凡人-呑喰散歩き

手打ちうどん すみた@赤羽志茂 東京屈指のうどんの名店に実は初訪問で讃岐おでんとかしわおろしぶっかけを喰らう!

リフトアップ!

手打ちうどん すみた@赤羽志茂 東京屈指のうどんの名店に実は初訪問で讃岐おでんとかしわおろしぶっかけを喰らう!






のれん
手打ちうどん すみた@赤羽志茂
この前、野暮用で赤羽へ行った時、ランチをどこにしようか何も決めてなかったのね。
まあ赤羽ですから。
昼から飲むスポットはうなる程あるわけで。
じゃあどこにするのよ?、と。
「あ!ボクまだ『すみた』に行ったことないんだけど!?」と嫁さんに話すと、「並ぶよ」と。
急ぐわけでもなし、そのあとの予定があるわけでもなし、一丁行ってみましょうかって初訪問。

メニュー1
品書き
ボクらがすみたさんの店頭に到着したのはお昼の開店時間11時を20分ほど過ぎた頃。
おお、並んでるわ。
前客10人超かな?
店頭の紙に名前を記入して待つんだけど、順番になったら名前を呼んでもらえるシステムね。
でも、そんなに回転は良くないのか、結構待つ。
その間に品書きを見ながら何を注文するか思案するも、なかなか退屈な時間。
なんなら寒いし。。。
で、程なく店内に案内されたのが12時15分ごろ。
あらー1時間近く待ったか。

すだち酎ハイ
すだち酎ハイ
まずはすだち酎ハイをいただきます。
昼酒最高!
かんぱーい!!

讃岐おでん
讃岐おでん盛り合わせ
讃岐おでんは初めていただく。
香川県といえば讃岐うどんな訳ですが、このおでんもまた名物なんだそうで。
うどん屋さんには必ずと言っていい程おでんがあるらしいですよ。
本場はセルフでとって会計することが多いみたいだけどね。
讃岐おでんには画像でおわかりの通り、ゆるい「からし味噌」がたっぷりと付くのね。
そして牛すじと平天。
これが讃岐おでんの定義というかアイデンティティなのかね。

玉子も麗しい
玉子も麗しい
出汁はうどんの出汁を流用するのかな?
でもうそんの出汁に比して格段に色が濃い・・・。
きっと継ぎ足し継ぎ足しなのかな?
・・・なんて考えながらおでんを頬張り、グラスを傾ける。

玉子天
玉子天
うどんの前に酒のアテとしてお願いしたのは上の讃岐おでんとこの玉子の天ぷら。
半熟の茹で玉子を衣にくぐらせてさっと揚げてある。
天つゆとあさつきがあしらわれてますよ。
じゃあ、行くよ・・・

玉子ご開帳
玉子ご開帳
半熟を割りますとこの感じ!!
玉子好きにはたまらんビジュアルですな〜。

お酒
お酒をお燗で
たまらずお酒を追加。
銘柄は失念。
あ、ココ「すみた」さんはお酒の品揃えもなかなかイカしてる。
全国の銘酒を数多く揃えてて、酒好きには痺れちゃうよ。
さて、程よく呑んだからうどんをお願いしますか。

かしわおろしぶっかけ(冷)
かしわおろしぶっかけ(冷)
ボクも嫁さんも同じものを所望。
初めての来店だからこのお店の一番人気の看板メニューを頼むが筋。
だからかしわぶっかけ。

薬味の生姜と酢橘
薬味の生姜と酢橘

かしわおろしぶっかけっ!
かしわおろしぶっかけ、リフトアップ!!
本来麺食いではあるけど、あまりうどん派ではないボク。
でも、このうどんは大いに感銘を受けたね。
最初から「うどんよりも蕎麦、ラーメンの方が・・・」なんて頑なに括らず、美味しいと言われてるものを素直に受け入れる方が幸せになれるもんね。

かしわ天!
かしわ天
かしわ天ってのは、文字どおり鶏肉の天ぷら。
冷たいぶっかけうどんにアッツアツのかしわ天が温度のコントラストが楽しいね。
めんつゆに浸して頬張るもよし、薬味のすだちを絞ってもよし。
目先を変えながら色々楽しむのが吉ですな。

そんな楽しいすみたさんでした。
が、並ぶのはやっぱり苦痛・・・。
なんだけど!

~引用~
夜営業の時間帯のご予約は可能です
ご予約の場合はお通し代(一品)として250円いただきます
ご予約は1日2組までになります
http://udonsumita.com/aboutReserve.html


ってことで、次は夜予約していこう!
そうしよう!!

手打ちうどん すみた@赤羽志茂
手打うどん すみた
03-3903-0099(予約不可)
東京都北区志茂2-52-8
営業時間 11:00~14:00 (L.O 13:45) 18:00~21:30 (L.O 21:00)
定休日 月曜、日曜




にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

スポンサーサイト

一東庵@東十条で昼蕎麦一枚


昼蕎麦、昼酒大好きな我が家でありますが、課題店だったこちら一東庵@東十条に行ってまいりましたです。
埼京線の十条駅から篠原演芸場の前を通ってのんびり歩くこと20分弱かな。
土曜のお昼。
いいお天気で気持ちよかった。





店内はとっても落ち着いた雰囲気。





志賀高原ビールのミヤマブロンド
ほう。生ビールももちろんあるけど、ボトルはこんなのも。
嫁さんは八海山ビールのヴァイツェンをいただく。
お通しは北寄貝のサラダ。





豆腐の味噌漬け
蕎麦前のアテはこの豆腐の味噌漬けと・・・





鴨ロース炙り
く〜〜〜っ。
蕎麦屋の鴨焼きは美味いんだよねぇ。
嫁さんがいつも鴨せいろを頼むから遠慮してたんだけど、ココでは頼まずにいられなかった。
付け合わせの野菜もとってもうまい。





東洋美人の純吟
こうなりゃ酒にスイッチ。
酒も地酒が十数種類あって魅力的。





玉子焼き
この玉子焼きもボク好みの甘くなくてお出汁がじゅわ〜と染み出るタイプ。
甘いの好きな人も多いけど、ボクは断然甘くない方が好きだ。





さ、そろそろお蕎麦いきますか。




限定十食の産地せいろ
ボクのお蕎麦は「産地せいろ」。
この日の産地は栃木益子。
もちろん香りもよいが、なんと云ってもその喉ごしが素晴らしい。
お蕎麦を堪能したあとに供される蕎麦湯。
コレがまた凄い!!
ボク史上最高濃度のドロッドロ蕎麦湯で、実にこのエクセレントですよ!!
お蕎麦のあと残った蕎麦つゆを伸ばして飲んだ後も、ストレートでそのまま吞んでも凄く美味い。




いやーホント楽しめました。
まだまだ未開拓のお蕎麦屋さんがウェイティングリストに目白押し。
昼蕎麦行脚を続けよう。
そうしよう。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
一東庵
TEL  03-6903-3833
住所 東京都北区東十条2-16-10
営業時間 昼営業 月~土 11:30~14:30(L.O.14:00)  
祝日は12:00~15:30(L.O.15:00)
夜営業 
木・金・土曜日のみ 18:00~21:00(L.O.20:00) 
※月・火・水曜日は夜の営業はなし
ランチ営業定休日 毎日曜日・第二月曜日

上野藪そば@上野でせいろう一枚




上野藪そば@上野でせいろ一枚
今年のテーマの一つであるお蕎麦。
毎月一度、必ず上野詣でをする我が家にとってこの上野薮と池之端薮がターゲットとしていつもあがっていたの。
だけど、一杯吞み屋の魅力に抗えなくて見送ってばかりだったのね。
だから今回は一軒目に蕎麦をやって二軒目に吞みやにしようと。




白穂乃香
まず嫁さんは白穂乃香を。




ヱビス中瓶
ボクはヱビスの中瓶をおねがいした。
お通しは親指の先ほどの蕎麦味噌。
あーしまった。
コレならお酒にするんだったと思いはしたものの、喉が渇いててねぇ。




出汁巻き玉子
お蕎麦屋さんに来たら必ずたのむ出汁巻き玉子。
好みのお出汁がジュワーってなるタイプではなかったけど、しっかり感のある卵焼き。
大根おろしをのせていただく。




せいろう
蕎麦屋で長っ尻は無粋です。
〆にせいろうを一枚いただきさっと席を立ちます。
嫁さんは毎度必ず鴨せいろう。

おいしいお蕎麦でもう二枚は食べられそうだけど、ここは次を考えて我慢の子。
蕎麦湯をいただいてお店をあとにします。



上野薮そばは昨改装を終えたばかりで、ボクらの通された二階の席はしつらえもまだ新しかったね。
季節限定の牡蠣そばも美味しそうだったし夏のみぞれ酒も喉が鳴る。
またいこう。


旅行・お出かけ
食べ歩き


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


上野藪そば
電話03-3831-4728
東京都台東区上野6-9-16
営業11時30分~20時30分
定休 水曜(祝日の場合は翌日が休み)

そば処浅野屋@池袋でひれ酒を


昨年来、我が家のメインテーマの中核となっているお蕎麦屋さん。
その序章として今回訪れたのはそば処浅野屋@池袋
池袋駅東口。
携帯ショップやドラッグストアにドンキホーテなど猥雑な雑踏のなかにある雑居ビルの地下。
そんなお店がここ。


プレミアムモルツの中瓶
まずは瓶ビールで喉を湿らせて。
お通しは松前漬け。
僕の器には嫁さんよりも数の子多めでラッキーw。




カブのサラダ
蕪はただ切っただけ。
それだけ。
そしてその傍らにカブに合わせたソース。
シンプルの極み。




さて、今回のメインとなる・・・



ひれ酒です!
だってさ。
この時期必ず呑みたくなるよね。
ひれ酒。
大人になるまで知らなかったこの楽しみ。
この数年は凄く楽しめてます。





お蕎麦屋さんの定番
なんつってもこの出汁巻きですよ。
特に僕の好みはこのお出汁がじゅわーっとあふれてる系のやつ。
大根おろしと一緒にいただくと嫌なことも忘れて笑顔になっちゃう。
いいねぇ。
ここで、ひれ酒の差し替えもおねがいします。




のりがけせいろ
〆はのりかけせいろ。
非常に古風な。。。
ノスタルジックな佇まいの所謂「ざるそば」。
ぼくはそのままよりもこの海苔がかかってるヤツの方が好みなんだよねぇ。

最初は薬味なしで。
途中から一口分ずつワサビ、七味・・・。
残ったツユに薬味の葱を入れて蕎麦湯でいただくって流れが僕の定番。
大抵、毎回そう。



そんな初訪問の浅野屋さんでした。
初訪問にも関わらず、お年賀の七味唐辛子をお土産にいただいたのがとっても嬉しかったね。
池袋のあの立地だったら近々に再訪は約束されてます。
また伺いますね!

ごちそうさまでした!!




旅行・お出かけ
食べ歩き


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

浅野屋 池袋駅前本店
〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-22-2 FLCビルB1
http://www.soba-asanoya.com/


TEL 03-5944-8641
年中無休
OPEN 11:30~22:30(ラストオーダー)

手打ちそば和楽@ふじみ野


今年も新蕎麦の季節がやってきました。
今年はどこで頂こうか。
そんなおりに、義父母と一緒に蕎麦屋さんへとなりました。




お邪魔したのは手打ちそば和楽@ふじみ野です。
川越街道沿いのわかりやすいロケーションにあります。
郊外のロードサイド店というと、詰まらないチェーン店が多いんだけど、ココはひと味もふた味も違うのですよ。ええ。




店内に一歩足を踏み入れればそれはよくわかるでしょ?
お蕎麦屋さんとは思えないような空間が広がっていて、それでいて非常に居心地がいい。
まぁ、それ以上にこのお店が埼玉県のふじみ野市ってのが、ねw。




生ビールはヱビス

ヱビスの生は見ての通り、とってもきめの細かい美しい泡立ち。
見るほどに美味い。
もちろん呑んでも美味い!!



ビールのお伴に蕎麦煎餅




出し巻き玉子

お蕎麦屋さんに来たら蕎麦前のお酒ですね。
そして、そこに美味しい酒の肴が必要。

毎度のことながら必ずお願いする出汁巻き。
非常にジューシーなお出汁を含んでて口福ですねえ。





お酒は玉川(京都)の純吟

玉子焼きがやってくるのと時を同じくしてお酒にチェンジ。
銘柄は京都の玉川。純米吟醸。
英国人の杜氏さんがいる酒蔵だそうですが、正統派の吟香香るおいしいお酒。
都合3合頂きましたw。
嫁さんは蕎麦焼酎のお湯割りを呑んでましたね。




そばがきの揚げ出し

そういえば、そばがきって以前は苦手でした。
美味しいの食べたことなかっただけなんですけどね。
ココの揚げ出しになったそばがき、コレもまた素晴らしく美味しかった。



店頭の水槽には・・・

お店に入るとこの水槽が目に入ります。
水槽の中には生け車海老。
だったら、天麩羅を頼まざるを得ないでしょう!!




天麩羅盛り合わせ

天麩羅の盛り合わせは2尾の車海老・・・コレを胴と頭、脚にわけて揚げてある。
絶品過ぎて言葉も出なかったなぁ・・・。

野菜は南瓜、茄子、明日葉。
天つゆは供されず、全て塩でいただく。
いいぞいいぞ。




せいろ2枚

最後にお蕎麦で〆ですね。
そば粉は岡山県蒜山産の新蕎麦。
非常に香り高いお蕎麦でした。



せいろを二枚頂きました。

一枚は薬味を入れず蕎麦切りをそのまま〜辛めのつゆのみで。
もう一枚は七色唐辛子、さらし葱、辛味大根を好みで。
そういえばこちらのお蕎麦、山葵がないですね。


お酒・お茶
食べ歩き


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

手打そば和楽
049-264-5536
埼玉県ふじみ野市亀久保4-9-36

営業時間
11:30~15:00 (L.O. 14:30)
17:00~21:00 (L.O. 20:30)

定休日火曜日、第4月曜

http://soba-waraku.sblo.jp

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。