凡人-呑喰散歩き

石田食堂@京都中央卸売市場内で旅先恒例の朝ラーメン 2016年夏、結婚10周年記念京都旅行記<11>

石田食堂@京都中央卸売市場

石田食堂@京都中央卸売市場


京都旅の三日目に突入しますよ。
毎度旅先の朝食はラーメンを食べるのが通例というか慣わしになってるんだけど、今回もそんな仕きたりに則っていきましょう。

関連記事
本家第一旭たかばし本店@で朝ラーを決める! 冬の京都2016(いろんな意味で)食倒れ旅<3>
末廣ラーメン本舗 仙台駅前分店 旅先定番朝ラーメン 2016年4月仙台旅行記<5>
スクートビズで行く台湾旅行記、始まるよ~ 年末年始・台北旅行記2015-16<1>




京都中央卸売市場
目指すは京都中央卸売市場の中にある石田食堂というラーメン屋さん。
ボクらが宿をとったのは河原町三条で、京都市場を目指すにはバスを乗り継ぐってのが常套手段かね?
ってことで市バス5系統に揺られ烏丸七条町で下車。
烏丸通を東本願寺側に渡って、七条通を西に向かう方のバス停に行かないといつまで待っても京都駅行きのバスばっかで乗り換えるべきバスは来ないからね!
で、206系統に乗り換えて七条千本のバス停で下車すると、この画像の京都中央卸売市場にほど近い場所に降りられる。
うむ。見覚えのある景色だ・・・。


こんなエントランス
石田食堂
誰でも入れる京都市場だけども、朝の時間帯はターレ(電動のエレトラックね)が結構なスピードで縦横無尽に走ってるし、そこに部外者がお邪魔するんだから仕事中の彼らが最優先、端っこを控えめに歩きましょう!

さて、やってきました石田食堂さん。
前述の通り、見覚えがあるのにはワケがある。
実は前日のお昼過ぎにも参上するも、営業終了でフラれるという惨事があったばかり。
いわばリベンジなんだけど、朝ごはんにラーメンは本当に楽しみにしているから恨みつらみなんざありません。
この時間に来ることそが本来あるべき姿であって、昼過ぎに行ってフラれるなんざ「そんな時間行った奴がBAKA」ってことね。
だって、ガラスの引き戸に貼ってある文字を見てごらん。
「朝からいけるラーメン600円」

ね。
朝から食べるためのラーメンなのよ。
それじゃ、いざ入店。
こんにちは〜!


壁の品書き
壁の品書き
いろいろ貼られてはいるがメニューの芯はラーメン、カレー、チャーハン、豚に飯。
それぞれの組み合わせで召し上がれってのがコンセプトか。

入店の時間は7時半過ぎ。
店内は7割ほど埋まっている。
土曜とはいえ市場は開場しているし、ココで働く人はもちろん観光客と思しき人も散見。
ま、ボクもそのワンオブゼムだけどね。


ゆで卵はお好みで
ボクの座ったのは壁に沿ったカウンター席。
そのカウンター席にもこのどんぶりに入ったゆで卵があって、これはフリーでいただける。
最近では見ない太っ腹なサービス。
今回は食べなかったけどね。


朝からスードラ!
朝からスードラ!
休日・旅先・朝ラー。
三拍子そろったビールの口実。
ま、口実なんざなくたって呑むんだけどさw。
何はともあれ、とりあえずかんぱーい!


チャーシュー麺は九条ネギがプリタツ
チャーシュー麺は九条ネギがプリタツ
ボクがオーダーしたのはコレ。
チャーシュー麺。
九条ネギがたーっぷり乗ってるけど、そのネギの下にはモモチャーシューの薄切りがこれまたたっぷり。ナルト巻が何やら郷愁を誘うね。


リフトアップ!
リフトアップ!
麺は加水率ちょい高めと思しき中細ストレート麺。
スープの絡みも悪くないし喉越しよろしくツルツルと食べやすい。


プースー!
スープもリフトアップ
鶏豚の混和したスープなんだけど、案外クドさもなくなんならアッサリ。
塩は初めはそんなに感じないけど、実は結構塩多いかも?
卓上にはラーメンタレも用意されてて、各々で調整もできる。
肉体労働者の皆さんが仕事終わりに食べることも多いだろうから、塩強めなのかもしれんね。



豚さんリフトアップ!
豚さんまでリフトアップ!
豚さんは関東では見かけない京都お得意(?)の薄切り豚。
味わいはそんなに深い感じではないけど、それでもアッサリ目の味わいの中では肉々しさを求める向きにはチャーシュー麺はおあつらえ向きのチョイスだと思う。
なんなら、別に豚皿を取るのもアリか。
それにはやはり飯が必須になってくるだろうからビールは余計な感もありだけどね。


ごちそうさんでした!
ごちそうさんでした!
食べ進めるうちに思ったのが「あ、茹で卵をラーメンのトッピングにすればええんや!」ってこと。
これ次回への宿題だね。
そんな感じで、スープまで完飲。
期待よりもずっと美味しいラーメンでございました。
これはリピート確定。
次回は嫁さん連れてこよう。

確かに朝から行けるラーメンでした!
確かに朝からいけるラーメンでした!


石田食堂
〒600-8847 京都府京都市下京区朱雀分木町80 中央市場商店街11棟
075-311-5288
営業時間 6:00〜13:00
定休日 日曜・祝日、第2、4水曜日







にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://todajaco.blog.fc2.com/tb.php/681-e4f7108e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。