凡人-呑喰散歩き

水口食堂@浅草で名物・いり豚を喰らう

水口食堂のいり豚
毎度毎度の上野詣での後。
この日は銀座線に乗り浅草までやってきたわけです。
久々だなー、浅草。

で。
浅草に行った理由はこの店で昼呑みをすること。
水口食堂@浅草は以前から存じ上げてはいましたが、なかなか機会がなかったんだよねぇ。
やっとその順番が回って来たってことで。



壁一面のお品書き短冊
壁一面のお品書き短冊
「食堂呑み」なんて言葉をよく耳にする昨今でありますが、後ろめたさや背徳感を感じることなく昼間から呑む。
それは江戸の昔であれば蕎麦屋で一献や縄暖簾だったんだろうけど、現代は食堂や中華屋も加わって百花繚乱。
ボクん家も大好きな丸千葉@南千住なんかもたくさんの品書きが酒にも飯にもっていう感じでお昼からお店開けてるけど、大半の人が呑んでるっていうね。
水口さんも御多分に洩れず、壁一面の短冊メニューはそのほぼ全てが飯と味噌汁をつけて定食にできる。





赤星で乾杯!
赤星大瓶(580円)で乾杯!
瓶ビールはアサヒ、キリン、サッポロ各種用意しているようだけど、大衆酒場やこういう食堂呑みってことなら赤星をチョイスするってのがある意味で様式美なわけですよw。




お新香盛り合わせ
お新香盛り合わせ(500円)
すぐ出てくるおつまみの定番。
お新香の盛り合わせ。
ご覧の通りの麗しきぬか漬けのキュウリ、カブ、ナス!



炒り豚!
いり豚!
『注文に迷ったら、一番人気水口オリジナル”いり豚”がお薦め』なんだそうな。
飲み歩き系のブログを見るとやっぱりほとんどの人がこいつを頼んでいて、十中八九「酒にも飯にも」って感想を述べてるわけですよ、ええ。
初めて行く店ですから、やっぱり僕もそれに乗っかるのが吉でしょう。

・・・・こりゃぁ、酒にもいいが飯がほしくなるねぇ
と、紋切り型の感想を負ったわけですw
で。
早速お家で再現してみましたよw






ハインツのデミグラスソースは小分けになったこれ使うと無駄がないよ!



鮪漬け焼き
鮪漬け焼き(580円)
この鮪漬け焼きは「数量限定、大サービス!」っていう張り紙の文句に見事に釣られてオーダー。
でもあんまり印象に残ってないw
生姜風味の漬け汁でマリネされた鮪を焼いてあるのかね。




酎ハイと・・・
酎ハイ(450円)と・・・




ユル〜いポテサラ
自家製ポテトサラダ(380円)
見ての通り、ご覧の通り。
実にこのユル〜いポテサラ。
独特だけど、コレはコレで大いにアリだしなんなら美味い。
ポテト入りマヨネーズとまで言うのは大袈裟だけど、そんなイメージ。




ミックスフライはキス・帆立 コロッケ・唐揚げ
ミックスフライ(630円)はキス・帆立 コロッケ・唐揚げ
ミックス”フライ”なのに唐揚げが一緒に盛り込まれてて「??」となりそうだけど、これも大いにアリ。
麗しきタルタルにホタテとキスがまた素晴らしく酒に合うんだけどさ、フライにソースかけちゃったら飯だよなー。
どうしよう飯・・・。

先にアサリ汁でも飲んで考えよう。
「すいませ〜ん!アサリ汁くださ〜い!」
「ゴメンなさ〜い、アサリ汁今日はないの〜!」

・・・あら〜。
じゃ、この辺が潮時かしらってなっちゃってね。
上野のエキュートでなんかカンカ買って帰って、家で呑み直しましたとさ。

次回はアサリ汁のリベンジだ!
ごちそうさまでした!!



店頭

水口食堂
東京都台東区浅草2-4-9
[月・火・木・金] 10:00~21:30(L.O.21:00)
[土・日] 9:00~21:30(L.O.21:00)
定休日 水曜(臨時休業は店内告知)
03-3844-2725





にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://todajaco.blog.fc2.com/tb.php/661-c5984d3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。