凡人-呑喰散歩き

虎屋菓寮@赤坂本店の季節の昼膳


虎屋菓寮@赤坂本店の季節の昼膳をいただいてきた。
赤坂の虎屋本店。
芋ようかんで有名なあの虎屋だから当然甘味処が併設されてるワケだけど、こちらは甘味処というには大きなスペースが地下にあってそこが菓寮となっておりまする。

その虎屋菓寮で「新ばし 金田中」が作る虎屋菓寮の赤飯にあうように調製された月替わりの昼膳を供してるということで嫁さんに連れられてやってきたのですよ。




席に案内され、麦茶が出てくるんだけど、この麦茶がまず凄い!
うお!うまい!!
・・・と、声に出してしまう程。



季節の昼膳
さあ、やってきた。
お重の蓋には1月だから松葉が結ばれていて浄げな佇まい。
二段重とお椀が朱塗りで美しいね。




全貌はこんな感じで
おお。
非常に凛として品がよい。
「初春を迎えて寿ぎの喰べ事」と題されている。



縁高
<松葉串> 小肌酢〆、酢取茗荷、海老真丈、黒豆蜜煮
<猪口> 蟹玉地蒸し 薄葛餡、寒鰤照焼、一口伊達巻
 ふく唐揚げ、芽葱姑含め揚げ、里芋含め煮、梅人参、絹さや

なるほど。
金田中謹製の実に正統な和弁当。




澄まし仕立て 鴨つくね 焼葱 粉山椒

また非常にコレ上品。
ホントに上品。




赤飯 香の物
和菓子屋さんって餅米と小豆の扱いはお手の物。
お赤飯はその最たるものでしょ。
虎屋のお赤飯は一般的なお赤飯より小豆がとっても多くて、色も濃いし胡麻もたっぷり。
香の物は柴漬け。




甘味 あんみつ
御膳餡、寒天、黒豆、塩豆
添へ色いろ 黒蜜

食後の菓子はあんみつの他アラカルトから選ぶことができる。
お汁粉にするか迷ったけどあんみつに。
ボクとしてはあんみつよりも豆かんが好みなんだけどね。
案の定、こちらのあんみつに入ってる塩豆がもの凄く美味かったから次回は豆かんで決まりでしょ。




という虎屋菓寮でした。
見ての通りお上品なお料理の数々なんだけど、量もお上品。
嫁さんいなかったら赤坂の天下一品でこってりでも食べたいところだけど、我慢。

いや、とっても美味しかった。
・・・あ。
俺が出先でアルコールなしの食事なんて。
とてもレアよねw



スポンサーサイト

三原堂@池袋でかき氷


ここんとこ幾分涼しくてアレですがw。
しばらく前の暑かった時に伺った三原堂@池袋です。
暑い時歩き回って小休止にかき氷は本当に涼しくなるんですよね。
カラダの芯から。

池袋の北口近くにある老舗の和菓子屋さんである三原堂。
ホントは本命だった目白の「志むら」へ行ったんですが、リサーチ不足ゆえ日曜定休日で振られました。とほほ。

まー代替とはいえ、老舗ですからね。
期待して伺ったです。



氷いちごみるく
ぼくはこれ。
このいちごみるくは、これといった特徴はないけれど無難に美味かったってところでしょうかね。
いや、やっぱり志むらを楽しみにしまくってたのでやはり落差が・・・



氷白玉
嫁さんのチョイスはこれ。
食事をした後だったので僕にこれを食べ切るだけのキャパシティは残されてなかったな。
白玉とかあんことかの類いは重いね。

という三原堂でした。
志むらの対案としてはここのほかに十条の「だるまや」もありなんですが、アーケード内とはいえ、暑い中行列するのは・・・・。と思ってね。

いやー、最近はめっきり行列が苦手になったな。
いやはや。


だるまや@十条 天然氷という涼

八月も残すところ一週間というのに、暑さの和らぐ兆しが全然ないですね・・・。


常々、我が家のお嫁様がどこかに外出する度に「十条でおりて氷を食べよう」と繰り返していたワケです。昨年?一昨年?でしょうか。なにしろことあるごとに「十条で・・・」と言うのです。

まぁ、1回つき合えば静かになるのがいつものパターンなので、じゃぁ行きますかと。

で、暑い午後。
十条駅に降り立ち、十条銀座商店街をテクテク半分くらいでしょうか、歩きますとありました。
・・・並んでるよw!

氷食べるの行列って・・・。衝撃でした。
何でも日光の天然氷だそうです。
その口溶けやらなんやらを熱く語る嫁。暑いっての!
まぁ、なんでも並んでも食べる価値があるそうなので、我慢して並びました。

並ぶこと30分程でしょうか。
やっと店内に案内されて、オーダーを。

僕は甘酒氷にしました。
ほう。
確かにこの氷の口溶けは経験のないタイプのものですね。
削られた氷自体は結構しっかりしているように見えるのだけれど、口に含むと予想よりも口溶けが早いように感じます。
シロップは甘酒そのものがかかっているだけです。
んー、もうちょっと多めにかかっててもよかったかな。

暑い中並んだかいは確かにあったかもしれませんね。
事実、この後十条駅まで歩く間も向かってくる時とは比べ物にならない程に涼やかでした。
今度訪れる機会があったら、氷和三盆を喰らいたいと思います。

ごちそうさまでした。
美味しかった!

<親父の小言>
コレだけ暑い中行列してやっと座ったからと言って、後ろにもイッパイ並んでいる人がいるのは分かってるでしょ?空っぽになった器を前にしてだらだら長話の女子二人組。長っ尻は無粋ですよ。

食べログ グルメブログランキング

みつばち本店@湯島 豆が凄い!


普段あまり甘味には興味がなかったのですが、最近は結構好む傾向にあります。
酒の後の重たいデザートには閉口することも多いのだけれど、軽いお酒を伴う昼食の後なんかだったらちょこっと食べるのもいいなぁ、と。


で、牛タン定食とビールの後、嫁さんが甘味屋さんへ行く!と言い出し、渋々ついていきました。
ついていった先は「みつばち 本店」
和菓子屋さんの傍らに甘味処という良くあるスタイルです。
小倉アイス発祥のお店でアイス最中が名物というお店なんだそうです。

でも、嫁さんはあんずのかき氷。
僕はこういうところでは決まって豆かんです。

昔、Panjaっていう雑誌に連載されてた頃の「孤独のグルメ」を読んで以来ずーっとです。
この辺は15年くらい変わってません・・・・、とは言っても年に2、3回くらいしか食べないですけどね。


豆かん 500円
これに白玉団子かアイスクリームを追加することが出来るのだけど、昼食直後ということもあって今回はパスさせてもらいました。
テーブルに着くと、混み合った場合は相席をお願いするという旨、またテーブルに対面で座るのではなく並列に座るようにいわれる。・・・つまり、カウンター席のような感じ。
結構窮屈だけど長っ尻するつもりもないので、まぁいいや。


黒蜜は大きなポットに入っていて掛け放題。
ちょっとずつ掛けて味の変化を窺いつつ・・・。
エンドウ豆の塩味が結構強いため、黒蜜が際立って甘く感じる。
黒糖の香りがとてもいいです。
豆は茹で具合も良くて、そのまま酒の肴になりそうな程。
豆が本当においしかった。
お持ち帰りもあるだろうから、今度買ってこようと思いましたです。

ごちそうさまでした。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。