凡人-呑喰散歩き

鴻園@蕨錦町でかなり久々のご近所中華呑み

鴻園@蕨錦町
なんか無性に街場の中華料理で呑みたいっていう衝動に駆られたある日。
嫁さんに「あー中華呑みしてぇ・・・」とアピールし、職場でも同僚に「中華で呑みたいねぇ・・・」と話す数日を過ごしていると、嫁さんが「久々に鴻園に行ってみようか?」と。
ほう。
で、鴻園@蕨錦町へやってきた!
前回鴻園に行ったのって2010年の9月だから実に6年ぶり!!

仕事から帰って速攻でシャワーを浴びて出かけます。
っても徒歩7~8分だからね。
こんばんわ~



スードラ中瓶でかんぱーい!
スードラ中瓶でかんぱーい!
瓶ビールはスーパードライ。
とりもあえず。
何はともあれ、かんぱーい!

鴻園さんの最寄駅はJR埼京線の戸田駅で、駅から北大通りを国道17号方面に歩いて10分ほどでしょうかね。
率直にものすごい立地は悪いのですが、ボクらがこの地に引越してくる前からずっと評判店なの。



台湾腸詰といんげんのニンニク炒め
台湾腸詰といんげんのニンニク炒め
ビールのアテにまずやってきたのはこの台湾腸詰。
台湾のソーセージは「香腸」なんて文字をよく見かけるよね。
今年の正月に台北に行ったとき食べそびれてしまった一品でもあるんだよねぇ・・・。
あの独特の甘みが病みつきになるんだよ。
台湾の屋台だと炭火のグリルで炙ってるのをよく見かけるね。
傍にあるシャキシャキのインゲンをニンニクと一緒にサッと炒めたシンプルなインゲンの炒めもまた素晴らしい。




絶品だった餃子
絶品だった餃子
餃子はオーダー後に包み始めるというスタイルで、出てくるのに少し時間がかかる。
つまり冷凍しといたやつを焼くんではなく、包む皮を伸ばすところからやるのだ。
皮が厚めで手作り感満載の焼き餃子をこんな場末でいただけるんだから凄い。

この餃子、見ての通り1つずつが大きい。
昇竜@上野アメ横の餃子を凌駕するほど大きいぞ!
その上皮も厚めでもっちりしてるから、餃子には白飯というのが常套句の嫁さんも飯を欲さなかったねw。



断面はこんな感じ
断面はこんな感じ
そんなデカさとボリュームだからひと口ではいただけませんな。
熱々のコイツを辣油酢醤油にチョイとつけて頬張ってビールを流し込むと幸せになれます。
よく言われるように、餃子って皮が炭水化物で野菜と肉の餡が入ってて「完全食」なんだよね。
だから、これに飯を合わせるのは本筋ではないと思うのだけど、世の中には「餃子ライス」なんてメニューが堂々と存在してるんだよね・・。
ボクには理解できんけどw




自家製スモークチーズはブルーチーズ入り(サービス!)
自家製スモークチーズはブルーチーズ入り(サービス!)
「よかったらこれ味見してみて」
って、出してくれたこのスモークチーズはなんとサービス。
そういえば、前回もなんかサービスしてくれたっけ?
口開け直後の空いてる時間帯だったからかね?とも思ったけど、これに気を良くしてビールをもう1本追加。

はっ!
そういう作戦?
・・・・なワケなーかw


マコモダケの炒め
マコモダケの炒め
毎度案外予想に反して野菜をいっぱい食べられる中華料理。
このマコモダケの炒めも、マコモダケはもちろんアスパラガスがたっぷりでよろしいね。
あっさりとした塩味。




超シンプルな素そば
超シンプルな素そば
いろいろ食べて、ビールは2人で3本飲んでだ。
最後に〆の炭水化物ローディング。

前回の6年前に訪れた時と同様にこのシンプル極まりない素そばで締める。
極めてあっさりとしたスープに刻みネギがトッピングされた中華そば。
見た目ですんなり味の想像がつくでしょ?




リフトアップ!
リフトアップ!
ご覧の通り結構麺の量が多いの。
嫁さんと1人前ずつオーダーしたけど、2人で1杯で良いかもね。
例によってボクが1、7人前ぐらいいただきましたw



月餅もサービス
月餅もサービス
最後に出てきたデザートの蓮実入り月餅とジャスミンティー。
これもサービスだったけね。
かなり久々だたけど、良いお店であると再確認。
今後中華呑みがしたくなったら真っ先に候補に上がるでしょ。
ごちそうさまでした!





鴻園
〒335-0005 埼玉県蕨市錦町1丁目15−24
048-442-0305
昼の部   11:30~14:00
夜の部   17:00~21:00
ランチ営業、日曜営業







にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://todajaco.blog.fc2.com/tb.php/663-c696f149
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。