゆり キハ110系
盛岡から花巻までは快速はまゆりで30分弱。
ロングシートではなく回転式リクライニングシートを装備してる車両。
・・・ってことは。


黒ラベル
黒ラベルかんぱーい
呑むよね、やっぱw
乗り物の中で呑むビールはいつもの3割増しで美味い!



花巻駅
そんなこんなで花巻到着。
花巻といえば宮沢賢治。
宮沢賢治ってボクはほとんど予備知識なし。
石川啄木も岩手の偉人なんだけど、かたやブルジョア出身の賢治と貧困層の啄木。
啄木の「はたらけど〜」のイメージと、賢治の「アメニモマケズ」のイメージで共に貧困層だと勝手に思ってた。

それから、花巻の街は何でもかんでも「賢治ガー、イーハトーブガー、銀河鉄道ガー」と一辺倒。
その依存度たるや・・・・。




やぶ屋@花巻
やぶ屋@花巻
ま、ご多分に漏れず「賢治が通った」といううたい文句につられてこちらへ訪問。
土曜のお昼ということもあって混み合ってて、わんこそばは30分待ちと言われる。
わんこそばでなければすぐ着席だったんだけど、ここまで来てわんこそばを諦めるのもね。



心得
待つこと30分。
やっと席に案内される。

席に用意されている紙製の前掛けをつけてスタンバイ。




薬味とか1
まずは薬味や刺身なんかの類がでてくる。
刻んだ漬物、なめこおろし、すじこ、イカの塩辛、マグロの刺身ね。

たくさんの薬味はひたすら蕎麦で飽きがこないよう味に変化をつけるためにいろいろ用意されてるんだろうね。



薬味とか2
椀のふた上にも薬味類が。
海苔、ねぎ、鰹節、紅葉おろし。

さー始まりますよ。



一回の量はこれくらい
1回の量はこれくらい
これ10杯でかけ蕎麦1杯の量なんだそうで。

よくテレビなんかで出てくる早食いみたいに女中さんがガンガンお椀の中に麺を放り込んでいくのではないのね。
ちゃんと味わってゆっくり食べることもできる。
椀を差し出さないと結構高いところから投げ入れる感じになるからツユが跳ねるね。

あと、勝手に冷たいもんだと思いこんでたら、ほんのりあったかいのもちょっと驚きだった。




70杯食いました
70杯食いました
かけ蕎麦7杯分相当。
さすがに満腹しましたね。
そして、まあ1回でいいなって感じ。
何よりもたいして美味くないってのが致命的www


大食い認定書
大食い認定書
70杯以上食うとこの大食い認定書がもらえる。
だからどうしたて話だけどw、記念にはなった。



林風舎
林風舎@花巻
宮沢賢治の弟、清六さんのお孫さんが経営するという賢治グッズのお店。
その2階がカフェになってるということで、移動のバスの時間まで休憩することに。




2階フロア
その2階フロア
なんとも素敵なフロアですよ、ここは。
ゆったりと深めのソファに腰を下ろしてのんびりとする。



コーヒー
僕はコーヒーを
宮沢賢治といえばフクロウなんだそうな。
浅識なボクは存じ上げないんだけど、そうなんだ。ふーん。
おいしいコーヒーでしたよ。



花巻駅に戻ると雪が
このあとボクらはバスに乗って大沢温泉に向かうのです。
花巻駅から無料の送迎バスがあるのでそれを待ってるとまた雪が・・・。

・・・って、駅のホームSL銀河ドリーム号がっ!!
まさかC58も見られるのか?!
って期待したけど、DE10かなんかだったわw


にほんブログ村 旅行ブログへ

ホテル森の風・沢内銀河高原@沢内で銀河高原ビール飲み放題

エントランス
今回の岩手旅のきっかけになったのは、このホテル森の風・沢内銀河高原のお得な宿泊プランを嫁さんにプッシュされたことだった。

平日限定ではあったけれども・・・


なんと・・・
★夕食時は隣の工場で作られている、工場できたて【銀河高原ビール(生)】はもちろん、日本酒やソフトドリンクも90分飲み放題!
★広く開放感ある天井の高いロフト付和洋室。
★露天風呂・沢内銀河高原温泉『かたくりの湯』。大浴場にはサウナも有り。
★盛岡駅から無料送迎サービスあり!
★もちろん朝食バイキング付き!


・・・で、9500円!!!
破格!!!





collage
盛岡駅から無料送迎バスに乗り込み雫石方面へひた走り、途中の系列ホテル「ホテル森の風鶯宿」でボクら以外1組の夫婦を除く全てのお客さんを降ろす。
で、ボクらはミニバンに乗り換えて更に山奥へ。
道中は体験したことのないような雪道と吹雪の悪視界に恐々としながら30分ほどで宿に到着。

ホテルのフロントでは当然のように銀河高原ビールが販売されていて、ロビーには薪ストーブがムード作りに一役買っている。

和洋室の部屋は前述の通りものすごく広い。
ツインベッドに座敷のリビングが別にあって、更にロフトの上にはもう一つのツインベッドルームになっている。
ロフトも合わせれば50㎡はあるんじゃなかろうかね。

ボクらの他に宿泊客はもう二組だけで、温泉はよほどでない限り貸切状態。
雪の中で入る露天風呂は最高の気分だった。

ひと風呂浴びた後は食事処で夕食となる。



銀河高原ビール ペールエール
夕食は同じ敷地内に隣接する銀河高原ビール工場の出来立て生ビールが飲み放題。
ペールエール、アルト、ヴァイツェン、スタウト、小麦のビールだったかな。

まずはペールエールをいただいた。
というか、立て続けに4杯はペールエールにしたと思うw。



岩手県産鱈の昆布〆
前菜は岩手県産鱈の昆布〆
上品な佇まいだね。
ここの食事処はかなり照明が控えめで雰囲気がいいんだけど、撮影するのは結構辛いもんがあったw




前沢牛入り銀河高原オリジナルソーセージ
前沢牛入り銀河高原オリジナルソーセージ
いかにもビアレストラン的な感じだけど、なかなか出来のいいソーセージ。
普通に美味しくいただいたけど、牛肉感はあまり感じなかったね。



自家製凍み大根と身欠き鰊の田舎煮
自家製凍み大根と身欠き鰊の田舎煮
なんとも東北の田舎料理って感じで。
地味だけどほっこりするね。




帆立稚貝の酒蒸し
帆立稚貝の酒蒸し




銀河高原スタウト
銀河高原スタウト
ここでスタウトをいただく。
かなり香ばしい焙煎香がする。
軽さはあまりなくって重厚なスタウトって印象。



ビーフステーキ ガーリックオニオンソース
ビーフステーキ ガーリックオニオンソース
メインはビーフステーキなんだけど、メニューには「牛脂注入肉を使用してます」と正直に表記w。
ま、この値付けで前沢牛とか出されたら恐縮しちゃうし、なんなら「ほんとかよ?」って疑ってしまいそうなところだからね。
ソースも付け合せも美味しくいただけました。




西わらびのお浸し
西わらびのお浸し
和洋折衷な献立だね。
でも地味だな〜。




天婦羅盛り合わせ
天婦羅盛り合わせ
結構食べたのにまだ出てくるよ。
ボリュームは半端ない。
ボクんちみたいに小食な夫婦だと残しちゃうと思う。



酒もいただく
酒もいただく
酒の銘柄は失念。
純米酒だったはず。




フカヒレ入り茶碗蒸し
フカヒレ入り茶碗蒸し



漬物
お漬物
漬物はこのタイミングで出てきたのではなく、実は最初から出てきてたw
赤カブと大根ね。



岩手県産ひとめぼれと南部せんべい汁
岩手県産ひとめぼれと南部せんべい汁
南部せんべい汁は初体験。
B-1グランプリなんかで話題になってたのは知ってたけどね。
・・・ま、一回でいいかなw



ウイスキー
ウイスキーもいただく
食後酒にウイスキーを。



西和賀名物 ビスケットの天婦羅 バニラアイス添え
西和賀名物 ビスケットの天婦羅 バニラアイス添え
デザートをいただいておしまい。
これだけ喰って呑んでして、あの広い客室で、温泉ほぼ貸切状態で雪見露天風呂で9500円だもんね。
そりゃあんた、飛びつきますわな。

そんな岩手旅2日目の夜は更けていったのでした・・・。

〜個人的メモ〜
この記事から画像サイズを幅900ピクセルにしてみた(コラージュを除く)


にほんブログ村 旅行ブログへ

盛楼閣@盛岡で冷麺をっ!

冷麺2
さて、岩手旅2日目。
盛岡の名物って言えばやっぱり冷麺ですわな。
で、ちょこっとリサーチしまして。
お店は決めておいたの。


窓の外やばい・・・
2月13日の朝、ホテルのダイニングでで朝食を済ませてチェックアウトまで部屋で暫しのくつろぎタイム。
カーテンを開けると外は吹雪いてて「わお!」ってなった。

でも、チェックアウトの時間には晴れ間も見えるほどでね。
ってわけで盛岡駅まで行って荷物をコインロッカーに預けてお店へ向かいます。



看板
盛楼閣@盛岡
あ・・・パチンコ屋の上にある・・・。
ま、朝鮮料理だからね・・・・。


食道園なるお店が盛岡冷麺発祥のお店らしいんだけど、世間に盛岡冷麺を知らしめたのがここ盛楼閣なんだそうな。



黒ラベル
瓶ビールはサッポロ黒ラベル
さっきまで吹雪いていようが、気温が−2℃だろうが頼むのはやっぱりビールでしょ。
冷麺の到着を待つ間に喉を潤すとする。



冷麺1
冷麺!


冷麺3
辛味は別にするのが「通」なんだそうだけど、お任せで辛くしてもらうよりも調節できる方がいいもんね。
だから、今回は「辛味別」にした。


リフトアップ
リフトアップ
翌々日に有名な別店にて再び冷麺を食すんだけど、断然こっちの方が美味い。
これは「流石」としか言いようがない。

次回があるとすれば、しっかり焼肉もいただいてその〆に冷麺とイきたいところだね!
うまかった。
ごちそうさま。

にほんブログ村 旅行ブログへ

三陸海鮮料理 沖菜@盛岡 初日の2軒目は三陸海の幸



メニュー黒板
盛岡初夜の第一弾はビアパブ・ベアレンで美味しいビールを飲んで下地作りを終えて、この夜宿泊するホテルへ戻った。
そのホテルの真ん前にある地元の評判店三陸海鮮料理・沖菜@盛岡へ訪問することに。

雪が雨交じりになってきた頃合いだったからか雪よりも寒さが染み入るような夜。
座敷に案内され、この黒板を女将さんが持ってきてボクらを迎えてくれる。
とっても魅力的な文字列だね、これ。



ベニズワイガニ
お通しはベニズワイガニ
お通しがこれですよ。
思わず「おお!」て声出ちゃったw。
ま、でもお通しクオリティです。
正直スカスカだしねw。



お酒は南部美人の純吟
南部美人の純吟
ひとしきりビールはいただいたので、お酒をお願いしました。
お刺身を頼もうと思っていたので、ここはやっぱりお酒一択ですね。


刺身盛り合わせ
刺身の盛り合わせ
おまかせの刺身の盛り合わせは、黒板の中から「これとこれが入るよ!」って前もって教えてくれますが、基本的に好き嫌いのない我が家はおまかせで何が出てくるかワクワクするのが好きですね。
・近海本鮪のとろ
・真鯛
・平目
・生鯖
・縞鯵
の5種盛り。
氷がたくさん入った鉢に盛り付けられて出てきました。



結構な鮪のトロ
こんなすごい本鮪のトロが入ってます!!


馬タン刺身
馬タン刺し
僕にとって一番美味しい獣肉のタン刺しは問答無用で「馬」だね。
焼いて食べるなら豚の方がうまいけど、生なら間違い無く馬。
これもすごく美味しかった。


ふく白子焼き
ふく白子焼き
僅かに1200円でふくの白子焼きがいただけるのであれば、そりゃお願いするよね。
で、出てきた白子焼き。
・・・・。
まぁ、こんなもんか。
思い描いてたふく白子の味や香りとはかけ離れてたけど、これならタラの白子の方が10倍美味いわ。

ま、不満も無きにしも非ずだったけど。
お刺身のクオリティは高いし、接客もよろしいお店でした。
ただ、お通しが高いしクオリティが低いとがっかりしちゃうね。
悪くはなかったけど色々と一長一短なお店だったかな。


にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 酒ブログへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。