凡人-呑喰散歩き

食堂酒場グラシア@浅草橋 約5年ぶりに降り立った浅草橋、あの名店の跡地が素晴らしい肉酒場になってて、なんと〆のつけ麺まで!!

四日市とんてき

食堂酒場グラシア@浅草橋 約5年ぶりに降り立った浅草橋、あの名店の跡地が素晴らしい肉酒場になってて、なんと〆のつけ麺まで!!





2010年9月に惜しまれつつも閉店してしまった浅草橋の名店ビストロ・ラ・シブレット。
このブログを書き始める以前から、ほぼ月一ペースで通っていただけに思い出深いお店でありまして。

過去記事
ビストロ・ラ・シブレット@浅草橋
ビストロ・ラ・シブレット@浅草橋


だから浅草橋駅自体も縁遠くなっちゃてね。
久々に降り立ったのは実に5年ぶり。
その時は鳥越神社に「夏越しの祓え」に来た時だって。
こんなブログとかツイッターとか、ライフログとして優秀だよねw

店内はカウンター席とテーブル席、あわせて10席ほどとこぢんまり。
基本、予約は不可のようで、確実に入るには開店時間に合わせて行くっていう手法がいいのではないでしょうかね。
実際ボクはそうしましたよ。
カウンター席に腰掛けると「お時間は2時間でお願いします」とのこと。
そういうシステムね。

エビス生ビールでスタート!
エビス生ビールでスタート!
さて、お店に入るなりまずは生ビールを所望。
普通に写真撮ったら「ひとこと断ってくださいね」とゆるくお叱りを受ける。
申し訳ない。
不躾なことをしてしまいました・・・。
ご主人、優しく言ってくださったからよかった。
かんぱーい!

生かき、ピクルス、牛煮込み
生かき、ピクルス、和牛煮込み
まずは黒板のメニューと手元のメニューを眺め、すぐに出てきそうな3品を注文。


的矢産生牡蠣
的矢産生牡蠣
手ブレ気味で申し訳ない。
三重県は的矢産の牡蠣は塩水の味のみ。
ポン酢やレモン等は一緒に供されず、このまま食べてくれと!
なんと!
そこまで自信がおありか!

そういえば、シブレットも生かきがうまかったなー。
エシャレットビネガーのソースでいただくんだけど、酒を注文しないお客には出さないっていうねw。

和牛煮込み
和牛煮込み
和牛の煮込みは、メニューに「黒毛和牛を丁寧にじっくりと煮込んだトロトロの柔らかさ」と書いてあって、その文言に違うことないトロトロ加減でありまして・・・。
で、この画像もまた例によって手ブレ・・・。
まだ酔っ払うには早い時間帯だったけどね。
カメラは絞り優先オートで、ISO感度を100と、太陽の下で撮ってるまんまで撮り始めちゃったのが失敗の原因。
この後はISO400まで上げたからブレなくなったw

四日市とんてき
四日市とんてき
そして名物の四日市とんてき。
要は豚のステーキなんだけど、三重県四日市では厚切りの豚ロース肉をニンニクと濃いめのタレでソテーしたもののことを「四日市とんてき」として地元の名物としているそうで。
定義としては上記の通りなんだけど、お店によって個性があり味も千差万別なんだとか。

四日市とんてき!
厚切りのロース肉は肉の脂身側から約2cm間隔で深く切り込みを入れたいわゆる「グローブカット」を施されてまして、傍らには生の千切りキャベツを添えるのが定番なんだって。
確かに濃いめのソースはご飯を欲する味なんだよねぇ。
でも、このタイミングにおいてご飯でお腹を満たすのはボクの流儀から大きく逸脱してしまう。
そこで・・・

スペインのカヴァを セグラヴューダス ブルート レゼルバ
セグラヴューダス ブルート レゼルバ
スペインのカヴァをボトルでお願いしまーす!
今一度かんぱーい!

豚レバテキ
ポークレバテキ
さらに豚攻めで行きますよ!!
豚さんのレバテキ!

豚レバテキ
これ、ひっじょうにレアな火入れでね。
表面にも血が滲んじゃってて、苦手な人には苦手なビジュアルかもしれないけど、レバーを美味しく食べようと思ったらこれくらい浅く火を入れたくらいが美味いのよ。
あんまり火を入れすぎちゃうと「パサパサでポクンポクン」な歯ざわり、舌触りになっちゃって美味くないんだよ。
だからグラシアさんのレバテキは大正解なわけ。

常陸牛A5ビーフシチュー
常陸牛A5ビーフシチュー
ここまで食べてご主人にオススメを訊くと「今日はなんつってもビーフシチューですよ」って。
じゃ、それで!!ってなるよね。
常陸牛の5番。
5番の肉ってサシがガッツリ入ってるから煮込んだら溶けちゃうんじゃないかと思っちゃうけど、スネとか繊維が荒い部位なら煮込めばそのゼラチン質も含めたトロトロほろほろ感がもの凄いことになる。
ま、こういう煮込み料理って寒い時期に嬉しいわぁ。

th_IMG_2140.jpg
浅草ペリカンのロールパン
そして、このビーフシチューには浅草の名パン屋さんペリカンのロールパンと一緒にいただくともれなく幸せになれるわけですよ。

ミニカルピスバターライス
ミニカルピスバターライス
炭水化物3連発の2発目がこれ。
カルピスバターのバターライス。
バターがとってもいい香り!

〆の大判メンマ濃厚魚介つけ麺
〆の大判メンマ濃厚魚介つけ麺

〆の大判メンマ濃厚魚介つけ麺
そして〆のラーメン・つけ麺がいただけるってのがこちらの売りの一つ。
〆ラーは日替わりなんだそうで、この日はこの濃厚魚介つけ麺。
そしてこのつけ麺、専門店と見まごうほどの出来栄えなのよ・・・。
すっげ。
で、さっきのカルピスバターのバターライスをつけ麺を食べ終えたつけ汁にぶっ込みでいただくのもまた一興とオススメいただく。


最後に日本のラム「ルリカケス」を
最後に日本のラム「ルリカケス」を
食後酒に奄美の和製ラム、ルリカケスをロックでいただいておしまいにしました。
いやはや。
上質なお店ですな。
とりあえず定番メニューは全制覇したいと思うほどでありました。
またぜひ伺わせてもらいます。
ごちそうさまでした。

グラシア@浅草橋
グラシア@浅草橋
03-3865-8966
東京都台東区浅草橋2丁目27−5
営業時間 16:00~23:00 (L.O22:20)
定休日 毎週月曜日 第3火曜日





にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

Instagram

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://todajaco.blog.fc2.com/tb.php/716-30564f50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。