凡人-呑喰散歩き

第一亭@野毛で「孤独のグルメ」聖地巡礼 チートとパタン喰ってきた!

パタン到着

第一亭@野毛で孤独のグルメ聖地巡礼 チートとパタン喰ってきた!





横浜編2日目は朝食に中華街でおかゆを食べるっていうプランだったんだけど、朝から土砂降りの雨でね。
とても傘さして歩く気になれず、ホテルの隣のコンビニでおにぎりかなんか買ってきて済ませたの。
で、チェックアウトの11時を迎え、朝よりも強くなった雨脚の中、元町中華街から横浜経由で京急乗り換えで日の出町へ。
今回の横浜訪問で一番楽しみにしてたのはここかも知れんね。

土砂降りwww
土砂降りwww
わあぁぁぁ・・・懐かしい。
ってのも、神奈川育ちのボクにとって日ノ出町駅は週末馬券を買いに来るところだったのw。
もうすっかり競馬もやらなくなっちゃったな。

第一亭・店頭
第一亭@野毛
さて、やってきましたるはテレビドラマ「孤独のグルメSeason3」の第2話で放送されたお店、第一亭。
五郎ちゃんが食べたものをテレビ通りトレースすることはないけど、まあ流行りの聖地巡礼ですよ。

キリンラガー
キリンラガー(550円)
まずは着席一番コレでしょ。
五郎ちゃんは下戸だから飲まないけど、久住さんは「麦スカッシュ!」っていって呑んでるもんね。

店内の品書き
店内の品書き
魅力的な文字列が並んでますな!
こちらのお店は豚の内臓やいわゆるホルモンを台湾料理的に調理して出してくれるのね。
かしら、タン、ミミ、ガツ・・・いろんな部位。

手元の品書き
卓上の品書き
どれもこれも美味そうだなー。
それにどれもこれも安い!
っても、一皿ずつのボリュームが少ないから、結構食べられる。
あ、そういえば「しじみの醤油漬けは入荷がありません」的なことが張り紙してあって、あれが大好きなボクはチョットガッカリ😞

チート(豚ガツの生姜炒め)
チートしょうが炒め(600円)
これこれ!!
五郎ちゃんもオーダーしてたチート。
豚のガツ(胃袋)を生姜風味で炒めてある。
これいいねぇ。
ビールにとってもよく合うし、飯にもきっとよく合うだろうね。
で、コレが結構柔らかくってさ。
ガツだしあの感触でくると思うと、裏切られる。
いい方にね。

チートの生姜炒め
余談だけど、豚のガツって薄いところ(色が濃い部分)と厚いところ(色が白っぽいところ)があるんだけど、厚いところの方が味があって食べ応えもあっておいしいの。
薄いところはほそく刻んでネギとごま油で和えて「ガツ刺し」にすることが多いんね。
ココんちのチートの生姜炒めは厚いところが多めでよろしかったね。

スープ餃子
スープ餃子(600円)
ちょっと寒い日だったからあったかいスープものも欲しいねってことでこのスープ餃子。
スープの中にもやしとニラ。
そして餃子が浮かんでいる。


餃子は長細い
餃子は長細い
餃子は焼き餃子の方で使ってるものと同じみたいだね。


紹興酒をお燗で
紹興酒をお燗で(650円)
やっぱりちょっとひんやり寒かったから紹興酒を燗でいただくことに。
ほんわりあったかくて美味い!

鳥の唐揚げ
鳥の唐揚げ(650円)
うちの嫁さんはどこのお店に行っても品書きに唐揚げがあれば必ずオーダーするといっても過言ではない。
ほぼ頼む。
鳥からフリークだ。
ここの鳥からはいたってオーソドックスな感じ。
可も不可もなくな印象だったけど、ウチの鳥からフリークは気に入ってたようだ。

パタン
パタン(600円)
でた!
品書きに載ってない裏メニューなのに客のほとんどが頼むという「野毛のペペロンチーノ」の異名を持つパタン。
元々は賄いメニューだったんだそうな。
孤独のグルメでも説明があったけど、この料理名の由来はニンニクを中華包丁で潰す時の「パタン!パタン!」という音なんだそうな。


太麺にニンニクとごま油に醤油だれ
太麺にニンニクとごま油に醤油だれ
これをもの凄く楽しみにしてたワケよ、ボクは。
早速食べてみよう、いただきまーす・・・
「・・・っ!」
麺が冷た・・・いや、常温な感じ!!
そういや、五郎ちゃんもそんなこと言ってたっけ・・・と、口に含んでから思い出したw。
ガツンとくる生ニンニクの圧倒的な存在感とごま油のこっくりとした風味。
そして醤油だれが太麺と絡んでこれはなかなか!
美味いじゃないですか!

スープにつけてつけ麺スタイルで
スープにつけてつけ麺スタイルで
添えられたスープにつけてつけ麺スタイルでいただくのもテレビで見た通り。
これもシンプルが故に味が単調になりがちなパタンを最後まで飽きずに食べるために先人が編み出した知恵なのだろう。
ま、そんな大層なもんじゃねーけどw。
いや、しかし。
ニンニクの匂いが・・・。

この後は日の出町から京急に乗って、横浜で東横線に乗り換えて池袋で埼京線。
自宅最寄り駅までたっぷり1時間半・・・。
電車の中ではできるだけ口を開かず、黙って帰ろうと心に誓わせる美味しいパタンでしたw。
ごちそうさまでした!
また来たい!!

第一亭
第一亭
045-231-6137
神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20
営業時間 11:30~13:30 17:00~21:00
定休日 火曜日






にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

スポンサーサイト

晴々飯店@上野で「成都料理オールスター3品セット」ののち、エビスバーで1杯やって帰る週末のお話

晴々飯店@上野

晴々飯店@上野で「成都料理オールスター3品セット」ののち、エビスバーで1杯やって帰る週末のお話





「上野の街の小さな四川省・成都へようこそ」
そんなキャッチコピーが掲げられた四川料理のお店がこちらの晴々飯店さん。
毎月、月初の週末は上野の不忍池にある寛永寺弁天堂にお参りに行くんだけど、毎度お参りの後に昼呑みして帰る。

・・・でもこの日はちょっと違うスケジュールで、池袋の映画館で朝一の回の「シン・ゴジラ」を見たのだ。

さらっとちょろっとネタバレになっちゃうかもだけど羅列。
・や〜、庵野すげえね。
・自衛隊の攻撃も米軍の攻撃も全く通用しなかったシーンに、人類の無力さと庵野らしさを感じたね。
・平泉成の最後のアレもよかったなー。
・石原さとみのルー大柴っぷり。
・松尾諭が「まずは君が落ち着け!」っていうセリフを発してんだけど、テレビドラマ「BARレモンハート」の松っちゃん見て「おまいう」とか。
・巨災対メンバーも豪華で、大好きな津田寛治が良い芝居。
・エンドロールに前田敦子を見つけるも劇中では発見できず。



アサヒスーパードライ!
アサヒスーパードライ!
あ、映画のことは置いといて。
例によって着席一番瓶ビール。
基本初めての店では生ビールは頼まない。
信頼が置けるお店ってことが判ってからでないとね。
まずい生ビールが出てきたら目も当てられないからねさ。
まあ、そんな感じでかんぱーい🍻

成都オールスター3品セット
定食メニュー
成都オールスター3品セット
ランチは一品料理の他にセットメニューが主なんだけど、その中でも目を引いたのがこれ。
おお。
いいとこ取りのおいしいとこどり!
これにしよう!

成都オールスター3品セットの全貌
成都オールスター3品セットの全貌
きましたよ!
あ、この画像は担々麺混ぜた後になっちゃったw
メニューの写真はザーサイだったけど、実際は杏仁豆腐。
これはウェルカムだったけどさ。

ミニ李姐餃子
ミニ李姐餃子
水餃子はタレに乗った状態でサーブされる。
数種類の香辛料とラー油等をブレンドしたオリジナルの紅油タレというのだそうで、このタレもなかなかのモノだったんだけど、なにしろ皮がさ。
モッチモチでうまうま。


ミニ麻婆豆腐
ミニ麻婆豆腐
麻婆豆腐が大好きなボクとしてはこれくらいの量でもセットされてると嬉しい。
これほど白飯ホイホイなオカズはなかなかないでしょってくらい、絶望的なまでに飯にあう。
圧倒的で感動的な理想的超えて完璧な白飯ホイホイ。

おかわり自由のライス
おかわり自由のライス
麺類に水餃子までセットになってるけど、麻婆豆腐があるんじゃ白飯必須。
しかもおかわり自由ときてるけど、飯のお代わりは1杯にとどめる。

玉子スープ
玉子スープ
これはちょっと覚えてないなw

成都担々麺!
成都担々麺!
この頃は何かと担々麺を欲しててね。
そのきっかけは池袋の楊で孤独のグルメ的汁なし担々麺を食べてからなのよ。

関連記事
中国家庭料理「楊(ヤン)」別館@池袋で「孤独のグルメ」な汁なし担々麺を!
http://todajaco.jp/blog-entry-704.html
凡人-呑喰散歩き



混ぜ混ぜした担々麺をリフトアップ!
混ぜ混ぜした担々麺をリフトアップ!
麺は宮原製麺所の特注太麺なんだそうで、モチモチでうまい。
そして本場成都で古くから伝わるレシピを再現してるんだそうで、中国醤油、紅醤油、辣油、芝麻醤、大蒜等を駆使した秘伝のタレに肉味噌と水菜。
よーく混ぜていただく。
辛味はほどほどで、楊の担々麺に比して花椒が聴きまくってるワケではない。
だからあの衝撃とも言えるパンチ力はないけど、バランスよく万人に受け入れられそうな味ね。

杏仁豆腐
杏仁豆腐
デザートは杏仁。
こちらのお店、夜は「食べ飲み放題」が人気のようで、リーズナブルにいろんな味が楽しめて魅力的だね。
事実、宴会使いされる人も多いみたい。
次回訪問するとしたら、昼なら麻婆麺を、夜はその食べ飲み放題も良いかも。
ごちそうさまでした〜。

四川省家庭料理の店 晴々飯店
050-5799-3003
東京都台東区上野7-8-16
営業時間
月~金
ランチ 11:00~15:00
ディナー 17:00~23:00
土・日・祝
ランチ 11:00~15:00
ディナー 17:00~23:00





エビスバーで一杯やって帰る
ヱビスバーで一杯やって帰る
さて、寛永寺弁天堂で御参りとお札交換を済ませたあとは不忍池&上野公園でポケモンGO。
あの頃(これは9月中旬のこと)はまだ夢中でやってたけど、今はすっかり飽きちゃったw

th_DSC01004_2016112612291987d.jpg
で、結構歩き回って喉が渇いたから桜テラスのYEBISU BARで1杯やって帰ろうかな、となりまして。
これは文字どおり「1杯」であってたくさんを意味する「いっぱい」ではないのです。

エビス・クリーミートップ・スタウト
ヱビス・クリーミートップ・スタウト
喉カラカラなのにスタウトを頼む。
でも喉カラカラ状態でも目の前でサーブされる生ビールですからね。
喉ならして呑んだあと「くぅ〜〜・・・美味い!!」ってなるね。

ヱビス・マイスター
ヱビス・マイスター
あれ?
一杯だけじゃないじゃん・・・。
いや、これは嫁さんの頼んだマイスター。
ヱビスバー、なかなかいいひと休みになりました。

YEBISU BAR 上野の森さくらテラス店
050-5789-3516
東京都台東区上野公園1-54

営業時間
火~土
11:30~23:00
(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
月・日・祝日
11:30~22:00
(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
月~日・祝前日・祝日
ランチ 11:30~15:00

定休日 2月第3月曜日





にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

南国酒家・迎賓館@原宿 紹興酒の夕べ 中国料理と紹興酒を愉しむ会に参加したお話

4ブランド10年もの飲み比べ

南国酒家・迎賓館@原宿で紹興酒の夕べ 中国料理と紹興酒を愉しむ会に参加したお話


スポンサーリンク



さて、南国酒家。
ボクのイメージは、昔テレビでやってた柳生博が司会の「100万円クイズハンター」ってのがあってね。
そこでこの南国酒家のお食事券5万円が頻繁に商品になっててさ。
「その南国酒家ってのはどんなお店なんだろ?高級そうな店だなぁ・・・」なんて思ってたもんですよ、ええ。
覚えてる人いるかな?
今となっては、大昔からある老舗で、各地にチェーン展開してる大箱中華料理店という感じかな。

塔牌5年 麗美
塔牌5年 麗美
まずはよく冷えた5年ものの紹興酒をウェルカムドリンクとしていただく。
冷やした紹興酒って珍しいよね?
これがなかなかフルーティな味わいで紹興酒の新しい一面を見たね。
そして結論から言うと、これが一番美味かったんだけどねw

6種前菜盛り合わせ3
6種前菜盛り合わせ
6種前菜盛り合わせ2
6種前菜盛り合わせ
[1]よだれ鶏
[2]高知県産 百一珍豆腐 ネギ・生姜添え
[3]船山産 肉厚くらげ
[4]いんげんの干し海老風味と白菜の甘酢漬け
[5]柚子ビネガー入り茄子 油淋ソース
[6]ピータン豆腐

これはどいつもこいつも美味かった!
イタリアンのアンティパストミスト。
京料理の八寸。
そして中華料理の前菜盛り合わせは、なんと言っても「目に美味くて、食べて美味い」のよね。
だから我が家はこういうのが出てくるとテンションがストップ高。
中でも肉厚のクラゲとよだれ鷄は絶品といっても過言でなかったね。

4ブランド10年もの飲み比べ
4ブランド10年もの飲み比べ
塔牌 純10年 瑠璃彩磁
古越龍山陳10年
女児紅陳期10年
甕熟成10年原種100%
・・・はぁ
変換めんどくせえwww

それぞれ個性があるんだけど、酔っ払ってくるとそれ飲んでも同じになってきちゃうもんで・・・。
ほんと、呑兵衛ってやーね。

カニの玉子入りフカのヒレ
南国酒家 カニの玉子入りフカのヒレ
これが南国酒家のスペシャリテのひとつのようで。
カニの玉子入りフカのヒレ2
カニの玉子入りフカのヒレ
とても濃厚なスープ。
フカヒレはほぐれているから、その存在を強く主張してくることはない。
ただ、蟹味噌とカニの玉子がこれでもかとその存在感を放つ。
なるほどこれは美味い。
ちょっと驚きの美味さだった。

北京ダック!
北京ダック!
高級中国料理の主役のひとつ、北京ダック。
北京ダック、サーブされる!
北京ダック、サーブされる!
北京ダックってものすごく手間のかかる料理だし、肉を無駄にする贅沢品だけど食べるのはほんの一瞬。
こんな刹那的なお料理もなかなかないよなー。

大分県産 鱧のフリッター香味ソース
大分県産 鱧のフリッター香味ソース
地味な風貌とは裏腹にこれも乙な1皿だった。

鬼手長海老と蝦夷鮑、彩り野菜の自家製XO醬炒め
鬼手長海老と蝦夷鮑、彩り野菜の自家製XO醬炒め
鬼手長海老と蝦夷鮑、彩り野菜の自家製XO醬炒め とりわけの図
鬼手長海老と蝦夷鮑、彩り野菜の自家製XO醬炒め とりわけの図
高級食材を惜しげも無くこれでもかと連チャンで出してくるあたり、南国酒家め・・・やりよるわ。


イベリコ豚スペアリブの柔らか煮、京都府産茄子添え 熟成にんにく黒酢仕立て
イベリコ豚スペアリブの柔らか煮、京都府産茄子添え 熟成にんにく黒酢仕立て
イベリコ豚スペアリブの柔らか煮、京都府産茄子添え 熟成にんにく黒酢仕立て、とりわけの図
イベリコ豚スペアリブの柔らか煮、京都府産茄子添え 熟成にんにく黒酢仕立て、とりわけの図
豚さんのスペアリブ。
しかもイベリコ豚。
中国とスペインのコラボレーションを日本で。
そこに京都の茄子と万願寺獅子唐という和食材。
まさにフュージョンやね。
豚さんはよく煮込まれ、骨からの身離れもよく、とろとろで美味しかったわ。

「焼きたてチャーシュー」のワゴンサービス!
「焼きたてチャーシュー」のワゴンサービス!
焼きたてチャーシューの1回目
焼きたてチャーシューの1回目
え?なにこれ?
めちゃウマなんですけど?
焼きたてチャーシュー、おかわり!
焼きたてチャーシュー、おかわり!
で、お代わりしたらこんなに盛られてきたw
多すぎるって!
いや、全部食べたけどね。

宇和島産・真鯛のネギ・生姜の香りの姿蒸し・香菜の香りとともに
宇和島産・真鯛のネギ・生姜の香りの姿蒸し・香菜の香りとともに
宇和島産・真鯛のネギ・生姜の香りの姿蒸し、とりわけの図
宇和島産・真鯛のネギ・生姜の香りの姿蒸し・香菜の香りとともに とりわけの図
これはあまり印象に残ってないんだよね。
なんでだろ?
お腹いっぱいになっちゃったってのも大いにあるんだろうけどね。


米粉の麺 冷製仕立て ボタンこしょうスープ
米粉の麺 冷製仕立て ボタンこしょうスープ
米粉の麺 冷製仕立て ボタンこしょうスープリフトアップ!
米粉の麺 冷製仕立て ボタンこしょうスープ、リフトアップ!!
〆のお食事はビーフンの汁麺。
これだけはちょっと及第点以下だったかな。
まあ、そもそもビーフンがあまり好きでないのと、上述の通りお腹いっぱいだったからだろうね。
・・・あ!焼豚のせいかw!

シークワーサーのゼリー寄せ
シークワーサーのゼリー寄せ
デザートをいただいておしまい。

南国酒家
南国酒家@原宿
紹興酒づくしが正直なところ食傷気味だったってのがネックだったけど、料理はどれも素晴らしかった!
南国酒家、よろしいお店です。
ごちそうさまでした。

南国酒家 原宿本店 迎賓館
03-3400-0031 (本館フロント ご予約電話受付時間 10:00~22:30)
0120-759-215 (本館フロント ご予約電話受付時間 10:00~22:30)
東京都渋谷区神宮前6-35-3 コープオリンピア内 【迎賓館】
11:30-22:30 ラストオーダー 21:30






にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

中国家庭料理「楊(ヤン)」別館@池袋で「孤独のグルメ」な汁なし担々麺を!

中国家庭料理「楊(ヤン)」別館@池袋で汁なし担々麺を!

中国家庭料理「楊(ヤン)」別館@池袋で汁なし担々麺を!


スポンサーリンク




中国家庭料理 楊(ヤン)別館
中国家庭料理 楊(ヤン)別館
孤独のグルメで一躍有名になったこちらのお店。
いわば聖地巡礼的なアレです。
元々本店は十条にあって、テレビで紹介されたのは芸術劇場の裏手にある池袋の2号店。
「孤独のグルメSeason1」放送開始が2012年の1月で、五郎ちゃんが池袋の楊2号店に行った放送が1月18日。
おお。
ボク、この放送の直前に十条の楊本店に行ってるじゃん!

関連記事
中国家庭料理 楊@十条で麻婆豆腐(2012年1月9日の記事)
凡人-呑喰散歩き



オープン記念で魯肉飯がサービスなのね
オープン記念で魯肉飯がサービスなのね
で、その2号店がテレビで紹介されて行列店になり、3号店もできたんだけど手狭になっちゃったからなのかなんなのか知らないけど、2号店から徒歩で30秒とかそんなもんの場所に「別館」をオープンさせたのが2015年の4月のことだそうで。
場所的には蒙古タンメン中本とキッチンABCの前ね。
店頭には「オープン記念」の文字もあるけど、随分長いことオープン記念やってんだね。

お店に到着したのは12時ジャスト。
店内は満席、待ち客が2組。
繁盛してるね。


瓶ビールはアサヒスーパードライ
瓶ビールはアサヒスーパードライ
15分ほどで店内に案内され、席に着くなりまずはビール!
スーパードライは好みじゃないけど、暑い日に喉を潤すにはこいつは良いビールなのよね。


汁なし担々麺!
汁なし担々麺!
お目当はこいつ!
汁なし担々麺!!
注文するときに辛さを聞かれるんだけど、ここは「普通」で。


よく混ぜる!
よく混ぜる!
麺の下に花椒と辣油たっぷりのタレがあって、モチモチの麺の上にひき肉とナッツ、小松菜がトッピングされてる。
こいつらをまんべんなく混ぜ混ぜしてやる。
あまり食べ物を混ぜ混ぜするのは好まないんだけどね。
うぉ!辛うま!!
本当に美味い!
この「麻と辣」のあと引く辛さで箸が止まらなくなる感じ。


「皮も手作り水餃子」もいただく!
「皮も手作り水餃子」もいただく!
同時到着の水餃子もいただく。
ビールのアテにもってこいのこの水餃子。
こういう皮が分厚くてモッチモチの餃子をいただくと、餃子ってホントに「完全食だな」って思うね。
餃子には卓上の辣油、黒酢を好みでつけていただくワケ。


嫁さんはチャーハンね
嫁さんはチャーハンね
そんな感じの中国家庭料理「楊(ヤン)」別館@池袋でありました。
この日からしばらくの間、ボクに小さな担々麺ブームが訪れたのですよ。

中国家庭料理 楊 別館
東京都豊島区西池袋3-24-3 藤井ビル1F
電話番号 不明
営業時間 11:30~15:00/17:30~23:00(L.O.…各30分前)
定休日 無





にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

鴻園@蕨錦町でかなり久々のご近所中華呑み

鴻園@蕨錦町
なんか無性に街場の中華料理で呑みたいっていう衝動に駆られたある日。
嫁さんに「あー中華呑みしてぇ・・・」とアピールし、職場でも同僚に「中華で呑みたいねぇ・・・」と話す数日を過ごしていると、嫁さんが「久々に鴻園に行ってみようか?」と。
ほう。
で、鴻園@蕨錦町へやってきた!
前回鴻園に行ったのって2010年の9月だから実に6年ぶり!!

仕事から帰って速攻でシャワーを浴びて出かけます。
っても徒歩7~8分だからね。
こんばんわ~



スードラ中瓶でかんぱーい!
スードラ中瓶でかんぱーい!
瓶ビールはスーパードライ。
とりもあえず。
何はともあれ、かんぱーい!

鴻園さんの最寄駅はJR埼京線の戸田駅で、駅から北大通りを国道17号方面に歩いて10分ほどでしょうかね。
率直にものすごい立地は悪いのですが、ボクらがこの地に引越してくる前からずっと評判店なの。



台湾腸詰といんげんのニンニク炒め
台湾腸詰といんげんのニンニク炒め
ビールのアテにまずやってきたのはこの台湾腸詰。
台湾のソーセージは「香腸」なんて文字をよく見かけるよね。
今年の正月に台北に行ったとき食べそびれてしまった一品でもあるんだよねぇ・・・。
あの独特の甘みが病みつきになるんだよ。
台湾の屋台だと炭火のグリルで炙ってるのをよく見かけるね。
傍にあるシャキシャキのインゲンをニンニクと一緒にサッと炒めたシンプルなインゲンの炒めもまた素晴らしい。




絶品だった餃子
絶品だった餃子
餃子はオーダー後に包み始めるというスタイルで、出てくるのに少し時間がかかる。
つまり冷凍しといたやつを焼くんではなく、包む皮を伸ばすところからやるのだ。
皮が厚めで手作り感満載の焼き餃子をこんな場末でいただけるんだから凄い。

この餃子、見ての通り1つずつが大きい。
昇竜@上野アメ横の餃子を凌駕するほど大きいぞ!
その上皮も厚めでもっちりしてるから、餃子には白飯というのが常套句の嫁さんも飯を欲さなかったねw。



断面はこんな感じ
断面はこんな感じ
そんなデカさとボリュームだからひと口ではいただけませんな。
熱々のコイツを辣油酢醤油にチョイとつけて頬張ってビールを流し込むと幸せになれます。
よく言われるように、餃子って皮が炭水化物で野菜と肉の餡が入ってて「完全食」なんだよね。
だから、これに飯を合わせるのは本筋ではないと思うのだけど、世の中には「餃子ライス」なんてメニューが堂々と存在してるんだよね・・。
ボクには理解できんけどw




自家製スモークチーズはブルーチーズ入り(サービス!)
自家製スモークチーズはブルーチーズ入り(サービス!)
「よかったらこれ味見してみて」
って、出してくれたこのスモークチーズはなんとサービス。
そういえば、前回もなんかサービスしてくれたっけ?
口開け直後の空いてる時間帯だったからかね?とも思ったけど、これに気を良くしてビールをもう1本追加。

はっ!
そういう作戦?
・・・・なワケなーかw


マコモダケの炒め
マコモダケの炒め
毎度案外予想に反して野菜をいっぱい食べられる中華料理。
このマコモダケの炒めも、マコモダケはもちろんアスパラガスがたっぷりでよろしいね。
あっさりとした塩味。




超シンプルな素そば
超シンプルな素そば
いろいろ食べて、ビールは2人で3本飲んでだ。
最後に〆の炭水化物ローディング。

前回の6年前に訪れた時と同様にこのシンプル極まりない素そばで締める。
極めてあっさりとしたスープに刻みネギがトッピングされた中華そば。
見た目ですんなり味の想像がつくでしょ?




リフトアップ!
リフトアップ!
ご覧の通り結構麺の量が多いの。
嫁さんと1人前ずつオーダーしたけど、2人で1杯で良いかもね。
例によってボクが1、7人前ぐらいいただきましたw



月餅もサービス
月餅もサービス
最後に出てきたデザートの蓮実入り月餅とジャスミンティー。
これもサービスだったけね。
かなり久々だたけど、良いお店であると再確認。
今後中華呑みがしたくなったら真っ先に候補に上がるでしょ。
ごちそうさまでした!





鴻園
〒335-0005 埼玉県蕨市錦町1丁目15−24
048-442-0305
昼の部   11:30~14:00
夜の部   17:00~21:00
ランチ営業、日曜営業







にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。