凡人-呑喰散歩き

牛たん焼ヤマジョウ@クリスロード 牛タン行脚最終章 2016年4月仙台旅行記<10>

牛タン焼ヤマジョウ
今回の仙台旅の締めくくりですね。
滞在3日目、最終日は昼過ぎの新幹線で帰埼予定。
お昼ご飯を仙台駅周辺で食べて帰りましょうという段取りだったんだけど、朝からかなりしっかりとした雨模様。
傘は持参してないんだけど、宿で傘を貸してくれるということでありがたいね。

荷物をフロントに預けて、なんとか屋根のあるアーケードまで行く。
お昼と言ってもまだ11時前。
前日までにwebでリサーチ(もちろん現地で足も使ったよ)して、お昼を食べるお店は決めていた。
それが牛タン焼ヤマジョウさん。
お店は11時30分からオープンということで周辺を散策(っても、屋根がある所限定)。




仙臺四郎
仙臺四郎
クリスロードの中にあるお寺「三瀧山不動院」に祀られている仙台四郎像。
仙台四郎についてはウィキペディアでも参照してくらはい。




ヤマジョウさん店頭
ヤマジョウさん店頭
程なくオープンの時間になって、こんにちは〜、お邪魔しま〜す。
お店に入るとテーブル席にごあんな〜い。




プレミアムモルツいただきまーす
プレミアムモルツいただきまーす
着席一番「生ビールくださいっ(`・ω・´)キリッ」
男らしくオーダー。
程なく登場プレモルさん。
まだお昼にもなってないけど始めます、かんぱ〜い!

ここでもブレることなく牛たん焼定食を注文するボク。
嫁さんはなぜだか唐揚げと牛たん焼の半人前づつ盛り込んだやつを注文。
なんでここまで来て鳥唐かねぇ・・・w。





牛たん焼定食!
牛たん焼定食 1350円
牛たん焼定食は1350円と実に標準的。
厚みはそこそこだけど、丁寧に隠し包丁が入れてあって、丁寧に仕込まれてるね。
お味の方はと言いますと、これもなかなか美味いたん焼。
塩加減も上々で、柔らかなタンは味付けしてから熟成されてるんだそうで。

有名店と違う点は何かと言われれば『?』なんだけど、大差ない味を行列なしでいただける。
混んでない分ゆったりできるしね。
おのずとチョイスは・・・ってことでしょ。

仙台駅構内の牛タン横丁なんてお昼時は目も当てられないほどの行列。
並んでる人がいるっていうプレッシャーでのんびりできない。
それがどうにもアレよね。


焦がし麦の麦飯
焦がし麦の麦飯
店内の看板によると「宮城の米どころ県北登米産のひとめぼれと二条大麦100%幻の焦がし麦」を使って炊き上げているという。
ああ、これ上野の牛タン荒で食べたやつだわ。
で、このご飯はお代わり自由じゃなくて1杯150円也。
それがわかってたから、ご飯お代わりするの前提ならとろろ要らねえなってなりましてね。
ご飯お代わり自由だったらとろろ汁必要だったけどさ。



テールスープ
テールスープ
おきまりのテールスープはこんなていで。
ん。可も不可もなく。
決して不味くはないけど、特筆するようなこともなしだな。




そんな仙台旅でした
そんな仙台旅でした
牛タン行脚も楽しかったし、宮城峡蒸溜所も素晴らしかったし、素敵なBARにも出会えた。
今回の仙台旅は実り多いものでありました。

でね。
全国的なホテル不足のせいで、思い立った時に旅に出ようとしてもロクなホテルが空いてない上、値段も馬鹿みたいに高い現状はどうにかならんもんですかね?
仙台みたいな地方の大都市はビジネス需要で年中部屋不足なんだろうけど、観光シーズンになるば言わずもがな。
これは札幌でも大阪でも福岡でもそうなんだよねぇ。

インバウンドもよろしいけど、国内旅行の環境がもうちょっとよろしくなるといいねって感じです。









にほんブログ村 旅行ブログへ

Instagram

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://todajaco.blog.fc2.com/tb.php/659-b98ff07d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。