凡人-呑喰散歩き

浜の湯@伊豆稲取温泉 結婚10周年記念旅行第一弾<その3・朝食から舟盛り〜帰路編>

え?朝から舟盛り?
さて、1泊2日の結婚10周年記念旅行、浜の湯@伊豆稲取温泉の二日目の朝ですよ。
温泉宿に泊まる時って、案外深酒しがちなの。
だからそれなりに酔っ払った前日の夜は早めに床につき、朝は5時半には布団を這い出して4つある無料の貸切露天風呂で小一時間のんびりと湯に浸かった。

部屋に戻って布団を上げてもらうと、早速朝食の用意が始まる。
そう。
今回、この宿を選んだ大きなファクターのひとつに、朝食から舟盛りが出るってのがあったの。

ってわけで、朝食の紹介しましょう!





朝食です!
朝食です!
羽釜で炊いたご飯を釜ごと客室内に運んでくださり、サーブしてくれる。
仲居さんの手元の湯気が食欲をそそるでしょ?
やっぱり日本人なら朝ごはんは白飯でなきゃね!






伊勢海老のお味噌汁
伊勢海老のお味噌汁
伊豆温泉宿の朝食では定番だろう伊勢海老のお味噌汁。
こいつがまた出汁味が滋味深くてすこぶる美味いんだよね。
お味噌汁も鍋ごと部屋に運ばれてきてて自由におかわりができる。






ご飯!
白米が麗しい。



なに?この麗しい金目鯛は?
で、件の朝から舟盛り
でさ、こんなの朝から出ちゃうわけ。
いいの?
朝からこんなの出しちゃって。



舟盛り3
だって見てよ。
金目鯛に鯵のたたき、海老に烏賊にヒラマサ(だったっけ?)・・・。
運ばれてきた瞬間にアレですよね。。。。
アレ。







飲まざるをえんわなw
呑まざるをえんわなw
こんなのもん出されちゃって「飯だけ食ってろ」なんてのは拷問ですよ。
ま、この朝食ビールが美味くなるように朝風呂に小一時間も入ったわけですがw
何はともあれ、かんぱーい!


おかず全貌
おかず全貌



おかずいろいろ
おかずたちは酒の肴
玉子焼き、塩辛お新香・・・。
飯にはもちろん、酒の肴になるもんばっかじゃないか!




焼きたらこ、かまぼこ、海苔!
焼きたらこ、かまぼこ、海苔!
飯にはもちろん、さ(略



煮物とか
煮物とか
飯にはも(略




鯵の干物もある
鯵の干物もある
鯵の干物は海辺の旅館の朝食では定番ですな。
他にも牛肉のしぐれ煮や茶碗蒸し、サラダもありましたよ。
盛りだくさんで満腹になることは請け合い。
ビール2本飲んで、お刺身やらなんやら飯がススムくんばっかだから飯も3杯食べて。
幸せな朝ごはんでした。





こんなあしらいもw
舟盛りの船の帆にはこんなあしらい。
従業員の皆さんの接客がこれ、なかなかの素晴らしさ。
こんなのをやってくれるのって嬉しいよね。
他人が周りにいる食事処でこれは嫌だけど、2人だけの部屋食ならではかな。
ありがとうでした。





お世話になりました!また来ます!!
お世話になりました!また来ます!!
チェックアウトしまして、伊豆稲取駅まで宿のマイクロバスで送っていただく。
稲取駅の構内にはちょっとした土産物屋さんもあったけど、特にこれといって買わず・・・。
ま、車内で飲むビールだけ買ったけどw。




こんな時期でした
そういえば、こんな時期でしたね。





踊り子には乗りません
踊り子号が上下線に
185系の踊り子。
この185系電車は1981年の運用開始だからもう33歳!
なんとも古い電車だけど、こいつらもこの先淘汰されていく運命。
今後はE257系が回されるなんて噂も・・・。

でも、ボクらはこの踊り子には乗りません・・・




ボクらが乗るのはこっちw
ボクらが乗るのはこっちw
ボクらはこっちの普通電車、伊豆急8000系の方に乗る。
元東急8000系のこの電車はアコモがセミクロスシートに改造されてて、窓際に小さなテーブルもついてるから・・・




伊豆の国ビールでかんぱーい
伊豆の国ビールでかんぱーい
かんぱーい!
おつまみはカワハギ小判っていう、旅館の部屋にあったおつまみをお持ち帰りした次第。
この組み合わせで稲取から熱海までの小一時間をのんびり楽しんだのです。





熱海で購入したのコイツら
熱海で購入したコイツら
熱海での乗り換え時間が10分程度あったので、その間に買い出し。
嫁さんは満腹だったからか、自販機で水だけ購入。
ボクは在来線改札内コンコース売店で弁当を物色し、こいつを購入。
上野東京ラインの籠原行き、グリーン車に乗り込む。
さすがに始発駅だけあって往路と違い余裕で座席もゲット。





鯵の押し寿司
大船軒謹製 伝承・鯵の押し寿司
列車が動き出すとともに一番搾りをプシュッとしまして、かんぱーい!
大船軒の鯵押し寿司をご開帳。
崎陽軒のシウマイ弁当の陰に隠れがちだけど、神奈川県が誇る名物駅弁なのよ。
大船軒といえば、明治32年(1899年)から売られているというサンドウヰッチも有名なんだけど、これ実は我が地元・埼玉県戸田市のNRE(日本レストランエンタープライズ)で作ってるっていうのを今知ったwww





熱海から赤羽まで長い道のり
熱海から赤羽まで長い道のり
この鯵の押し寿司は酢で〆た小アジの押し寿司。
結構酢が強めで酸っぱいけど、生臭みもさほどなく美味しいっちゃ美味しい。
鯵が酸っぱいからか傍のガリにはまったく手も出さず。
熱海を出てのんびりと食べ呑みしてても大磯を過ぎる頃には食べ終わってたかな。
その後はウトウトしたり、iPhoneいじったりで赤羽に到着。

楽しかった。
かなり久々の伊豆だったけど、やっぱりいいね。
よろしい時間を過ごせました。






にほんブログ村 旅行ブログへ

Instagram

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://todajaco.blog.fc2.com/tb.php/649-cefcb897
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。