凡人-呑喰散歩き

末廣ラーメン本舗 仙台駅前分店 旅先定番朝ラーメン 2016年4月仙台旅行記<5>

中華そば玉子入り
さて、仙台旅行記は2日目に突入。
まずは旅先恒例の朝ラーメンを決めようと下調べしておいたこちらのお店。
末廣ラーメン本舗 仙台駅前分店であります。

つかね、仙台のラーメン店。
朝からやってるとこってほとんどないのね。
だから消去法みたいになっちゃったけど、駅からも宿からも近いこちらで。




末廣ラーメン本舗
末廣ラーメン本舗
のれんに書いてある通り、京都の新福菜館の暖簾分け(なのかな?)。
新福菜館系とでも言うのだろうか?
このあと紹介して行くラーメンやヤキメシを見る限り、まさしく新福菜館の「それ」ですね!





壁の品書き
壁の品書き
24時間営業なだけあって、夜の時間帯などは呑み客も多いのだろう。
つまみ系のメニューも目白押しで、朝から飲みたくなってしまうところだが、このあとの予定もあるので我慢する。




食券券売機
食券券売機



卓上調味料
卓上調味料



中華そば
中華そば(大)味玉入り
待つこと数分でやってきましたラーメンちゃん。
この黒いスープがアイデンティティなんでしょうね。
スープは埋まっ味も濃厚だけど、しょうゆ味がかなり濃厚で率直にちょっとしょっぱい。




ネギ入れ放題
ネギ入れ放題
デフォルトでは薬味ネギは少量だけ入っている。
足りん奴はここから好きなだけ入れろや!ってスタイル。
ひとザル全部入れる輩もいるようだが、そんな品の悪いことはしませんよ、ボクは。




こんぐらい投入
こんぐらい投入
品が悪くなる境界線って、こんくらいw?
ま、家系やラーショ系なんかではネギマシにすることも多いボクですから、ネギ大好き。
もっと入れたい衝動は抑えて、この程度に。



麺リフトアップ
麺リフトアップ
ナイスリフトアップ。
中細のストレート麺は低加水でスープが絡むというより吸い込むイメージ。
スープの味は濃いけど麺を食べるとなるほどバランスがとれてるのがわかる。




肉たっぷり
肉たっぷり
丼の表面には細切れのモモチャーシューが結構な量乗っている。
スープの味が濃いからこのチャーシューをおかずにして白ご飯食えばよかったなーなんて思った。




玉子は半熟煮卵
玉子は半熟煮卵
玉子をトッピングしたのね。
半熟煮卵はかぶりついた断面がこんな感じ。
とろ〜りよ。

スープの味が濃いから(しつこいねw)煮卵でなく生玉子でマイルドにするってのもひとつの案だったかな。




嫁さんはチャーハンをオーダー
嫁さんはチャーハンをオーダー
嫁さんが所望したこのチャーハン。
いや。
チャーハンではなく関西風に「ヤキメシ」という。
この真っ黒い見た目はまさしく新福菜館の「それ」だ。
もちろんこれも結構しょっぱいので、生玉子トッピングすればよかったね、と。

終始しょっぱいを連発してしまったけど、それでも結構美味かったね。
この後は仙山線で移動するんだけど、駅売店で買ったペットボトルの飲み物を乗ってふた駅ぐらいで飲み干したw
やっぱ喉渇いて仕方なかったのねw

ごちそうさまでした。








にほんブログ村 旅行ブログへ

Instagram

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://todajaco.blog.fc2.com/tb.php/654-921f6088
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。