凡人-呑喰散歩き

小判寿司@仙台 地方に行くと寿司を喰らう我が家の慣わし2016年4月仙台旅行記<8> 

小判寿司@文化横丁
地方に遊びに行くと東京ではなかなか行けないお寿司屋さんに行くことが多い。
なぜかというと都内で食べる場合よりも懐に優しく、一部のネタ以外は東京よりもイカしてることが多いから。
地物の魚はやっぱりその地方でいただくに限るからね。

東北、三陸のお魚をいただきたいってのは当然の流れだから、計画の段階から色々嫁さんと話し合った。
その話し合いの中で決まった第1候補、第2候補のお店には予約の段階でフラれたw

じゃあってんで、こちらのお店を予約。
小判寿司@文化横丁
食べログの仙台の寿司ランキンで1位ってのが天邪鬼なボクらには逆に気に食わなくてね。



小判寿司
さすがの繁盛店で、入店は19時だったんだけどカウンターは埋まってたね。
肴と握りのおまかせコースは6000円、8000円、10000円の3つがありまして。
ティピカルな日本人であるボクらは真ん中の8000円のコース瑞鳳をチョイス。


「宮寒梅純米を、お燗で」
宮寒梅純米を、お燗で
お酒はどうしますか、と。
ホテルの部屋で散々ビールを呑んできたし、嫁さんが燗酒が呑みたいということで。
こいつでゆるりと始めました。



手始めに玉
手始めに玉
おまかせコースの瑞鳳。
始まりは玉から。
江戸前な感じの甘い玉子焼き、いいね。




前菜はお野菜で
前菜はお野菜で
え?
ボクとしてはお鮨屋さんのコースは魚で通して欲しいんだけど・・・。
ニラのおひたし。
きんぴらごぼう。
たけのこの土佐煮。

へっ。
うめえじゃねえかw。





閖上産の赤貝
閖上産の赤貝
来たね。
宮城の海産物は巧妙なものが数多あるけど、その中でも閖上の赤貝って言えば泣く子も黙らないまでも飲兵衛は黙りますw。
自然な甘みと香り。
輸入物とは次元の違う美味さ。
震災後は危ぶまれた閖上漁港の存続も復興の進捗をこうして味で感じられるのは嬉しいね。




ナマコ酢とホヤ酢
ナマコ酢とホヤ酢
これもまた磯の香りが強烈な小鉢2品。
ナマコもホヤもボクは大好きだけど、嫁さんはホヤは苦手なようで。
ホヤは2人前いただきました。
ま、ラッキーですわw。




天然縞鰺
天然縞鰺
シマアジ。
高級魚ですねぇ。
脂の乗りがすごい!




白魚酢漬けと、生白魚酢橘で
白魚の酢漬けと、生白魚を酢橘で
これも飛道具ですかね。
なかなかこういう食べ比べが出来るもんじゃないから酒の友として楽しみましたよ!




鯒と、漬け鮪
鯒と、漬け鮪
鯒もまた素晴らしかったなー。
すごく上品な白身だけど、旨味がたっぷりでねえ。
漬けマグロは・・・印象にないかなw。




梅肉のせ茶碗蒸し
梅肉のせ茶碗蒸し
お寿司屋さんのコースには付き物の茶碗蒸しは梅肉が乗ってるのね。
この茶碗蒸しは嫁さんがいたく気に入ってたね。




ししゃも焼き
ししゃも焼き
ししゃもも寿司屋で出てくるししゃもと居酒屋で出てくる奴は一線を画す。
こちらのししゃもは流石の逸品。



墨イカのゲソ
墨烏賊の下足
この辺んでつまみは終わり。
つづいて握りなんだけど、ここまでの肴のボリューム考えたら東京なら幾ら取られるやら。。。
やはり地方に来たら寿司に限る。




ヒラメ酢橘塩
平目は酢と橘塩で
まずは白身。
平目の握りでスタート。
塩と酢橘。



鮪中トロ

鮪は赤身のところ。
トロじゃなかったなー。




墨烏賊
墨烏賊
身のとても柔らかい墨烏賊。
地味だけど、ないと寂しい寿司会の名脇役よね。




天然帆立貝
天然帆立貝
天然であることを強調して今日していただいたホタテ。
帆立貝って、案外寿司の中では軽るんじられるネタと思うんだけど、どうだろ?
ボクの中ではそんなに重要なネタではないんだよな。。。
火を通した方が美味しいと思ってしまう。




鯵

翻ってこの味が素晴らしい。
仙台くんだりまで行って鯵なんてって思うかもしれんけど、これは旨かった。




雲丹
雲丹
雲丹は軍艦ではなくこのスタイルで。
ん。
及第点かな。



蜆汁
蜆汁
シジミ汁美味しいね。
寿司屋さんのお味噌汁はシジミに限る。
あら汁のところもあるけど、あれは握りの最中に出されると寿司がおろそかになるw
シジミがうまくてよろしい。




穴子 柚子塩
穴子は柚子と塩で
仕事ものはアナゴ。
問答無用で爪ではなく塩と酢橘。
ここはできれば選ばせて欲しいところだったけど。
だって、アナゴはツメの方がうまいと思うんだよ、ボクは。



干瓢巻き
干瓢巻き
最後は干瓢巻きで締め。
よろしいコースだったと思います。
ちょこちょこ不満もあるけど、概ねプライスタグに見合ったお寿司のコース。
次回の仙台滞在の時にも行くかと聞かれれば『?』だけどね。

今回フラれたあの店に次回は行くぞー!
あ、決してこちらがダメなワケじゃないんだよ。
再訪問したいって思うようなお店ってのはひと握り。
そういうことです。

ごちそうさまでした。














にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://todajaco.blog.fc2.com/tb.php/657-0549a76f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。