凡人-呑喰散歩き

さかなやST@新板橋 毎度毎度、問答無用の素晴らしき絶品魚尽くしに身をよじったというお話

th_DSC02347.jpg

さかなやST@新板橋 問答無用の素晴らしき絶品魚尽くしに身をよじったというお話





毎度おなじみさかなやST@新板橋でありまして。
もう語り尽くした感もあるわけですが、STさんに行くたんびに帰り道は「やっぱすげーな、ST」ってなる。
なかなかこんなお店ないよね。
ほんと稀有な店よ。

th_DSC02383.jpg
サッポロ生ビール、かんぱーい
「とりあえずビール」は常套手段。
ま、いっとこうよ生ビール。
かんぱーい!!
お料理はいつものように「おまかせ」でお願いします!

th_DSC02334.jpg
香箱がに!
th_DSC02332.jpg
初っ端から出て来やがりましたよ、香箱がに。
産地によって呼び方違うみたいだけど、メスのズワイガニを「セコガニ」or「香箱がに」と呼ぶね。
メスのズワイガニって、なんといってもこのオレンジ色の内子が美味いんだよねー。
翻って、茶色い外子は何が美味いのかボクにはサッパリわかりませんがw

th_DSC02342.jpg
なまこ!!
ナマコもまたボクの大好物の一つ!
本当に美味しい。

th_DSC02326.jpg
尾瀬の雪どけ 純米大吟醸
ナマコだったらやっぱ日本酒だねってことで、まずはオゼユキ。
スッキリした甘みの美味しいお酒だったね。

th_DSC02350.jpg
さあ、刺身盛り合わせは9点盛り
ヒゲソリダイ
石鰈
南鮪
板屋貝
金目鯛

メジ鮪
スルメ烏賊


th_DSC02344.jpg
三井の寿 純米吟醸大辛口 山田錦
お酒追加します!

th_DSC02355.jpg
出色は金目鯛か
どいつもこいつもうまかったんだけど、出色のうまさは金目かな。
金目の刺身って味が濃いから、そんなに食べられないけど、ひと切れだと「もうちょっと食べたい!」感が良い感じなんだよねぇ。

th_DSC02359.jpg
〆鯖のガリ和え
篠峯 雄町純米吟醸 凛々 無濾過生原酒
酒の肴として実に秀逸な〆鯖のガリ和え・・・。
そして奈良のお酒、篠峯。
美味しです。

th_DSC02368.jpg
焼き白子
th_DSC02371.jpg
あんまりにもそのルックスが艶かしいからもう1枚貼っちゃう!
こういうの堪らないよね。

th_DSC02373.jpg
釣りキンキの塩焼き
STのスペシャリテのひとつ。
これは嫁さんと二人で1尾なんだけど、まあ毎度取り合いになるねw。
小田和正じゃないけど「美味しくて言葉にできない」っすわ。

th_DSC02387.jpg
このタイミングでまたビールw
日本酒続けると喉乾くんだよねw
だからこういうタイミングでビール飲むと美味いんだよ。

th_DSC02397.jpg
平貝の磯辺焼き
美味すぎて死ぬ。
いや、死なないけどw

th_DSC02388.jpg
鰯のマリネ
そろそろお腹がFullでありまして。
でもなお美味しく食べられたから、この鰯のマリネは極々美味しかったんだろうね。

th_DSC02395.jpg
東一 黒糖梅酒 Bemolle
嫁さんが頼んだ梅酒。
米焼酎をベースに氷砂糖のかわりに黒糖を使用したという梅酒。
オンザロックでいただきます。
コクの中に確かに香る黒糖の馥郁たる甘みがよろしいねぇ。
「Bemolle(ベモーレ)」ってのは音楽用語で「半音下げ」っていう意味なのよ。

th_DSC02409.jpg
さ、〆です

th_DSC02416.jpg
しじみ汁
呑兵衛には嬉しい食事の時のしじみ汁。
オルニチン〜〜♪

th_DSC02418.jpg
山ワサビを炊きたて白飯にたっぷり塗ってもみ海苔を散らし、醤油をかけ回す。
毎度おなじみSTの酔い覚まし〆ご飯。
これ食べるとおしまいなのが毎度さみしいけど、やっぱりこの時点で腹はち切れんばかりに満腹。

どれもこれも素晴らしいお料理でございました。
また近々に伺います!!
ごちそうさまでした。

th_DSC02325.jpg
さかなやST
東京都板橋区板橋4-4-3片岡ビル1F
03-3964-7470
月~土 17:00~24:00
日 17:15~23:00(おつまみ、お酒ALL500円の特別営業)
休:無休





にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

スポンサーサイト

とんかつ山家(やまべ)@上野 大人気の行列とんかつ店で満腹になったお話

とんかつ山家@上野

とんかつ山家(やまべ)@上野 大人気の行列とんかつ店で満腹になったお話






のれん
とんかつ山家@上野
上野のABABの裏手あたりにある行列のできるとんかつ屋、山家。
ボクらは土曜日のお昼、開店15分前くらいに店頭に着いたんだけど、既に7〜8人ほどの行列ができてて、開店時間にかけて後続も7〜8人ほどが接続。
その行列の源泉は価格に対してボリュームが多い点。
つまりいわゆるハイコストパフォーマンスというやつ。
11:00の開店と同時に満席、凄いね。
まあ、比較的回転も早いだろうから、長時間並ぶことはないと思うけどね。

茶
まずは茶とお新香がおいでになる
2階のテーブル席に案内され、席に着くとお茶とお新香が出てくる。
このお新香はビールのアテになるな、ふふふ・・・とほくそ笑む。

キリンラガー
キリンラガー
瓶ビールをお願いしまして、午前11時からビールをいただきます。
かんぱーい!
やー、昼ビールってのは格別ね。
ホント、ボクって週末のために生きてるなw

品書き1
品書き1
お品書きは壁にかかった木製の短冊のみ。

品書き2
品書き2
ちょっとしたおつまみにわさび昆布と枝豆もあるけど、メニューはこれだけの模様。
串カツの単品は頼めないのかな?

上ロースカツwithアジフライ
ロースカツ定食(大)withアジフライ
というわけで、ビールをすすりながら待つこと十数分。
やってきましたるはロースカツ定食(大)900円と単品のアジフライ190円也。
定食についてくる味噌汁はしじみ汁というのは嬉しいポイント。

カキフライ
カキフライ定食
嫁さんのオーダーはカキフライ定食。
ご飯少なめ。

ご飯は大盛りで
ご飯は大盛りで
ボクはご飯大盛りにて。
こちらのお店のご飯は普通盛りで通常の大盛り、大盛りだと特盛りな量があるので要注意。
案の定、腹がはち切れんばかりの食後感w

ロースカツ様の断面
ロースカツ様の断面
断面をご覧ください!
これは非常に素晴らしい火入れじゃありませんか!
ほんとはこれを塩とレモンで食べたいんだけど、こちらのお店はソースとカラシのみ。
そこはちょっと残念だけど、なかなか美味しくいただけました。
あー、腹一杯。
ごちそうさんでした。

お店を出ると、店頭にはまだ並びがありましたね。
繁盛店、繁盛店。
行列
とんかつ山家 上野店
03-5817-7045(予約不可です)
東京都台東区上野4-5-1
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 年中無休





にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

さかなやST@新板橋 半年ぶりなんて初めてかもしれん

さかなやST@新板橋
いつ行っても間違いのない美味い魚と酒をいただける稀有な名店さかなやST@新板橋
本当に大好きで大切なお店なんだけど、ここ半年ばかりご無沙汰してしまった。
なぜかってーと、今年は食べ歩きよりも旅行に重きを置いたから。
食べ歩きを普段の半分くらいにしないと旅先で十分楽しめないってことになりかねないってことでねw。

で、久々になっちゃったSTさん。
相変わらずブレず変わらないクオリティを保ってましたね。
素晴らしい。
例によって例のごとく、お料理は「おまかせコース5000円」でお願いしましたよ!



サッポロ生ビール
サッポロ生ビール
まずは手始めの生ビール。
STさんはサッポロ。
始めましょうか、かんぱーい!




ツブ貝
ツブ貝
予約する際に「貝類重視でお願いします!」と伝えておいたんだけど、突き出しから貝攻めで来た。
まずはほんのり醤油味で炊いたツブ貝。



ながらみ
ながらみ
続いてながらみ。
ともに竹串や爪楊枝を駆使して中身を上手にひねり出す。
シッタカもそうだけど、こういう小さな貝類がボクは大好きでして。
こういう手作業が伴う酒の肴は実に楽しいね。


鮪のハモニカ
鮪のハモニカ
ハモニカってのは背びれの下の骨周りつまり、エンガワについたお肉。
そいつを煮付けてあるんね。
小さな魚のエンガワは食べづらくてナニだけど、マグロぐらいデカイと実に食べやすい。




北海シマ海老のボイル
北海シマ海老のボイル
ややっ。
なんとも見目麗しいこの北海シマエビちゃん。
塩強めでボイルしてあるからそのままいただきます!



シマ海老さん
シマ海老さん
甘い!!
塩加減がちょうどいいんだろう、エビの甘みを存分に引き出してるね。




町田酒造 純米酒
町田酒造 純米酒
この辺でお酒にシフト。
嫁さんがぬる燗を所望。
この町田酒造の純米酒をワカコ酒の徳利でw。
ぷしゅ〜。



鮑の刺身
鮑の刺身
うわ〜・・・・
参った。
降参。
ボクは本当にこの鮑の刺身に目がないのよ。
お上品なお店だと鮑の周りについてる「足」と呼ばれる硬いところを撮っちゃう場合があるんだけど、ここん家はついてる!!
嬉しい!





刺身盛り合わせは11点盛り!
刺身盛り合わせは11点盛り!
左上から時計回りに・・・
こち
いさき
あいなめ
平貝

カツオ
南鮪
アジ
赤貝
石垣貝
スルメイカ




遊穂「ゆうほのゆうき」山おろし純米
遊穂「ゆうほのゆうき」山おろし純米
この日一番気に入ったお酒はこれだったね。
うまかった。




生雲丹
生雲丹
刺身盛り合わせに追加で別皿登場の北海道産生うに様。
なにこのビジュアルは?
艶やかで艶かしいまでのその風情。
そんなもん美味いに決まっとるわってね。




鳳凰美田 純米吟醸
鳳凰美田 純米吟醸
困るな〜。
酒が進んでしかたないじゃないか!




フジツボのプレゼン
フジツボのプレゼン
この不思議生物フジツボさんは生きておりまして。
動画じゃないからわからんけど、まさにその富士山のようなツボの中で蠢いているわけですよ。
ハサミのような奴が。
このあと調理されて出てきたけど、それは写真に納め忘れましたw





のどぐろ塩焼
のどぐろ塩焼
メインの焼き物はのどぐろ!!
のどぐろといえばテニスプレーヤーの錦織圭が「のどぐろ食べたいっ!」って言ったあれ。
そう。
高級魚様です。
そいつを塩焼きでいただくわけです。
美味くて身が捩れます。
マジで。



雁木 夏辛口純米
雁木 夏辛口純米
ここまでビール1.5杯(嫁さんの半分手伝った)にお酒4杯ということで。
この辺になると酒の記憶は曖昧になってきますな。
毎度のことながら。
いい酒は前半に飲むが吉ですw。




生カキ
生牡蠣
このタイミングで生牡蠣登場。
だいたい、生牡蠣なんてもんはそんなに量が食えるもんじゃないからさ。
1個食って「あー、食べたりん」ぐらいがちょうどいいよね。



ツブ貝のガーリック炒め
ツブ貝のガーリックバター炒め
予約の時に貝重視って言ったからか、この後に及んでも貝が攻めてくる。
うれしい悲鳴!



稚鮎の天麩羅
稚鮎の天麩羅
マスターの中西さん「お腹の具合はどうですか?大丈夫なら稚鮎の天ぷらかアジフライいかがですか?」
ボクら「大丈夫です!両方くださいw!!」
って出てきた稚鮎の天ぷらはSTさんでお馴染の青のりと塩でいただく。
「この腸の苦味がいいよね〜」なんて言ってたら・・・


アジフライ
アジフライ
アジフライさん来ましたよ。
板橋の地産、トキハソースをかけていただきます。
ざっくりとした歯ごたえと味の旨味がそりゃ間違いないわけですよ。


庭のうぐいす 特別純米なつがこい
庭のうぐいす 特別純米なつがこい
うん。
呑んだ覚えはある。
覚えはあるけどどんな酒だったかは覚えてない。
そんなもんだ。



豆アジの唐揚げ
豆アジの唐揚げ
おっと。
ここにきて揚げ物3連発ですか。
でもスナック菓子的にポイポイ食べちゃうな〜。




喜久酔 特別純米
喜久酔 特別純米
まだ呑むのか!
と、この記事を書きながら思っちゃうほど呑んでるね、このおじさん。
ええ。呑んだことは覚えてますが(略




平貝の磯辺焼き
平貝の磯辺焼き
出た!
ボクの大好物のひとつ、平貝の磯辺!!
たまらんぞ!
何がたまらんって、もっとお腹に余裕がある時に食べたかったって意味ででねw。
嫁さんは早々にギブアップしてるから2個食べられたのは幸せなんだけど、満腹メーターが振り切れそうな時期にはきつかった。




わさび飯
〆のわさび飯
毎度恒例のわさび飯で締めくくります。
僕はこのわさび飯を毎度酔い覚ましと呼んでいるわけだけど、今回は覚めなかったねw。



しじみ汁
しじみ汁
しじみは肝臓によろしいからね。
この日もお店に来る前にヘパリーゼのチョットいいの(ハイパーっていう500円くらいするやつ)を飲んできたんだけどさ。
見事に翌日は二日酔いだったねw
つか、このしじみ汁とヘパリーゼのおかげであの程度で済んだのかもしれんけど。
翌朝は職場で「酒くせえ」とか言われちゃったしさ。
でもちゃんと出勤して普通に仕事こなせたからよかった。




間引きとうもろこし
間引きとうもろこし
なぜか一番最後にヤングコーンが出てきてお仕舞いとなりました。

いやー久々だったけどやっぱスゲーなSTは。
っていつも同じような感想になっちゃうね。
また近々伺います。

ごちそうさまでした。

さかなやST
東京都板橋区板橋4-4-3片岡ビル1F
03-3964-7470
月~土17:00~24:00
日17:15~23:00(おつまみ、お酒ALL500円の特別営業)
休:無休







にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

わだつみ 〜 BeerSaurus@池袋 ふぐ尽くしからのビアバー梯子酒

わだつみ@池袋
以前から友人夫妻と「ふぐを食べに行こう」という話をしてまして。
で、昨年春先に行った湯島のふぐ料理店上野きくちに行きたいということで話が始まったんだけど、なんといっても予約困難店。
なんなら3ヶ月前からでないと無理な感じ。

じゃあってんで、代替店を考えることになり、いろいろ調べた結果わだつみ@池袋に決定。
ふぐ尽くしコースが10000円のところ、前日までの予約で6000円という初めの値付けがあってないようなもんなんだが、まあいいか。
これに+1000円で刺身盛り合わせかふぐの白子焼きがつく。






ヱビスビールかんぱーい!
ヱビスビールかんぱーい!
ひな祭りの頃の冷たい雨が降る夜だったけど、恵比寿ビールで乾杯します。
かんぱーい!





お通し
前菜
おっと!
ふぐ尽くしコースなのに前菜からいきなりふぐ以外が出てきて・・・・w
菱餅があったり、雛あられが散ってるのは季節がその頃だったから。
って、どんだけサボればこんなにネタが溜まるのかねえw







ふぐ刺し!!
ふぐ刺し!!
出ました!
真打、ふぐの薄造り。
これで4人前。
薬味は定番のもみじおろしと分葱ね。
「ふぐは国産の天然ものしか使わない」ということで確かにうまい。
うまいんだけど、この薄造り加減でこの量はちょっと少ない・・・

湯島のきくちはもっと厚めの刺身でボリュームもあったしねぇ。。。
比べると残念なのは否めない。





緑茶ハイ
緑茶ハイ
ビールはとっくになくなって、ここで緑茶ハイをチョイス。
ボクはウーロンハイをあまり好まないんだけど、お茶割は好きだ。





焼き白子
焼き白子
で、これがプラス1000円の焼き白子。
焼き白子。
そうですか、この量ですか・・・。
でも美味いよ。
白子。
タラの白子も実に美味いんだけど、ふぐの白子はその2枚も3枚も上をいくね。





煮凍りももちろんフグ
ふぐの煮こごり
これ!!
これは素晴らしく美味かった!!
多分この日の一番はボク的にコレよ!





この辺でひれ酒いきましょう
この辺でひれ酒いきましょう
ああ・・・ひれ酒。
美味いよ、沁みるよ、ひれ酒。
でもここでも苦言。
ヒレ1枚しか入ってないから差し替えの酒もらっても、もう出汁でねえんでやんの。
残念。




フグの唐揚げ
ふぐ唐揚げ
揚げ物が来ちゃったからひれ酒はこっちに置いといて・・・




梅割りっ!
梅割りでさっぱりと。
あらゆる唐揚げの中でもふぐこそが至高なんて人もいるんだけど、ボクは鶏の方が好きw
でも、ふぐ唐って美味しいよね!









フグちりの用意が!
程なくフグちりの用意が!




フグのアラと日の通りにくい野菜からぶっこんでいきます
ふぐのアラと火の通りにくい野菜からぶっこんでいきます



食べごろでしょう!
食べごろでしょう!
ポン酢の具合もよろしくて。
ふぐのアラをしゃぶるのってふぐちりの本懐。
野菜も豆腐も麗しかったね。






ひとしきり食べたら雑炊に
ひとしきり食べたら雑炊に






雑炊いただきまーす
雑炊いただきまーす
雑炊を頂いてごちそうさまでしたとなったんだけど、何しろボリューム的にも足りなければ飲みも足りないw。
じゃあ河岸を変えてもうちょっと飲みますかってことで、移動開始!!







★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★





ザウルスに移動!Ballast Point Big Eye IPAでかんぱーい!
ロサ会館の裏手にあるBeer Saurus@池袋にて呑み直しっ!
なんだか超久しぶりなザウルスでしたが、アメリカンビールとツマミも美味い良いお店。
この日の一発目はバラストポイントのBig Eye IPAでリスタート。
かんぱーい!!






ビールにはポテートでしょ
ビールにはポテートでしょ
ビールには揚げ物。
揚げ物といえばポテト。
いやー、1軒目が腹七分にも満たないぐらいだったから、揚げ芋の美味いことw





バッファローチキンウィングを
バッファローチキンウィングを
揚げ物連チャンのバッファローチキンウイング。
ココンチのバッファローチキンはソースも選べるし、楽しいし美味いんだよ。







ビッググラスでヒューガルデン!
ビッググラスでヒューガルデン!
ビッググラスっても500mlだから大ジョッキ大。
なんなら缶ビールのロング缶1本。
たいしたことないよねー笑
なんて言ってたんだけど・・・・





あんまり覚えてないけどウイスキーも飲んだらしいw
あんまり覚えてないけどウイスキーも飲んだらしいw
終盤はウイスキーを飲んだらしいことはなんとなく覚えてる程度でありましてw。
事実、こっちのお店に移ってからの写真はなんともこれ手ぶれがドイヒーでありましてf^_^;)
よくしゃべりよく飲みました。
楽しかった!

また一緒に飲みましょう!





にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

さかなやST@新板橋 友人夫婦と共にSTで

手取川
毎度おなじみさかなやST@新板橋にお邪魔。
今回は美味しいもの大好きな友人夫婦と共にやってきたのです。
すっかり秋も深まった頃だったので、ボクは日本酒から始めることに。

The手取川正宗 純米大吟醸でスタート。
あ、スタート前に隣のサンクスでヘパリーゼWをキメてますw。





香箱蟹
香箱蟹
突き出しとして出てきたのはこいつ。
セイコ蟹とか香箱蟹とかコッペ蟹とか地方によって呼び名が違う雌のズワイガニ。
ボクはこいつの内子が大好きでね。
足は太いのだけ頂く。
外子は少しだけ食べてあとはごめんなさいする。




白梅貝
白梅貝
大ぶりの白梅貝は薄味の出汁でボイルされてる。
刺身もいいけど、このボイルしたやつもうまいよ。





蓬莱泉 しぼりたて生酒
蓬莱泉 特別純米しぼりたて生酒
「しぼりたて」というその名の通りとてもフレッシュな味わい。




朝日町ワインのスパークリング・デラウェア
朝日町ワインのスパークリング・デラウェア
ここんとこすっかり定着してしまったSTさんで国産ワイン。
嫁さんはこれが楽しみで仕方ないようだ。
今回は泡をチョイス。





毎度素晴らしい刺身盛り合わせ
毎度素晴らしい刺身盛り合わせ
左上から・・・
平貝
スルメイカ
帆立貝
白みる貝
あわび
イタヤ貝
南鮪
〆鯖
生雲丹
あわびの肝

ボクがあわびをほとんど食べちゃったら嫁さんに怒られるという事案発生w。
今回は随分と貝に偏った刺し盛りでしたね。
ま、STさんはいつも貝に力入れてる印象ではあるよね。






ししゃもの雄雌
ししゃもの雄雌
ししゃもの雄雌を食べ比べて。。。
ん。両方うまい。
それぞれ身の美味い雄、卵の美味い雌だね。
そりゃそうか。




庭のうぐいす ぬるはだ純米吟醸
庭のうぐいす ぬるはだ純米吟醸
その名の通り燗をつける。
純米吟醸酒を。
・・・もったいない。
いや、吟醸をぬる燗で飲むという贅沢。
これは幸せなお酒ですよ!




シジミのニンニク醤油づけ
シジミのニンニク醤油づけ
前回の訪問時にいただいたこのひとさらを予め所望しておいた。
前回より薄味だったかな。




イカの塩辛
イカの塩辛
この塩辛が美味いんだよ。
柚子香る塩辛。




まなびと
まんさくの花 生酛純米 真人(まなびと)
さらにお酒を追加。
秋田のまんさくの花・まなびと。
厚みのある味わいは燗をつけてこそ美味いかも。
いやー、やっぱ冬は日本酒だなーってなるね。




穴子の南蛮漬け
穴子の南蛮漬け
薬味以外では初めて出た野菜w
「さかなや」ですからね。
さかなばーっかり続いても、むしろ望むところですわ。



ナマコ酢
ナマコ酢撮影は©嫁さん
こんなに厚く切ってもそんなに硬くないのは凄いなっていうナマコ。
あの遠浅なグアムのビーチにいーっぱいいるあのナマコは食べられないのかしらw?
美味そうには見えないけど。

で、ちと調べてみた。
ハワイやグアムなどの海にいるナマコは食べられますか?(Yahoo知恵袋)

へー。
食べられるんだ。






カキフライ
カキフライ
こういうちょっとずつ何皿も出てくるのって楽しいよねぇ。
このカキフライにはカボスがそえられて、ソースは板橋のトキハソース。
ザクッとかぶりつくと牡蠣のエキスがジュワッと飛び出して美味いよねー。





釣りきんき塩焼き
釣りきんき塩焼き
毎度おなじみメインディッシュのきんき。
毎度ぶれない美味さ。
毎度天晴れな美味さ。
毎度破綻ない美味さ。




例によってこのタイミングで生ビール
例によってこのタイミングで生ビール
ひとしきり日本酒を飲んだ後に生ビールを呑むと、これ実に新鮮。
オススメです。



つみれのお吸い物
つみれのお吸い物
お椀が出てきたってことは終わりの始まりですか。。。





わさび飯
わさび飯!
締めも毎度おなじみわさび飯。
いやーうまかった。
やぱすごいねSTさん!

・・・って、いつもならこれで帰るんだけどね。
まだまだ友人夫妻と話が尽きなくて・・・



最後にまたビール
またビール頼んで呑んじゃった!
いやはや、よく呑んでよく食べた。
楽しかった!


にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。